わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
IWフィッシュ戦ようやく見ました
結果を先に知って、記事やコメントを色々読んでいたので、どんな試合だったのか、ロジャーがどんな動きだったのかイメージはできていたんですが。。。

一言で言うと、「元気が無い」。

試合中のモチベーションが、記者会見で感じたものよりももっと低いように見えました。

これはわいだけでなく、実況の鍋島さん、解説の丸山さんも感じているようです。
試合後のコメントで、丸山さんは「とても心配。」「いつもなら楽しそうにゲームをしているようにみえるフェデラー。それが見られない。」
鍋島さんは「今はゆっくり休んで。」「普段のプレイに戻るまで温かく見守りましょう。」といわれてました。

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」そんなプレイスタイルのロジャー。
この日は動きがほんとに重そうでした。
思い返すと初戦からそんな感じのような気がします。
鉢のように刺すショットも数回程度でしたし。
サーブの安定感で相手にプレッシャーを与えて、結果上にあがってきたような。
ラリーになるとあまり主導権がにぎれない。もしくはエースをとろうとしてもとれない。
そんな一週間だったように思えました。

SF、確かにフィッシュのショットは鋭角に決まるフォアがあったり、ロジャーの低いバウンドのボレーをロブで返したり、随所に良いショットを見せていました。そしてラリーになるとミスらない。今のロジャーではちょっと苦しい相手でしたね。
| 23:44 | MS IW 2008 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
まだ本調子ではなさそう
■2008 Pacific Life Open -Indian Wells-
Semifinal
Mardy Fish def. Roger Federer (1), 6-3, 6-2



見てないんですが、結果を知ってしまったので記事にしちゃいます。。。

昨日、水泳して、その疲れで一日中寝込んでました。

水泳といっても、30分の水中ウォーキング、300mの遠泳(?)だけでこの状態。

普段なら無理してでも見てから書くと思うんですが、テニスを見るモチベーションが全くないのだ。

普通というのは、うつ病でなかったときということね。

モチベーションがないのは、録画しているからいつでも見られるってのもあるかもしれないし、

ロジャーの体調不良と彼らしいプレイ振りが見られないと思っているせいかもしれない。

単核症。そうたやすく片付けられる問題ではないらしい。

アンチッチは同じ原因で半年間全くプレイができず、最近ようやく復帰した。

エナンがNo.1をとってから1年間大スランプに陥ったのもこれが原因だったらしい。

単核症で受けたダメージは治ったのかもしれないが、その状態から通常のプレイ、モチベーションに戻すまで時間がかかるということなのかもしれない。

ロジャーには、もっと休養が必要なのでは。。。

彼がプレイを続けているのは、おそらくファンのためであり、記録やNo.1を守るためであると思う。

通常のプレイ、モチベーションに戻すためには、信頼できる人と一緒いることで精神的に安定させることが必要だ。

今は信頼できるコーチがいないから、幼少時代から見てもらっているトレーナーのパガニーニさんとコミュニケーションすることが一番。

次のマイアミまで来て貰い、トレーニングを通して精神安定をめざすと思う。

しかし、こんな状態でメジャー大会の準決勝まで二度も来れるのは、さすがです。

わいはロジャーのフットワークとショットの質を見て、「復活した」と断言したいと思う。
| 23:10 | MS IW 2008 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
ハース棄権によりGAORA登場決定
AMS TVでナルバンディアン/フィッシュ戦を見た後、ぼーっとまっていたんですが、一向にはじまらず、、、

ロジャーの後にやる予定のイヴァノビッチ/ヤンコビッチ戦が始まってました(LiveScoreで確認)。

RF.comのフォーラムを読んでたら

「Haas withdrawal puts Federer through to semi-finals」

ハース棄権したんですね。

やっぱり、マレー戦での逆転勝利がきつかったんでしょうね。

(以前もどこかの大会でロジャーと対戦する前に棄権していたような。)

ロジャーはここまで一セットも落とさず比較的楽にあがって来れました。

ハース戦でちょっと苦労しておいた方が後々接戦になる心の準備になるかなと思ってました。。

次はフィッシュですね。地元ファンの応援をうけてここまであがってきました。

ヒューイット戦ではビヨンセが応援に来てましたね。

しかし、ナルバンディアンが最終セット5-4でブレイクされなければ相手が変わったんですがねぇ。

これはフィッシュの粘りを誉めるしかないですな。

ルビチッチ戦同様、強力なサーブを高い集中力でうまくブロックリターンで返してプレッシャーをかけていって欲しいです。

RF.com ではハースの棄権にたいし、「Sorry Tommy」とかいう言葉が多かったです。

わかるようなわからないような心境です。

僕はまだ子供な部分があるので、素直に「ありがとう。消耗せずにポイント稼げたよ。」と言ってしまいそうです。

「ファンはロジャーのプレイを見たかった」という声もありましたね。

とにかくGAORA登場決定です!

これが重要!

去年はマイアミとともに録画できない日々が長かったですからねぇ。

嬉しい限りです♪

(追記)
後でIWのHPのNEWS欄を見てたら
Federer Takes Walkover into Semifinals
という記事が即アップされてました。

ロジャーのためにDayPass購入したんだけどなぁ。とかいう悔いもあり。。。

GAORA登場決定という嬉しさもあり、微妙な心境です。


今回のハース。
似たような色のウェアなので、ブレーク/モヤ戦みたいに一瞬どっちがどっちだ?みたいになったりしないかとか興味が別にいきそうでした。

そーいや、ヒューイット/フィッシュ戦も上下同じ色合いでしたね。あまりにも似てるもの着てるとちょっとつまらないなぁとか思ったりします。
| 12:26 | MS IW 2008 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
AMSTVで初観戦(購入)&4R突破
■2008 AMS Pacific Life Open -Indian Wells-
4th Round
Roger Federer (1) def. Ivan Ljubicic (23), 6-3, 6-4

OOP(Order of Play)より最終ゲームとのことで、AMS(ATP Masters Series)TVを初購入(DayPass)して見ました。

昼から観戦して、ガスケ/ブレイク戦、ヒューイット/フィッシュ戦を見た後、ロジャーの開始時間まで、マレー/ハース戦のリプレイを見てました。

やっぱ3〜4ゲーム見続けると疲れますね。特にフルセットなんか見ちゃうと。AIGのときはそれに移動、サインゲット行動、撮影もプラスされるので尚疲れます。



さて、ロジャーの試合は、日本時間の12:30から始まると思いきや1時すぎからでした。

ルビチッチのようなビッグサーバー相手には、1ブレイクで十分セットがとれるかなと思ってみてました。

そんな風に思えたせいか、序盤からブレイクチャンスがあったら攻めてましたね。三年前に言われていたスロースターターのイメージはもう完全にありません。

第一セットはまだ起きてないルビチッチの隙を突くような感じで第一セット序盤にブレイク。あとはきっちりキープ。

この試合も全体を通してサービスが安定してました。ファーストをセンター、ワイドにちらして入れ、セカンドでも深く跳ねるボールを打ち込んでました。

0-30や、15-40などピンチのときには、集中力をあげ、センターに二発エースをとり、相手の流れになりそうなときパッとおいついてました。

逆に、リュビチッチの方は、ビッグサーブが武器なのにファーストがなかなか入らなかったり、エースが少なかったように見えました。

これは、ロジャーがエース級のサーブをきっちりブロックリターンしていた結果だったんだと思います。

第二セットでは一時3-0とダブルブレイクしてさっと終わってしまうような感じになりましたが、この試合初めてのブレイクポイントをにぎられ、結果ブレイクを許してしまいました。

でも、まだ1ブレイクしているので、気は楽だったと思います。

試合はそのままキープしたまま終了。

順調だと思います。「競る」シーンはなかったですね。ラリーでもどちらかが早い形で切り替えしていたので。

リュビチッチ得意のバックのダウンザラインでのエースは結局2本ほどに抑えられてました。

ぱっと切り返してもロジャーがぎりぎりで届くところをうまくスピンで返してました。

いつもエースになるようなボールがエースにならないとプレッシャーになりますよね。

精神的な面での勝利でした。

でも、あの踊るようなステップワークと相手を動けなくする矢のようなショットはまだ見られません。

ロジャーのディフェンス時の「読み」はあたっているけど、オフェンスに切り替えたときの読みはまだ完全ではないのかもしれません(相手によるでしょうけど)。

最後に、この日リュビチッチは誕生日だったようで、ケーキが用意されました。負けた後はさっと帰りたいでしょうに。。。

ロジャーもおめでとうと彼のベンチの方に言いに行ってました。リュビチッチとは私生活でも彼の奥さんとミルカ同伴でよくご飯を食べにいったりするほど仲が良いですからね。


29歳の誕生日。おめでとう。イヴァン
| 17:04 | MS IW 2008 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
3rd Round 快勝
■2008 Pacific Life Open -Indian Wells-
3rd Round
Roger Federer (1) def. Nicolas Mahut, 6-1, 6-1

MastersSeriesTVを登録しておきながらも、お金払ってないので見てません。

マッチサマリーを見るとサーブが好調のようですね。強烈なサービスもうまくリターンしていたようです。

見られていた方々の感想からマウーのパフォーマンスが悪かったのもあるようです。



1st Service Points Won 96% は驚異的(@0@!

病気後、満足行くフィットネスができてない今、省エネで勝ち上がれるのはとても良いこと(53分で終わらせちゃった♪)。

| 08:58 | MS IW 2008 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
IW 初戦突破♪
■2008 Pacific Life Open -IW(Indian Wells)-
2nd Round
R.Federer def. Guillermo Garcia-Lopez 6-3, 6-2

最後のガッツポーズはいかに初戦で勝つことが大事かというのを示すものだと感じました。


IWのトップページには、「”ギレルモ”と対戦し、ストレートで下す。」と出てました。違うギレルモに去年は初戦で負けましたからね。

ま、その負けたギレルモ”カニャス”には二連敗後、勝ってるし、もう対応できてるので、たとえカニャスであっても不安はなかったですけどね。

ウェアはドバイと同様です。去年は大会ごとにウェアを変えたのが悪かったのでは。。。とか思ってしまったり(^^;

最終ゲーム


この調子でGAORA登場を待ってます。

-------------
日本勢は負けてしまいましたね。

錦織は一回戦でチリッチに。

藍子ちゃんは、三回戦でおでこちゃん(ウォズニアッキ)に0-6,2-6と完敗。おでこちゃん。かなり実力つけてますね。

2006年AIG、WCをもらって初戦藍子ちゃんと対戦して負けてしまいました(このとき藍子ちゃんは準優勝)。

そのころとはまったく違った相手に見えたでしょうねぇ。

去年のAIGではおでこちゃん、ベスト4まであがりましたからね。

ジュニアで競っていた森田あゆみがかなり引き離されているのが目に見えてます。

海外出て経験をいっぱい積んでのし上がっているって感じです。ひそかにおでこちゃんを応援してるわいでした。


去年AIGでおでこちゃんのお父さんに撮ってもらっちゃいました♪
(フラッシュたき忘れてるし、ぶれてる。。。)
| 22:10 | MS IW 2008 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
Nishikori IW本戦出場
IW(Indian Wells "Pacific Life Open")本戦ドローが確定しました。

http://www.pacificlifeopen.com/1/draws/default.asp

Nishikoriが初のマスターズ本戦出場です。すごいですねぇ。

Q(Quarify:予選)を勝ち抜いた選手は抽選で本戦ドローのQに入るわけですが、

初戦はクロアチアのチリッチすね。全豪でゴンザレスを一蹴した190cmの長身選手です。

ゴンザレスが一蹴されたわけは、チリッチのフォアハンド。

すごく特徴的で、インパクトする瞬間グリップを先に出してラケットヘッドが後から出てくるんですよね。

まったく、どっちに打ってくるのか予想しにくい変則フォームなんすよ。

ロジャーもそうなんですが、チリッチはそれにちょっと癖のあるような形でスイングします。

そう。手首傷めそうって感じで。

ロジャーと同じブロックなので、初戦なんとか勝って、勢いにのってシードのルビチッチ(これもまた190cmのクロアチア選手)も倒し、ロジャーと対戦して欲しいす。

----------------------------------------------------------------
ところで、大会ホームページの雛形って毎年変わるんですねぇ。AIGと違って。

DVDジャケットはその大会HPの雛形イメージを使っているので、

年々変わられると去年の使いまわしはできんかなぁと悩んでしまいます。。。
| 23:53 | MS IW 2008 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
| 1/1 |