わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
CINCINNATI カルロビッチ大嫌い
ATP MASTERS SERIES CINCINNATI
Western&Southern Financial Group Cup
Cincinnati,OH(USA)

3rd Round
Ivo Karlovic (16) def. Roger Federer (1), 7-6 (8-6), 4-6, 7-6 (7-5)



■1stセット 6-7(6)
RF K K K K K K
I K  K K K K K K
Tiebreak
RF K  KK  KK  K
I K  KK  KK  KK BK

■2ndセット 6-4
RF  K KBK K K
I K K K   K K

■3rdセット 6-7(5)
RF K K K K K K
I K  K K K K K K
Tiebreak
RF   K  KK  KK
I K KB KK  KK  K

ロジャーもカルロビッチもサービスキープしてタイブレイク勝負だなと思ってたでしょう。
わいもそのつもりで見てました。
だから、第二セットのブレイクはほんとうれしかった。
しかし、1st、3rdセットのタイブレイクはカルロビッチの集中力が続き、サービスで押し切られてしまいましたね。
お互いブレイクポイントがあったのは第二セットのみ。
ロジャー:3rd、5thゲーム
カルロビッチ:2ndゲーム

マッチステータスより。
カルロビッチの方がUE二倍も多いのに(20:42)、
ACEが20倍(1:22)
・・・これで押し切られた感じです。
トータルポイントでは勝っているのに(106:101)負けました。
「カルロビッチ、おめーはサーブしかできねーのか、こら!」
気づいたらこんなこと叫んでました。

現地のお客さん、ロジャー側の応援が多かった気がします。
それが唯一嬉しかった瞬間かな。

悔しい。もう泣きたい。
精神的に落ちてきて一日中寝込んでます。


ロジャーにとって今年は運の悪い年でした。
そうとしか言いようが無い。
 1.年初、病気による精神・フィットネスの低下。
 2.オリンピックイヤーによるスケジュールの変更。
2に関しては他の選手にも当てはまりますが、ロジャーの場合1があり、その精神的ショックの回復とトレーニング不足によるスタートダッシュの遅れが響いてます。
取り戻そうと努力するもやはり好調時の状態には戻せていない。
今期はその隙をつかれて20位台以降の選手(フィッシュ、シモン、カルロビッチ)に負けてる感じがします。

とある情報源より。
「今日の敗戦により、1連続記録は237週でストップするそうです。
 今年はオリンピック・イヤーなのでスケジュールが例年と異なり、
 8/18のランキングでナダルに1の席を譲ることになるようです。」

しかし、連続237週とは偉大。歴代1位ですよね?
あとはNo.1に復帰して(ロジャーには「復帰」という言葉があう気がするw)、サンプラスの在位記録を塗り替えてほしい。
わいは何でもNo.1なロジャーが好きなんです。

さて、
ナダルはNo.1、長くはキープできないでしょう。
だって、王者という位が似合わないから。
ヒューイット、ロディック、フェレイロ、「王者」という位がなにかこう当てはめにくい選手たち。
それと同じように見えます。
ナダルのプレイ振りは進化はしてますが、王者のプレイじゃないですね。

ということで、ロジャーのNo.1「復帰」は少し我慢すればすぐ来ると思ってます。

ていうか、
ナダル、ジョコビッチかグルビスあたりに敗れなさいって。あーた。
| 16:49 | MS Cincy 2008 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
CINCINNATI やった!初戦突破!
ATP MASTERS SERIES CINCINNATI
Western&Southern Financial Group Cup
Cincinnati,OH(USA)

2nd Round
Roger Federer (1) def. Robby Ginepri 6-7(2), 7-6(5), 6-0


今大会もトロント同様、青いラインの入った白ポロに紺パンツですね。
バンダナ、リストバンド、シューズのNIKEロゴ全て同じ青です。
シューズはWimbyモデルとして市販されたものに近いですね。
「近い」というのは、青の色が若干違うという意味です。

http://www.tennis-warehouse.com/descpageMSNIKE-NV5WB.html
http://www.midwestsports.com/nike-federer-vapor-5-tennis-shoe/p/318061-143/

はっ(@0@!
と目が覚めたら、5時。
完全に寝過ごしました。こんな日になぜ不眠症にならない。まったく。
あわててPCを立ち上げ、AMSTVを見ると、1stセットを6-7で落とし、2ndセット、ロジャーの2-1でジネプリのサーブというところでした。
1stセットをタイブレイクで落としたという事実を受け入れるのに数秒かかりましたね。
え?え?え?って感じで何度もスコアを見返しました。

mixiで同様にLIVEを見ている方の話によると、
1stセットはブレイクアップ後、ブレイクバックされ、タイブレイクにもつれたようです。
最近ブレイクバックされること多いなぁ。
このへんの不安定さが気になる。。。

レポートは2ndセットから。

■2ndセット 7-6(5)
RF K K K K K B
RG  K K K K K B

タイブレイク(RF-RG)
F 1-0
G 2-0 MB(Mini Break)
G 2-1
F 2-2 MB
F 3-2
G 3-3
G 3-4
F 4-4
F 5-4
G 6-4 MB & SP(Set Point)
G 6-5 SP
F 7-5

2ndセットはお互いキープが続きましたが、ロジャーのサービスゲームの方が比較的楽にキープできてました。
リターンゲームではラリーでのポイントもロジャーの方に分があり、5th、7thゲームでは先攻してブレイクポイントを何度もとっていましたが、ジネプリがなんとかキープ。
この辺をみて、なんか嫌な感じだなぁと思いました。
ジネプリから見て、ピンチの後のチャンスがあるやも、と。
すると10thゲームブレイクされてしまい、5-6。
万事休すかと思いました。
「今年は病気で出だしが悪かったからしょうがないよ。」なんてつぶやいてました。
そしたら、11thゲーム15-40からブレイク!
この挽回は嬉しかった♪
タイブレイクへ突入。
1stセットのタイブレイクをどのように落としたのか知らなかったので、
今度は取れるかなとちょっと不安に。
最初のジネプリのサーブでいきなりminiブレイクしたので、いけそうだと思いました。
しかし、7-5までひっぱられるとは思わなかった。

■3rdセット 6-0
RF B K B K B K
RG

3rdセットになってジネプリのパフォーマンスがガクッと下がりました。
途中、トレーナーを呼んで胃の辺りを指してたんで、内臓系の消耗かなぁ。
それを象徴するようなスコア。
ベーグルで締めくくりました。

それにしても、Statsを見るとタフな試合であることがわかります。
1stServe:65% 低い・・・。
2ndServeでのポイント奪取率:48% 低い、かなり叩かれて攻められてることがわかります。
UE:40 これも多いですね。
BP:6/16
なんじゃこの取れなさ加減は。。。
苦しいポイントでジネプリのサービスがいいところに決まったということでしょうか。
それともロジャーの簡単なリターンミスによるものでしょうか。。。
ともかくこのデータはちょっとやばい。
あさってまでになんとか調整しておくれ。

ウィナーズサイン後、笑顔で手を振ってくれたのを見て嬉しくなりました。
ひさしぶりだもんね。
こんなシーン。
ほんと癒されました。

今のわいの精神安定剤はやっぱりロジャーの勝利と笑顔だなぁと実感。
| 10:08 | MS Cincy 2008 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by わいたろう |
| 1/1 |