わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
東レ二日目。写真にサインをもらいに。
今日は本選もあり、試合半分昨日撮ってもらったツーショットにサインをもらうこと半分の気持ちで行きました。
朝早いとファンが少ないので、選手とコンタクトがとりやすい。
早く出ましたが、結局10:00ごろ着きました。
まずいつもの場所へ。メジャーな選手がいなかったので、コート1、2を見に行きました。
コート1ではそこで1stRoundを行うドゥルコとカネピがペトコビッチの練習を待ってました。
コート2では左利きで圭くんと同じウィルソンのラケットを使っているのでおそらくクビトバ。
ぶらぶらしたあとコート1に戻るとペトコビッチが練習を終えて出てきたので、すかさず昨日撮ってもらったツーショットにサインをもらいました。
やっぱり効果あり。
試合前にもかかわらずリラックスした雰囲気でサインしてくれました。
「thank you. Good luck.」というと目を見てにこっと笑って「thank you.」と言ってくれました。
この日、コート2でイベタの本戦を観戦しながらとなりのペトコビッチの試合も観てました。
完勝でしたね。とても安定したプレイでした。
そして勝利後、コーチを見ながらあのダンスを披露してくれました。これから彼女のトレードマークになりそうですね。

その後、隣のコート2で練習していたクビトワが終わって、コートサイドで待っていたファンにサインをしていたので、そちら側に行きました。
コーチと出てくるところをコンタクト。
ほんとに試合前なのになんでこんなにやさしく接してくれました。
撮った後に「thank you.」というと満面の笑みで「thank you.」と。とても好印象。
とてもかわいかったです。

わいの横から親子が来て、お父さんが「写真撮ってください。」と日本語でコンタクトを撮って、娘さんが隣に立つと、即対応してくれました。
ジェスチャーと日本語でも気持ちが伝われば良いのかと分かった瞬間でした。
でも、なるべくスムーズに交渉できるよう英語で話せるといいですね。

写真やサインをもらったときに「thank you.」と言うと笑顔で「you're welcome.」や「thank you.」と言ってくれます。
その瞬間が一番うれしいです。厳しい勝負の世界で戦っているの中でファンに対してやさしく接してくれるそのちょっとした余裕が感動します。

コート1ではカネピとドゥルコが練習を開始。ドゥルコは去年ツーショット撮ってサインもらったので、カネピのサイン狙いです。
0.5〜1hで終えるだろうということでしばしほかのコートを見に。
すると、日本人選手でセキュリティがっちりな伊達が登場。早歩きでやってきました。
笑顔で話しながら着ましたが、なんだかものものしくピリピリした感じでした。

ふと後ろのコートを見るとヘッドのラケバを持った選手が歩いてきました。
少しうつむき加減で入ってきたので、最初は分からなかったんですが、もしかしてアザレンカ?と思いながらカメラを向けるとやはり!
たしか去年もこんな感じでキリたんがコートに入ってきて自分の目の前のベンチまで来てくれたんだっけかな。
ベストショットが撮れました。

アップをしていると、今度はなんとサフィーナが。
すごすぎる。この練習。と思ってましたが、この二人、今回ダブルス組んでるんですね。

二人がウォームアップしたあと、激しいラリー。
二人とも声を出すので、なんか試合でもやってるんじゃないかって雰囲気になりましたw
この日のサフィーナはミスが多かったですね。よくネットにかけてました。
そしてサーブ&リターンの練習ではダブルフォルト連発ばかり。
サーブのフォームが変わってたので、まだ見についてないのかなと思いました。

ストーサーが1hほど練習して出てきました。
わいの前にいた人が突然写真をお願いされたので、撮ってあげました。
前もって言ってくれれば心の準備ができるんですけどね。
自分でツーショット撮るタイミングが難しくなりましたが、その人を撮って上げた直後、カメラを渡しながら「Sam. Can I take a picture with me?」とお願いすると。
「Sure」と快く了解し、それまでつけていたサングラスをとってくれました。
これはうれしい。
「thank you.」というと「thank you.」と笑顔で笑ってくれました。
サインをもらった人が「ありがとう。」というと日本語で「ありがとう。」と返してました。
やっぱり日本語で「ありがとう。」って返すと選手はもっとうれしいだろうなと思い、わいもそうしようと思いましたが、英語でお願いしたあとに日本語モードに脳を変換するのはちょっと難しいようで、すっと出てきませんでした( ̄▽ ̄;

お昼過ぎぐらいになりちょっと移動。
するとディメンティエワが通路にやってきました。
昨日同様サインを断わってましたが、がんばってお願いするファンにしょうがないという感じでしながら歩いてきました。
う〜ん。去年とちょっと雰囲気が違う。調子悪いのかなぁ?

それを撮り終えた後、周りに走っているファンが。。。なんか日本人ファンによくある光景で、追いかけたい気持ちはよく分かるんですが、なんか気持ち悪かった。。。
時間も時間だし、追いかけるくらいの選手だからアザレンカとサフィーナが終わったのかなと思い、わいもそこにとろとろ向かいました。
やっぱりアザレンカでした。
昨日だめだったので、歩いてくる彼女の写真だけ撮っときましたが、、、

昨日は疲れていたことが理由だったので、もう一度トライしてみました。
「いいよ。」と言わなかったけれど、「一枚だけ。」とお願いすると、目配せで了承してくれました。
隣に並んでカメラを向けましたが、歩き続けたので、止まりたくないんだなと思い歩きながらシャッターを。
去年この撮り方でレイトンがぶれちゃったので不安でしたが、きっちり撮れました。
ちゃんとカメラ見てくれたし。とてもうれしかった。
去年のUSや最終戦で怒り爆発させる姿を見てあまり好感持てなかったんですが、今回のことで大ファンになりました。
やっぱり試合と外では別ですよね。すごくやさしい良い子でした♪
写真をお願いするとき「vika」と声かけたら、少しにこっとして見てくれたので、これから彼女のことは「ヴィカ」と呼ぶことにしました♪


続いて一緒に練習していたサフィーナが出入り口でサインを終えてやってきました。
ツーショットをお願いしましたが、半笑いの状態で断られました。
「がんばってね。」というと「ありがとう。」とこっと笑ってうつむきながらセンターコートに向かっていきました。
去年も同じような感じでダメだったから、彼女も写真NGなのかな。

イベタの試合が気になったので、コート2へ。
劣勢でした。
主審はあのヌーニさん。これはツーショット撮らないと。
イベタより若干ヌーニさんが気になり、ちょっと緊張(^^;
なにせ去年撮りたくても撮れなかった方なので。
イベタの相手はゴボルソバで、応援もブルガリアの国旗を持った人(家族や親戚?)大きな拍手。
こりゃ応援しないとと、イベタの良いショットがきまるたびに大きく拍手しました。
1セットダウン後2ndセットさっそくブレイクダウン。4-1とピンチ。
しかし、そこから巻き返してイーヴンまで持ち込みましたが、ミスが多く、安定性にかけ、フラストレーションがたまってるのがよくわかりました。
終盤ブレイクされるとコートを背に向けてしばししゃがみこんでしまいました。

試合後、イベタはラケットをラケバにたたきつけました。しばしチェアに座った後、負けたにもかかわらずコートサイドにいるファンにサイン。
こりゃ昨日のツーショットにサインもらえるかもと思いましたが、ヌーニさんとのツーショットを優先して出入り口へ。
コート1のペトコビッチ vs ドゥルコが終わってたので、コートを横切ってコート1側から出ることもあるので、注意して見てましたが、コート2の出入り口に来てくれました。
カートの人にこれに乗って帰れるかとしばし質問してました。
カートの運転手が日本語で「ちょっとわからないです。」とかアホアホなことしてたので、なかなかコンタクトできず。
じれったかったので、会話が途切れた一瞬の隙を突いてヌーニさんに交渉。
笑顔で対応してくれました。やっぱりヌーニさんと撮るときは「チーーー」と言ってくれますw
わいの撮り方はここから始まりました。「チーーー」と言って撮りますw

アローナが会場入り口近くのコートでカテリナと練習を終えて出来てたので、昨日撮ってもらった写真にサインをもらいました。
またまた良い笑顔をいただきました。結婚してメンタル面が安定したのかな。
プレイがよくなって成績につながってるようです。良い感じ。

その後、センターコートに行き、ハンチュコワ、キリたん、あゆみちゃん vs ピロンコワを観ました。
リー・ナは昨日バナナを持ちながら練習コートに向かっていったのを見ていたので、練習中にアクシデントがあったのかなと思いましたが、尖閣諸島問題があったときなので、もしかすると中国政府が絡んでる?なんていう疑いもでてきました。
でも、ペン・シューアイはシングルス予選やダブルスに出ていたので、関係ないのかな?

ピロンコワが第一セットをとった16時過ぎ、誰か練習してるかなと2階からのぞくと、スベタ発見。
しかもポイント練習のようなことをしていたので、あわててカメラをとって外へ。
20分くらい待つと出てきました。

出入り口でサインをしていたところに行き、警備員の間から交渉。
「一枚だけお願い。」と言うと余裕があるのか即OK。
今年はビッグネームとよく撮れてうれしい。


ついでなので、練習コートをぶらり。
ベラがいました。
ベラの練習はいろいろあって面白く、ずっと見てました。
・サーブから短いボールをたたいてからのスマッシュ
・ベースラインでコートを背にし、コーチの合図とともにドロップショットを処理、そしてスマッシュ
・ベースラインの角からセンターに小刻みにステップし、コーチがアングルに出したボールをショット
などなど、反応、バランスなど考慮したドリルでした。
最後は左手でラリー。これがまたよく続く。撮ったときは最後のほうだったので、乳酸がたまっていてあまり打ててませんでしたが、はじめのうちはそりゃもうスムーズなスイングでした。

一生懸命練習している姿を見ると応援したくなります。
コーチが「QUIET PLEASE」という文字が大きく入ったTeeが気になりましたw
そのコーチ、若くイケメンだったので、ベラが練習を終えて出てくるときに、先に出てきた彼を女性が写真で撮ってました。
コート出入り口がファンでふさがり、大変なことになってたので、わいは一歩離れて交渉しやすいスペースを確保。
ベラはその人だかりにサインしてしばらく来ない様子だったので、隣にいたイケメンコーチに「なんでQUIET PLEASE着てるの?」と言うと「彼女が静かにしてほしいから。」とふふと笑ったあと、「彼女調子いい?」と聞くと「いいよ。」と。「それはよかった。」と言ったすぐ後、ベラが来たので交渉。
ちょっと撮ってくれなさそうだったので諦めかけたとき、コーチがわいのカメラを貸してと。
「スパシーバ」と言って撮ってもらいました。
暗かったのでオートフラッシュが機能しました。このオートフラッシュ。ボタンを押して一瞬間があったあとに光るので、コーチの手がぶれたときに光りました。
撮れたか確認してくれましたが、あまり長く引き止めるわけにもいかないので、「ありがとう。」と言ってカメラをもらいって確認。やっぱりちょっとぶれてました(^^;
次回またお願いすることにしよう。
それにしてもいい笑顔だ。撮った後「you're welcome」と言ってくれました。


明日からまた仕事なので今日はこれで終了。
今回もいっぱい収穫がありました。
去年コンタクトできなかった選手とも話せたし、どんな人なのか少し感じられたいい時間でした。
| 23:20 | WTA TPPO 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
東レ1日目。選手と写真を撮りに。
USOに行って気づいたこと。
やっぱりトッププロのプレイや練習を見ないとテニスはうまくならないし、良いイメージができない。
それと、試合以外の選手の行動や表情など見て精神状態とか見るとそのときの調子がわかり、その情報から試合を観ると面白い。
元気がなく体調が悪そうでも試合に勝てるのを見ると、精神力の強さがわかります。

今年はUSOで大出費したので、東レは抑えようと思いましたが、土曜と日曜の安いチケットだけ買っていきました。

土曜は予選なので、本選出場のトッププレイヤーが比較的余裕のある日。
ということでコンタクトをとって写真撮影や去年・おととしにとったツーショットにサインをもらう目的でいきました。
まず会場に入って席を確認。東レは1FからはCS席のチケットを持ってないと入れないので、SS席でも階段をあがることになります。
予選はSS席も自由席扱いなので、北側の一番前をとりました。

今年はホークアイシステムがありました。
USOのオーロラビジョンを見た後なので、とても小さく見えました。
AAより小さく、グランドスタンドよりは大きいといった感じ。LASは入ってないので未確認です。


コート上では四人の選手が練習。わかったのはアメリカの新鋭ヴァンダウェイとマカロワ。
マカロワは同郷で今日は試合がないディメンティエワと練習しに入ってきました。
二人で練習を始める前にほかの選手が入ってきて、そのコーチとディメンティエワのお母さんと何やら相談。
そしてその選手がマカロワとラリーをしてるディメンティエワに話して交代。
ディメンティエワがちょっと不満げにしぶしぶ引き上げていきました。
彼女の練習が見られなくて残念。

ちょっと席が窮屈だったので、いったん外へ出ることにしました。
再び2階出入り口へ。
すると吉田由佳さんを発見!
「写真一緒に撮ってもらえますか?」と聞いたところ電話中だったので、終わるのを待ち、彼女のお母さんにとっていただきました。
去年に引き続きゲット〜。うれしかったです。この日はSSかS席で見ていたようで、なんどか2階出入り口で電話している姿を見ました。
来年はこれにサインをもらおう。


会場入りするときは路面が濡れていたので、外で予定されてるお気に入りのイベタ・ベネソバの試合が遅れるということで、センターコート内をぶらぶらしてました。
東側ロビーにはさびしくWTAオフィシャルページで公開されてる選手の写真がずらっと。
なんだか別人。皆さんとてもお美しい。
個人的にはやっぱりおでこちゃんが一番(一番左の黄色のウェア)。



雨はやんでたので、後はコート整備が終わり何時に始まるか待つだけ。
何度か開始時間をINFOで確認しながら外にでたり中に入ったり。
路面が乾いてきたので外コートに出て行きました。
するとすらっと背の高い選手らしき人が。よく見ると今年USOでダンスを踊っていた(それを見たのはオーロラビジョンでですが)ペトコビッチ!
最初は自分で撮ろうと思いましたが、コーチが待っててくれたので、お願いしました。
かがんで肩組んでくれたときはうれしかったです。と同時に年上だけどやっぱり少年に見えるんだろうなと思いましたw


その後、コート3の前で休憩w
日差しが厳しくなってきたので体力の消耗が激しくなります。選手を待つには体力と根気が必要で、気持ちだけで動くと体ががたがたになるのは経験済みなので、適度にスイッチをオフにすることを心がけるようにしました。
イベタがカートでやってきました。とても良い表情をしてました。

彼女を応援するためコート3へ。
相手の選手にはコーチ二人がついていて、イベタにはいませんでした。
そんなに背の変わらないイベタがどのようにポイントをとっていくのか勉強。
この日は風がとても強く、イベタのショットに相手がフレームショットするシーンがよく見られました。
イベタにはそんなシーンがなかったので、サウスポーのショットにやりづらさもあったのかもしれません。
試合は8割がたラリー。イベタのポイントが多く、2セットとも終盤1ブレイクしての勝利。スコアは僅差のようで内容にはかなり差があったように思いました。
それにしても暑かった。USOで焼いた腕がさらにじりじりと。。。
イベタがコートから出てきたところをコンタクト。去年撮ったツーショットを見せて、「また一緒に撮ってくれる?」と聞いたら「え?これいつ?」と満面の笑みをいただきました。
そして、ゲット〜
来年はこれにまたサインをもらいます♪


選手とツーショット撮って、それにサインをしてもらうのはコレクターの血が騒いでやっていましたが、最近は選手とコミュニケーションをとって、どんな人なのか知りたいというのが勝ってきました。
サインやツーショットがもらえないときは残念ですが、今の気持ちやそのときの表情など分かるので、それだけでも満足できます。
相手が快く応じてくれて、それでいて撮ってもらったあとに「ありがとう」や去年来てくれた選手には「おかえり」というと、わいの目を見て笑顔で「ありがとう」と言ってくれると最高な気分になります。
それがまたたまらなく、この行動が癖になります。

練習コートにはいつの間にかトップ選手がずらり。
ウィッグマイヤーがすでに練習を終え、出てきました。
女子選手は練習や試合後にタオルを肩にかけることが多いですね。
これが分かってると、近くで見られない遠いコートでツーショットを撮ってもらいたい選手が練習を終えて出てくるタイミングがわかります。

USOのときにはロジャーにしかフォーカスしてなかったし、トッププレイヤーがわんさかいのたで、撮る意識がありませんでした。
しかし、日本に来てくれるのはとてもうれしくめずらしいことなので、いろんな選手を撮りたい気分になります。
東レではコート3、4と練習コートの通り道に選手が入ってくることが多いです。セキュリティがはってあるので。
JJがやってきました。お願いすると笑顔ながらも声は不機嫌。「後でお願い」を連呼してました。
去年とは違う対応だったので、調子悪いのかなと思いました。

ほかのコートにいこうと思って出たとき、ハンチュコワがロッカーに向かって通路に入りました。
彼女はサインオンリー派なので、その姿勢のいい歩き方を動画におさめました。

そこにロブソンがやってきました。テレビでバイザーをかぶった姿しか見たことないので、はじめは「ん?」と思いましたが、ウィルソンのラケバだったので気づきました。
すかさず交渉。笑顔で答えてくれました。
まさか日本で知られてるとは思わなかったのかな?


その後様子を見ていると、多くのファンが写真をお願いしてました。
ロブソン大人気。そのうちWimbyで優勝とかしたら大泣きだな。


コート上ではキリたんが練習中。今年はツーショットお願いするぞとちょっと緊張してました。
終わらなそうだったので、ほかのコートを見て回るとディメンティエワが入ってました。
練習後、群がるファンの中、去年撮ったツーショットになんとかサインをもらえました。
”なんとか”というのは、ほかのファンに断っていたからです。
わいは彼女が写真を見て一瞬間があったのでもう一度お願いしたらもらえました。
やっぱりツーショットは効果あります。
見せると全員といっていいほど、「これ君?」という感じでわいの顔を見てからサインをくれます。
ディメンティエワ、去年はツーショットやサインに快く応じていたので、体調やテニスの調子が悪いのかなと感じました。
もしかして、センターコートで練習できなくなったのが原因?とか思いましたが、そんなことすぐ忘れて切り替えるだろうし、いちいち気にしないでしょう。

しばらくすると目の前に顔の小さい女性が。
ん?と思ってみたら大会関係者のカードを下げている。
バルトリだ!
あわてて写真をお願い。顔が真っ白で元気がない。いつもこんな感じなのかな?と思いつつとって貰いましたが、彼女が目をつぶってしまいました。
ほかのファンもわいの行動に気づいて写真を撮る撮る。で、足が止まってたのでもう一度お願いしましたが、今度は日陰で顔がはっきりせず。。。う〜ぬ。失敗。

逆光だったり、曇ってたり日陰なのにフラッシュが働かず失敗することが今回よくありました。
とって貰う場所を意識しないといけませんね。
ま、当たり前なんですが、選手を見つけたらそこにしかチャンスがないわけで。。。


こういう画像を明るくしたり、ぼけた画像をよくしたりするっていうソフトないですかねぇ。。。


ところで、選手に声をかけて選手だけを撮る方がたまにいます。
良いカメラを持ってるので、テニスファンではなく、カメラが趣味な方なんじゃないかなと。
選手も少し戸惑いながら止まって応じてますが、なんか変な光景でした。。。

人が少なくなってきたところに鍋島さんがふっと現れました!
あ!と思った瞬間すぐ声をかけてとびつきました。
ようやくツーショットをゲット。
いや〜ようやく会えました。うれしかった。
香水をつけていたので意外でした(失礼かな?w)。
そこで15=20分くらいお話www
まさか鍋島さんとこんなに長く話せる機会があるとは思いませんでした。
辻野さんと坂本さんとのコンビが一番好きという話から入りましたが、鍋島さんは辻野さんのことを「隆三くん」、坂本さんのことを「秀さん」と呼んでいました。
辻野さんの方が5つ年下だったんですね。

そうそう。鍋島さんってわいが好きなJFN系列「A.O.R」でラジオパーソナリティーやってるユキ・ラインハートさんと一緒の事務所だったんだよね。
http://www.whitemagic-inc.co.jp/talents/nabeshima/
なんかうれしかったりします。
そして、鍋島さんとは同じ星座〜www

二人で話しているところにラドワンスカ姉が練習を終えてでてきました。
アグニェスカの呼び方がいまいちはっきりしてなかったので、「Excuse me」と声をかけてツーショットに応じてくれました。
やっぱり「一緒に撮ってください。」と一人で来られると「ん?どうやって?」って思うのか大体ピタッと止まります。
でも、「いいよ。」と言われた後にカメラレンズを自分側に向けながら隣に並ぼうとすると「あ、そういうことね」と応じてくれます。

選手が笑顔で撮ってくれるとうれしいですね。

引き続き鍋島さんといろんな話をして、USOに行ってロディックが負けた話から派生して彼の調子の話に。
わいはmonoの影響でWimby、USOで負けてランキングを落としたという意見。
鍋島さんの見解は、monoの影響もあるけど、フレンチでシーズン中のリズムを崩したという。
なんともコアな意見でとても興味深い。さすがでした。
お仕事中なので、これ以上引き止めるわけにも行かず、いつもとても勉強になりますといって分かれました。
最後に「お名前は?」と聞かれて覚えてくださったのがとてもうれしかった。

その後、サファロバが練習コートが空く前に通路でアップしていたので、ダメもとでお願いしたら快くOKしてくれました。
彼女はおととしベルディヒと一緒に歩いているところをお願いしてカップルで撮りましたが、ツーショットは初めてです。
去年復活して東レで良いプレイをしていたので、撮りたかったんですが、タイミング悪くとれませんでした。

鍋島さんとも話したんですが、チェコ選手のサウスポーのフォアは個性的で良いです。
わいは何か引っ掛ける感じで繊細なショットという印象で、鍋島さんは懐が深いから読みにくいという印象でした。
いやぁ楽しかった。

そのすぐあとにカテリナと一緒にアローナが入ってきました。
去年は撮ってもらえなかったので、今年はどうかなとコンタクト。笑顔で応じてくれました。
やっぱり選手も人間なんだし、その時々の体調や気分によって変わってくるよなと思いました。
とにかくアローナは笑顔がいい!USOでもいい成績だったし、好調〜。
プロフィール上わいと同じくらいの背でしたが、少し小さく見えました。
選手と並んで撮るとそのへんも分かってリアリティが実感できます。


ほかの練習コートを見に行くと、イバノビッチ、ストーサーが練習してました。
しばらくしても終わらなそうだったので、元いた位置に戻ると人だかりが。
シャラポワが入ってきました。


声をかけてくれた方を見ると1年ぶりにあっぷるさんに会いました。
長く会ってなかったので、気づくのに少し時間がかかってしまった。。。
向こうはすぐ気づいてくれたのに。。。申し訳ないです。
そこで待つ間しばしお話を。USOの経験談がメインでした。ホットな話題ですからね。

キリたんが出てきました。

出入り口で群がるファンにサインをしばらくしてたので、コート3、4の通路で待機してましたが、逆側へ行ってしまったので、追っていって写真をお願いしましたが、カメラをちょっと見た後、写真はしないことにしてると断られてしまいました。
う〜ん。少し間があったから、もう少し粘ればなんとか応じてくれるかなと思いましたが、あまり浮かない顔だったのでやめました。
女子はツーショットを断る選手がいますね。変に利用されるのを防ぐためかなと思います。
せめて彼女のいい写真が撮りたくてそのままセンターコートへ。

センターコート入り口で強引に肩を組んで取る男がいました。
顔を背けて断ってるのに続けようとしてたので、たまらず横へ逃げたキリたん。
周りからは笑い声が少しありました。
そやつは逃げるようにその場から離れました。おそらく注目されて恥ずかしかったんだろうけど、わいには痴漢にしか見えませんでした。
お前みたいな非常識なやつがいると日本が好きでも来てくれなくなるじゃないかとむかっ腹が立ってしょうがなかった。
アップ写真が撮れてないので会場入りし、子供がサインを求めているところをゲット。
こういう画はやっぱりいいですね。


また練習コートに戻るとカネピ発見。
最近の活躍ぶりを見て撮りたくなったのでお願いしました。
太ももにテーピングをしてたので、USOまでの疲れがたまってるのかなと思いました。


この近くで座って選手が出てくるのを待つことに。
ロブソンが予選のためカートに乗ってきました。しまった良い表情です。

ヴィカとピアーがきたのでツーショットをピアーは疲れてるのかほとんど無表情でした。
この写真、よく見ると笑っているようにも見えるんですが・・・(^^;


後ろからヴィカが来たのでお願いしましたが、「ごめんね。疲れてるから。」ととてもだるそうでした。
試合や練習を見てるとすごくピリピリしていて怖くて冷たいイメージでしたが、二、三言交わすと声の抑揚などでやさしい人柄なのかなと思いました。
そして、ほっぺた真っ赤でしたw

しばらくそこで座ってるとバボラのラケットバッグを担いだ選手が横切っていきました。
最初は髪を下ろしていたのでわかりませんでしたが、顔を見るとレザイでした。
彼女には去年ツーショットとそれにサインをもらったのでその様子を見てましたが、ファンが気づくとわーっと人だかりが。
それに気づいた警備員があわててかけよりますが、「問題ないわよ。」と一言。
警備員の顔はこの群がる人だかりをなんとかしないととピリピリモードw
大変な仕事だ。


プレミアなのでダブルス選手も豪華。
レイモンドも健在です。サインに応じてました。


シャラポワが練習を終えたらしく、人人人。
なんかアキバのオタクかと思わせるような走りっぷり。
サインは頼み方次第でなんとかもらえそうだけど、ツーショットのチャンスはまったくありませんでした。
怪我するか人とぶつかって嫌な思いするのは間違いないので、この狂った様子を動画におさめました。


ウィッグマイヤーがサインに応じながらやってきました。
警備員がいてちょっと声かけづらい状況でしたが、すこしのスペースを狙って声をかけると目配せで「いいよ。」と反応してくれたので、警備員の裏に入って横につき、ゲット。
オープンスペースを見つけて入る高等テクwww
人だかりで難しい状況だけに笑ってくれてよかったです。


今日はこれでおしまい。外にでっぱなしで疲れました。
日陰で座って休んでましたし、食事もちょこちょことってましたが、やっぱり疲れました。
結局試合はイベタの一試合しか観なかったな(^^;
ま、いいのです。それが目的なので。
帰ってすぐ撮ってもらった写真をプリントアウトして、明日はこれにサインしてもらうぞー。
| 23:06 | WTA TPPO 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
| 1/1 |