わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Doha 2011 Final 67勝♪
Qatar ExxonMobil Open 2011

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 03.01.2011-08.01.2011
Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard
Prize Money: $ 1,024,000

Final
[2] R Federer (SUI) d [4] N Davydenko (RUS) 63 64

今大会は中盤で体調が気になりましたが、決勝では圧倒的な強さで優勝。
通算67勝目。
おめでとうロジャー!
ドーハで3勝したのはロジャーがはじめてらしいです。
2005、2006年のときはプレクシクッションではなかったけれど、これでAOのサーフェスで優勝できました。

それにつけても、ラーヤニさん。やっぱりいい人。
試合開始前のアピールがまたいいですね。左胸をポンポンとたたいてサムアップポーズをしたあと、グッとこぶしを握ります。
そんなラーヤニさん。チャレンジ回数のコールを間違えるシーンがあり、思わず苦笑い。
ごめんごめんと周りを沈めるしぐさが面白かったです。
ほんとに珍しいシーンでした。


1st set(63)
ND    K K K
RF KBK K K K

1stセットは序盤で一気に攻め立てたロジャーがブレイク後そのまま押し通しましたね。
フォア、バックとも早めにDLへ展開し、ダビデンコの切り替えしを防ぎました。
エースをとられるとダビデンコはあごをあげて力が抜けてぐたっとなってました。
ロジャーがダビデンコを走らせてました。
2thゲームでフォアのDLを続け、ダビデンコの逆・逆をついた時点で今回のロジャーは去年この大会で負けたときとはまったく違う戦略で攻めているのが分かりました。
以前と比べ、ダビデンコが体勢を大きく崩してバックハンドを放つシーンがよく見られました。

ロジャーのグリップはセミウェスタンという話がありますが、やっぱり薄いグリップを使うときもあるようです。
それにしてもロジャーのパンツは黒?グレー?グレーだと思うんだけどな。。。

ダビデンコが復活してくれてうれしいのた確かですが、後半になってフットワーク、切り替えし、高速ストロークが出てくると不安になりました。
しかし、ロジャーのサービスゲームは硬かったですね。
1st、2ndサービスともにポイント奪取率が7割。
一方ダビデンコの2ndサーブでは、2割。これはロジャーのリターン、ラリーでのプレッシャーがかかったためと思われます。

今年の目標。
スピンを完全に自分のものにして武器として使えること。
腕をリラックスしてリストをやわらかく。
ロジャーのリストの使い方を研究します。


2nd set(64)
ND K K K K
RF  K K K KBK

結局この試合、一つもBPを握られることがありませんでした。
決勝でこの数字。すばらしい。
ロジャーの試合は終盤、特に7-5でセットをとることがよくあります。
これはロジャーがセット全体を通してゲーム、メンタルをコントロールしてプレイしているからだと思います。
序盤のプレッシャーが終盤になってポイント先行されると相手はこれまで以上の重圧がかかり、耐え切れなくなるのでは。
それには、ロジャーのラッシュもあってのことだと思います。
このセットは4-4で迎えた9thゲーム。バックのダウンザラインが炸裂して0-30.
そこからDFで0-40。ここをさくっとブレイクに成功。
SFMはLoveゲームでキープ&ゲームセット。

勝った瞬間ガッツポーズしたロジャー。
それまで決勝だったことを忘れており、今日はロジャーやけに喜んでるななんて思ってしまいました(^^;

終了後、ボールのプレゼント。
すごい量(10個くらい?)のボールがロジャーのベンチにwww
それを打ち上げていたとき、ファミリーボックスの皆も手をあげてほしがってましたw
珍しいですね。
とても暖かい気持ちになりました。
ロジャーがそれに応えてミルカにボールを打ち上げたようですw

セレモニー。
トロフィーの持ち方がロジャーっぽい。かっこいいす。
そしていい笑顔。

セレモニーでのインタビュー。
これまたほんとにいい笑顔。

この後姿の画像。
結構好きです。


ここで一つ。
今大会はラファがSFでダビデンコに負けました。
試合は観てませんが、Tweet上で調子が悪そう。顔が青白いという話。
ロジャーも風邪っぽかったんですが、まさか試合前のイベントでの海上コートが原因だったんでしょうか。。。

毎年面白いことを考えますよね。ドーハ。
去年はコートを描いた布状のものをつりあげた空中コート。
一昨年は船の上にコートを作ってました。
ロジャーが優勝した06年はちょっと記憶にないですが、こんなことしてました。

さらにさかのぼって05年。
砂漠でガウディオとテニスしてました。ボレーボレーだけだったかな?ラリーはできなかったはず。

ちなみにこの年のファミリーボックスにはマルコもいました。
ミルカが金髪でした。
マルコはあまり変わってない?w

| 19:11 | ATP Doha 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Doha 2011 SF ジョーを抑えた
Qatar ExxonMobil Open 2011

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 03.01.2011-08.01.2011
Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard
Prize Money: $ 1,024,000

Semi final
[2] R Federer (SUI) d [3] J Tsonga (FRA) 63 76(2)

前日、きわどい試合を勝ちとったジョー。
その疲れがどの程度残っているか気になりましたが、あまり見られませんでしたね。
後半気づいたんですが、シャツINしてませんでしたね。ジョー。
もうやめたのかな?

それにしても最近バックハンドのミスヒットがほんとに少ない。
高い弾道を使うようになったからでしょうか。
ダウンザラインへのコントロールも無理してなくとてもスムーズ。

walk on
http://www.youtube.com/watch?v=bYpELMK7wY4

1st set(63)
JT    K K K
RF KBK K K K

http://www.youtube.com/watch?v=-M6Tqk-i66Y
http://www.youtube.com/watch?v=gkDa4KKLMtA

このセットは序盤に調子のあがってないジョーからブレイクをとった貯金をしっかり保ったままとることができました。
しかし、2nd serve pts won 100%ってのはすごすぎ。
ジョーもブレイクダウン後のサービスゲームで次第に調子をあげてきましたが、ときすでに遅し。
ロジャーは5thゲームのサービスでフォアのミスが出始め15-30と初めて先行されましたが、その後のポイントをサービスエースで取り戻し、しっかりキープ。
それ以降は特に問題なく安定してました。
ジョーを攻めさせませんでした。

2nd set(76(2))
JT K K K K K K
RF  K K K K K K
tiebreak
JT K  K
RF  K K BKKBB

http://www.youtube.com/watch?v=lZcHWS6dPM4
http://www.youtube.com/watch?v=ula5Vyqm3A8
http://www.youtube.com/watch?v=SZBJJsHrE34
http://www.youtube.com/watch?v=kznwNigt_5U
http://www.youtube.com/watch?v=04MvwJ277-U

3rdゲームのリターンでさっそく15-40のBPをとりましたが、とりきれず。
ジョーのサービスを深くリターンし、それを返しきれずフラストレーションがたまってました。
しかし、その後はたてなおし、声を上げて気合のサーブ、ショットを打ち込み、ジョーらしいプレイが出てきました。
しかし、ロジャーも自分のサービスに集中し、後半3ゲームは全てLoveゲームキープ。
サービスで全て崩してました。

タイブレイクはまず、前に出てきたジョーの足元に沈ませダウンザラインへパス。
その後エースが出て5−2。
エース3つのうち1つがタイブレイクで出るってのは結構大きいですね。
ジョーのUEが出て2miniブレイク。
ロジャーのボレーはスライスショットをコンパクトにした形で非常にきれい。
最後はドロップリターンからスマッシュでしとめました。
下がりながらの難しい体勢で決めるすばらしいショットでした。
正面にうちこんでニコッと笑って手を上げてあやまるロジャーがなんともよかった。

昨日に引き続きラケバをチェック。
両側ともあけっぱでしたw
今日もビニールで包まれてませんね。なんでか気になる気になる。。。

| 16:54 | ATP Doha 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Doha 2011 QF あまり満足いってない?
Qatar ExxonMobil Open 2011

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 03.01.2011-08.01.2011
Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard
Prize Money: $ 1,024,000

Quarter final
[2] R Federer (SUI) d [6] V Troicki (SRB) 62 62

昨年の楽天のトロイツキを見た方は不安だったでしょう。
わいもゾーンに入ったあのサーブとショットをガンガンやられるとロジャーでも足元をすくわれるかもしれないと思ってました。

今日のロジャーはマルコ戦よりいい動きでした。
ペースアップして相手につけこませないテニスは見えなかったものの、トロイツキをリズムに乗せない上手いテニスでさっくり勝てました。

試合中、試合後のスローモーションがまたいいですね。
今日は終了後の笑顔がよかったです。

walk on
http://www.youtube.com/watch?v=vhPKRXgybBM

1st set(62)
VT  K   K
RF K KBK KB

http://www.youtube.com/watch?v=F_3FQQMN1No
http://www.youtube.com/watch?v=NaqnszMsIFU
http://www.youtube.com/watch?v=yg9WAGkK8eg


2nd set(62)
VT  K K
RF K K KBKB

http://www.youtube.com/watch?v=fp1BjyYAfNs
http://www.youtube.com/watch?v=KL_OK-LAAvg
http://www.youtube.com/watch?v=RNgl-PlcDFI

on court interview
http://www.youtube.com/watch?v=yswYkxcoLlU

それにしてもこの試合、ロジャーのサービスにはまったく問題なかったんですが、BPのリターンがとても悪かった。
トロイツキのサービスがよかったポイントはしょうがないとして、もっとプレッシャーを与えることができたと思います。
BP pts won 4/16ってのはちょっと低いですね。
両セットとも2ブレイクしましたが、内容的にはだらっとしたしまりのない感じに受けました。
ロジャーもショットフィーリングにいまいちな顔をしてました。
わい自身もぴりっとしない展開にちょっとフラストレーションがたまりました。

それでもやっぱりロジャーのプレイはすばらしい。
バックハンドの高い弾道をきちんとコントロールできるようになりました。
というか、それを使って展開するような戦術を入れてきたと言った方が正しいかもしれませんね。
できるけど、使ってなかっただけかもしれませんし。

■気になったこと
ロジャーってラケットバッグのジッパー、最後までしめないんですね。
3本以上入れてるのでおさまらないのかな?
あ、それと今日はビニールに入れてませんね。張り上げ直後のものを入れてなかったってことかな?
それはないと思うけど。。。
このラケバはいつ発売されるんでしょうか。てか、使わないシグネチャ付きラケバが増えて置く場所が・・・(−_−;

■気になったこと
試合途中でたヒッティングポイントのデータ。
GAORAでは丁度シンシィのリピート放送をしてたので、記憶に残ってたんですが、このころはベースラインの後方でヒットしてました。
それと比べるとベースラインより前でヒットしてることが多いですね。
このデータが本来のロジャーを感じさせます。
ガスケだともっと後ろにボールが集まってそうですね。

| 18:40 | ATP Doha 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Doha 2011 R2 風邪?
Qatar ExxonMobil Open 2011

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 03.01.2011-08.01.2011
Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard
Prize Money: $ 1,024,000

2nd round
[2] R Federer (SUI) d [Q] M Chiudinelli (SUI) 76(5) 75

マルコとは昨年のバーゼル以来の対戦となりました。
マルコ、しばらくチェックしてない間にラケットがついにn Code Blade からBLX Bladeにグレードアップしてました。
いやぁ〜よかったよかった。これであとはウェアがメジャーになってくれれば一流に。
2年前楽天に来てくれた年は52位まであがりましたが、現在は115位。
今回もR2まであがってきたわけで。今年からまたあげていってほしいですね。
わいが彼を応援する理由は、話したとき人柄がよかったことと、デ杯でロジャーをスイスを優勝に導いてほしいという思いからです。
当然、ロジャーと対戦するときは応援できませんけどね(^^;

今日はなんだか昨日とはちょっと違った感じでした。
ツイッターの中で「風邪」というキーワードがちらほらありましたが、そのせいなんでしょうか。
Walk Onのときあまり元気なさそうに見えました。
試合後のオンコート・インタビューも短めでしたね。
ちょっとだるそうでした。

1st set(76(5))
MC  K K K K K K
RF K K K K K K
tiebreak
MC B   BKK B
RF  BBK   K BBK

2nd set(75)
MC K KBK   K
RF  K   KBK KBK

http://www.youtube.com/watch?v=VZHAb7NFjRQ

http://www.youtube.com/watch?v=UBGSL1LtZP4

http://www.youtube.com/watch?v=EaK72plwid0

http://www.youtube.com/watch?v=nEN44nr2zy0

http://www.youtube.com/watch?v=6dQYV_QT_kw

http://www.youtube.com/watch?v=AnEfookxtqg

試合を観て、ロジャーは序盤から深いショット、角度のあるショット、ドロップショット、ドロップに見せかけたスライスショットと多彩さを披露。
対するマルコはロジャーの性格、ボールの質を知ってるのか読みがあたり、よく対応できてました。否、むしろかなりいい状態で攻めてました。
1stセット中盤まではそんな風に楽しく見られたんですが、終盤にいくにつれマルコの粘り、サービスになかなか対応できずにいるのでちょっと不安になりました。
それでもきわどい判定の中、ラーヤニさん、ロジャー、マルコが話し合ってチャレンジしたときは、なんだか和んだいい雰囲気になりほっとしたりしました。

タイブレイクになり、序盤、ロジャーがラッシュをかけてminiブレイクしたものの、マルコのダウンザラインが決まり、先にSPをとられそうに。
ネットプレイで足元に落ちた難しいパスをうまくハーフ+ドロップボレーで処理、マルコのUEもあり、とることができました。

セット間でマルコは腰の治療を受けていながらも、持ち前の粘るプレイが続き、ロジャーにミスが出始めました。
冒頭でもあった「風邪」の影響なのか、だるそうに見えてきました。
フットワークが落ちたようには見えませんでしたが、早く簡単にポイントを取りたいという姿勢が見られ、それがUEというかほんとに凡ミスとなってでてきました。
4thゲーム、最初のポイントを大フォルトでDF。なんかおかしいと感じました。
そしてブレイクダウン。
7thゲームでブレイクバックするも、ロジャーのだるそうな表情は変わらず。
小手先で打つプレイもところどころであり、それがミスに。
しかし、9thゲームで集中力をあげ、15-40からブレイクアップに成功。
ここまできて今日のロジャーのバックハンドのコントロールはよく、へんなミスも少ないと気づきました。
この試合はロジャーの体調もあるけれど、ロジャーのプレイにマルコが引き上げられてるのでは?と思いました。

なんとか勝てたという印象です。
明日はトロイツキ。今日のような状態だとやられてしまいそうです。
少しでも回復してくれるといいですね。
| 20:11 | ATP Doha 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Doha 2011 R1
Qatar ExxonMobil Open 2011

Category: ATP World Tour 250
Place: Doha, Qatar
Date: 03.01.2011-08.01.2011
Draw Size: S-32 D-16
Surface: Hard
Prize Money: $ 1,024,000

1st round
[2] R Federer (SUI) d [Q] T Schoorel (NED) 76(3) 63

今年の公式戦初戦。みごと突破です。
相手は予選から勝ちあがったオランダのSchoorel(スクーレル?)
どうしても「スクール」と読んでしまいます(^^;
はじめ登場したときはひょろっとして顔立ちも似てるとこからトロイツキに見えてしまった。

walk on
http://www.youtube.com/watch?v=ng59B3ev3sI

1st set(76(3))
TS K K K K K K
RF  K K K K K K
tiebreak
TS  B KK
RF B K  KKBBK
http://www.youtube.com/watch?v=gRw7LwGdznc
http://www.youtube.com/watch?v=CQW-SpZd5eA
http://www.youtube.com/watch?v=Smjv2COzCws
http://www.youtube.com/watch?v=1AC9ltdwN-c

2nd set(63)
TS  K   K K
RF K KBK K K
http://www.youtube.com/watch?v=Zf10kOEyGPw
http://www.youtube.com/watch?v=_pDGp2MfLCg
http://www.youtube.com/watch?v=TwQ-iXI25u8

on court interview
http://www.youtube.com/watch?v=Zl3Hc5QcXbE

この試合は、ロジャーがレフティ独特のサービス、懐の深いショットに慣れてない感が否めませんでした。
オフシーズンあれだけラファと打ち合う機会があったのに・・・なんて思ってしまいましたが、
やっぱ初対戦、それも初戦なのでリズムもとりづらかったと思います。

1stセットは様子見といった感じでスロースタート。
2-3の6thゲームのサービスから少しギアをあげてLoveゲームキープ。
しかし、リターンゲームではBPがとれずリターンは返してもポロポロミスがでて攻めに転じることができてませんでした。
フットワークが相手のショット、動きに対していまいちカチッとはまってなかったように見え、寝起きっぽい印象がありました。
結局このセットは一度もBPが奪えず。
逆に相手が3-4でロジャーから30-40のBP、そして4-5の0-40のSP×3
あら?っといった感じでさーっとBPをとられてました。
いづれもBPもサービスポイント、サービスで崩してからの二の矢でポイントをとってました。
スクーレルにとっては「後一本がとれん」といった感じでフラストレーションがたまったことでしょう。

タイブレイク。
ディフェンスからminiブレイクスタートしましたが、即返され4-3までタイ。
ここからロジャーの集中力があがったのかそれまで苦しんでたサービスを深く返してminiブレイク。
そしてワイドの厳しいコースをアングルに返してminiブレイク×2
タイブレイクをとれたもののやっぱりフットワークが気になりました。

2ndセット。
1-1からのサービスゲーム。またしても先に30-40、BPを握られました。
まだポロポロとUEが出ていてフィーリングがパチッとあってないような感じでした。
しかし、ここを取らせないロジャー。
結局この試合のBPセーブは6/6の100%.これがトッププロとの差として出ますね。
次のゲームで15-30.久々にリターンゲームで先攻したと感じた直後に15-40.
この日初めてのBP。
相手もそれまでと違った感情が出てくるはず。と思ったらブレイクに成功。
こうなるといくら絶好調とはいえないロジャーでもかたいテニスでいただくこと間違いなし。
スクーレルもまだ1ダウンなのに首を振ってました。
おそらくスコア以上に差を感じてたんじゃないでしょうか。
ロジャーは7th、9thゲームをLoveゲームでキープしてスカッと締めることができました。

終盤5-2、8thゲーム、40-30で魅せたTweenerはすごかったですね。
相手も意表をつかれて動けませんでした。
こういうときは相手も苦笑いするしかないですね。
06 USO R2 vs ヘンマンでも見ることができましたが、このときはボレーに対して処理してました。
今回はショットがネットインしたのを体を入れ替えるよりも股の間から打つ方に身体が反応しました。
試合でこのようなことができるのは、ロジャーがリラックスしている証拠ですね。
彼が受けたメンタルトレーニングを受けてみたいです。ほんと。

スタッツを見るとUE:17.
それほどミスが多いわけではなかったんですね。

アウトフィットは先日のアブダビと同様。
この組み合わせでAOに行くんでしょうかね。
去年と同じならそうなんでしょうけど、個人的にはやっぱりポロは黄色でいってほしい。
感覚としては06最終戦のような地味さを感じるのです。。。
サンプラスやアガシのようにだんだん地味になっていくようでちょっと嫌だなぁ。
まぁ、予定としてはFOないしクレーシーズンは青って話だからそうはならないと思うけど。
シューズのソールはやはりVapor7、8ではないですね。
パターンに違いはあるでしょうけど、Vapor6に近いものだと思います。

そうそう。試合終了後のリプレイでシューズのアップが二度映されました。
それをキャプチャしてよく見ると市販版と違う点がいくつかありました。
まず、ヒール。
旧モデルのVapor6に似たFitFrameがついてます。
そしてソールにつながる部分に蛇腹がありませんでした。
ほんとに小さなところで形状が異なってます。

そして、サイドから。
「FLY WIRE」のロゴが去年モデルのVapor7と同じような位置にありました。
これは画像が鮮明でないので断定できませんが、つま先部分のFlyWireが浮き出てません。

きちんとした画像が拾えたら上記以外の違いが見つかるかもしれません。
そして、内側のデザインも明らかになるでしょう。
AOになれば画像が増えるので拾えると思います。楽しみです。

ライトセイバーも見せてくれました。
これ、ロジャーみたいに速く回せないんですよね。
指が太いとできるのかなぁ。わいの細さだとたまに挟まって痛くなってしまう。。。

| 09:15 | ATP Doha 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
| 1/1 |