わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
QATAR DOHA 2010 SF敗退
Qatar ExxonMobil Open 2010
http://www.qatartennis.org/home/index
HPがやたら凝っててわずらわしい。。。

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 04.01.2010 - 09.01.2010

Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard[o]
Prize Money: $ 1,024,000

今週はとにかく仕事初めでブログを書く暇がなく、、、
というか時間帯的に見られた試合はごくわずか。。。
なので、まとめてレポートします。
重たい開発に入ったので、睡眠時間削ってまで見る余裕がないです。はい(TT)

恒例のドーハでのイベント。去年は船の上でやってましたね。



ロジャーは相変わらず市販のRFジャケットを着てくれず。。。
ナダルは去年のユージーンジャケット(Vの部分まで白)を着てました。
このまま市販のRFジャケット着なかったら買うのやめようかなぁ。

R1
[1] R Federer (SUI) d C Rochus (BEL) 61 62
R2
[1] R Federer (SUI) d E Korolev (RUS) 62 64
QF
[1] R Federer (SUI) d E Gulbis (LAT) 62 46 64
SF
[3] N Davydenko (RUS) d [1] R Federer (SUI) 64 64

この中で見られたのは、R2の終盤とSF(GAORAで放送してくれましたからね)。
R1はRF.comのフォーラムでおお、さくさく進んで快調快調と思ってました。
R2は終盤だけ見る限り、コロレフの強打をうまくさばいて、Serving for the matchでDeuceに追いつかれても、いつもの冷静なロジャーで対処してました。
しかし、グルビスの結果を見たときはドキッとしましたね。
今のグルビスならストレートかなって思ってたので。通勤中に結果を見たときは、やっぱり若さゆえの勢いがあったのかなと思いました。

グルビス戦での一面ですが、ここで注目したいのがソール。
親指あたりのソールパターンが完全になく、つるっつるです。
以前、2006年AIGで使用していたシューズを紹介したときも思いましたが(http://waitaro.jugem.jp/?eid=305)、それほどこの部分に付加がかかっているんですね。


そして、SF。
いきなりのブレイクダウン。まぁ、去年あたりからよくみるようになったんですが、この場合、セット中にミスを修正もしくは相手を揺さぶってブレイクバックし、逆転でセットをとるという筋書きが大方当てはまっていたんですが。
最近は、去年の最終戦のデルポ戦でもわかるとおり、1ブレイクダウンされたらそのままセットを失う傾向が出てきました。
デルポ同様ダビデンコに自信がついたんじゃないのかなと。
序盤数ゲームは、ダビデンコの高速ストロークにロジャーが真っ向から受けてたってました。
これは2007年のUSO SFを感じました。
このときはいくらダビデンコがハードヒットしてコースをわけてもロジャーが切り返し、ダビデンコが膝を突いて「タイム」のジェスチャーをするほど、ロジャーのストロークが頑強でした。
しかし、今日はまったく逆。去年の最終戦のSFでもそうでした。
ロジャーからミスしてポイントを失ってしまう展開。これではラリーでダビデンコのリズムになってしまいます。
途中からスローペースで自分の展開にもっていこうとしてましたが、ネットダッシュしてもことごとく抜かれてました。
プレッシャーがきかない。
最終戦の負けで自信をつけさせてしまったのが原因なのか、ロジャー自信まだエンジンがかかってないのか。。。年齢によりロジャーのフットワークが落ちたのか(でも、これは違いますね。ダビデンコと同い年だし)
いづれにしても目標はAO優勝。
今回の大会が「良い調整」になってくれると思いたいです。

今大会もアウトフィットについてちょっと触れたいと思います。
まず、パンツ。
やはり市販のものではないようです。理由は以下。
 ・ベルトループがついている。
 ・腰にMarina色のラインが入ってない。
 ・スウォッシュが黒。
やっぱり去年モデルのパンツかな?AOもこれでいくんでしょうかね。
それとバンダナとリストバンドも市販と逆の配色(白ベースにスウォッシュがMarina)つけてます。
こちらは去年のAOのようにナイトセッションはバンダナ、リストバンドはMarinaになるんでしょうか。
それを期待してます。
てか、赤のポロやらバンダナも市販されてますが、それがナイトセッション用だったりして。。。
う〜ん。それはないような気が。。。


そして、シューズ。
やはり、AO用としてSFでは優勝回数を示した3つのスイスマークとタンにもRFロゴが。
これは仕方ないですよね。やっぱり優勝回数の入ったシューズでないと。
ちなみにこのバックボレーのフォームが結構お気に入り(^^)。左手とのバランスがすばらしい。


それと、
今大会、ナダルが調子良かったですね。
去年の最終戦が酷かっただけに。安心しました。ロジャーのライバルだけど。弱すぎるのもちょっとあれなんで。。。
GAORAでSFのトロイッキ戦しか見てなかったですが、おととしあたりのフォアハンドの逆クロス、バックのクロスがバシバシ決まってました。
再び恐い存在になってきましたね。
でも、決勝ではダビデンコが1stセット0-6で落としてからの逆転勝ちってのがすごかった。
ダビデンコ。去年の上海から徐々にレベルアップしてきましたね。さらにロンドンでロジャーに勝ってますます自信つけちゃって。
ナダルも良かったんですけどねぇ。全仏以来のピンクをまとって。ロジャーはあのような奇抜なデザインは着ないんだろうなぁ。
| 22:55 | ATP Doha 2010 | comments(2) | - | posted by わいたろう |
| 1/1 |