わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Paris 2010 SF 疲れが出た試合
BNP Paribas Masters 2010

Name: BNP Paribas Masters
Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Paris, France
Date: 07.11.2010-14.11.2010
Draw Size: S-48 D-24
Surface: Hard
Prize Money: € 2,227,500

Semi final
[12] G Monfils (FRA) d [1] R Federer (SUI) 76(7) 67(1) 76(4) - saved 5 M.P.

ソダーリング/ロドラの試合が面白くて、24:00を回っても起きてました。
で、結局ロジャーの試合もがっつりw
そしたら月曜からのどの調子が悪くなってしまいました。
平日は試合観なかったんですが、なんだかんだで26:00近くまで起きてることが多かったので、明らかにこれまでの寝不足がたたっわけです。。。
トレーニング終わりの湯冷めってのもありますが、体力低下が否めません。

しかし、2試合ともすばらしかったですね。
特に印象に残ったのがロドラのネットプレイ。サービスもすばらしいかったですが、ネットに出ての飛びつきボレーがとてもアグレッシブで見ていて楽しかったです。
ファイナルセットもブレバして盛り上げてくれました。
ランキングも11位アップのキャリアハイ23位。来年来てくれたら今年撮ってもらったツーショットにサインをもらおうっと。

さて、ロジャーの試合に話を。
プレスカンファレンスでのロジャー。ちょっと目が潤んでますね。
今回の負け方が先のUSOとかぶってしまいます。

ロジャーは序盤から攻め込んでくるガエルの強打に対応しきれてませんでした。
これまで彼との対戦ではディフェンシブなイメージだったので、交わすのに少し時間がかかるのかなと思いました。
この試合はガエルのよさが光りましたが、ロジャーの調子がいまひとつというのもありました。
いつもならガエルのショットを交わして組み立てて崩すということをやってこれたんですが、フットワークが悪く、まず相手のショットを利用することに苦労してたような印象でした。

1st set(67(7))
RF K K K K K K
GM  K K K K K K
tiebreak
RF K  KKB K   KK
GM  KK   K BKK  KKB

1stセット、1stゲームがとても重かった。フットワークが悪いし、ガエルの強打が入るしで危ないゲームでした。
しかし、これまでの疲労があるなかでもサービスは比較的安定してました。
足に疲労がたまっていながらもきちんと体重を乗せて打てるサービスに惚れ惚れしました。
'08最終戦、'09AOでも腰・背中に怪我をしながらもきちんとサービスが打てる姿に感動しました。
途中ガエルが首のマッサージを受けてましたが、その後はまったく関係なかった。
彼のこけた後のうなだれる格好や顔をしかめるしぐさにだまされてはいけませんね。
たまに、「大丈夫か?」と相手が声をかけるのがなんかしなくていいよって思ってしまう。
そしてたびたびこけてサーフェスに汗が残っているのを気にしてか、ロジャーがしきりにキュッキュとコートを足ですってました(理由はあくまで予想です。)
このセットはガエルのサービスに隙がなく、いつものようにラリーにならないため、崩すことができませんでした。
1stゲーム以外は淡々と進み。TBへ。
TBは先にロジャーがすばらしいリターンでminiブレイクしたんですが、ミスヒットによりminiブレイクバックを許し、ドロップショットも決まらず、ロジャー優位な雰囲気から流れが変わり最後にブレイクされてしまいました。
セットダウンの原因はやはりUE:17ですかね。

2nd seet(76(1))
RF  K K K K K K
GM K K K K K K
tiebreak
RF BK BBKKB
GM   B

1stセットではなかったBPが、このセットの3rdゲームで30-40とやってきました。
サービスエース、DFとあれたポイントの中40-40×2とねばりましたが、結局ブレイクできず。
少し集中できてなかった感じでした。
結局チャンスはここだけで、そのままTBへ。
DFでminiブレイクスタートすると、ここから一気に流れがロジャーへ。
2ポイント目をスライス×2でつないだ後フォアの逆クロスで追い込み、スイングボレーでしとめる。理想的なポイントでした。
ロジャーも重要なポイントだということで、ガッツポーズ。

完全アウェーかと思いましたが、やはりパリはアートを好むわけで。
バックのダウンザラインからフォアのダウンザラインへきれいに組み立てて再びminiブレイクすると、ロジャーへの拍手、応援がすごい勢いで出てきました。
サービスでも1stがきっちり入り。終わってみれば7−1.
UE:5に抑えたのがすばらしい。

3rd set(67(4))
RF KBK K   K K
GM    K KBK K K
tiebreak
RF K   K B K
GM  KKB K B KK

1stゲーム。ロジャーは慎重でした。そして集中力をぐっとあげてきたのがよくわかりました。
隙なく40-15からキープに成功。
すると2ndゲーム、ブロックリターンで返しだすとガエルにミスが出始め、30-40.
ラリーで体に近いボールを即座にバック側に体を入れ替えて処理してからオフェンスにスイッチしてブレイクに成功。
ここからロジャーのフットワークが細かくなってきました。独特のフォロースイング時に歩きながら次の動作に移るあれです。
外側の足がきっちり出てスムーズでした。
ガエルは集中力が落ちてきたのか、1stサーブもハードヒットも入らなくなってきました。
ここからロジャーの流れへ。ガエルはいつものようにメンタル的体力が落ちたように見えました。
こうなるとロジャーのペース。
しかし、3-2.ロジャーのサービスゲーム、突如ガエルが息を吹き返しました。
40-Aからロジャーが踏ん張りきれずミスしてブレイクバックされてしまいました。
いつもならこれくらいのギアアップにはついていけるはずなんですが、やはり疲れていたんでしょう。
ついていけるほどの余力はなかったようです。
それでもブレイクバック後のサービスゲームはLoveゲームキープ。
5-4.ここから妙な感じなポイントが増えました。
ネットインで0-15と1stポイントはとれましたが、ガエルのサービス力が落ちず、ブレイクできず。
6-5.このゲームでなんと2度もネットインが。
DFで0-15のあと、リターンがネットインして0-30.
ここからフォアの逆クロス+フォアのクロスでエースをとり15-40.
このゲーム、ガエルの1stサーブがまったく入ってなかっただけに普通ならブレイクできそうなんですが、、、
オープンコートへのフォアの逆クロスをミスするなどで40-40へ。
そして、二度目のネットイン。
ロジャーもこのしぐさ。

しかし、これをチャンスにしてとれない今日のロジャー。
ガエルのサーブがボディーに来たので処理しきれず40-40.
次のポイントはアプローチ&ボレーで自らポイントをゲット。3度目のMP。
足を動かして粘ったけれどとれず40-40.
再び40-A。4度目のMP。これが最後のMPとなってしまいました。
アプローチ&ボレーがきまらず、ガエルのサービスが復活してブレイクできず、このセットもTBへ。
TBはフォアのUEで先にminiブレイクを許してしまいました。
2-4.ガエルのUEでminiブレイクバックできましたが、このセット序盤からよくなってきたフットワークが再び重くなり、良い1stサーブが入ったのにフォアのUEでminiブレイクダウン。そのままとられてしまいました。4-7.

MPが4つありましたが、今日の調子では勝てなくてもしょうがないかなと思いました。
あまり悔しさはありませんが、冒頭のロジャーを見るとやっぱり残念という気持ちが出てきます。
最終戦まで1weekしかありませんが、しっかりリフレッシュして挑んでほしいです。

ロジャー、お疲れ様でした。
| 21:50 | MS Paris 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Paris 2010 QF 初SF進出
BNP Paribas Masters 2010

Name: BNP Paribas Masters
Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Paris, France
Date: 07.11.2010-14.11.2010
Draw Size: S-48 D-24
Surface: Hard
Prize Money: € 2,227,500

Quarter final
[1] R Federer (SUI) d [11] J Melzer (AUT) 61 76(4)

サービスが好調のままベストリザルトのQF。
相手は最近よくあたるユルゲン。
R3に続きネットプレイヤーとの対戦となりました。
ユルゲンの武器は、懐の深いフォアハンド。逆クロスなのかクロスなのか時折分からないことがあります。
加えて繰り出すショットがどれも深い。
また、サーブもサウスポーならではのアドコートからワイドに切れる打ちにくいボール。

1st set(61)
RF KBKBK K
JM      K

2nd set(76(4))
RF  K K K K K K
JM K K K K K K
tiebreak
RF B  B KK BKK
JM  BB K  K

しかし、試合が始まるとユルゲンの動きにキレがない。
2ndゲームでさっそくリターンエース、ネットに出たユルゲンの足元にコントロールし、30-40。
最後は浅いボールを打ち込んだユルゲンのボールがロジャーのいるところに。それをバックであわせたショットがダウンザラインへカウンターとなりブレイクに成功。
これで一気に流れがロジャーに行った感じがしました。
4thゲームもリターンエースでファーストポイントをとり、ユルゲンのボレーエラーで0-40.
40-Aからフォアのダウンザラインが炸裂してWブレイクに成功。
4-0からのサービスゲームではフォアのスライスショットをダウンザラインに決めるなど余裕が出てきました。
ユルゲンが次のセットへ向け1ゲームキープし、5-1.
SFSは40-15からキープ。まったく隙がなかったセットでした。
少しでも調子が悪いとロジャーが一気にゲームの流れをかっさらってしまいますね。

2ndセットは面白いシーンを見ました。
それまで意識して見てなかったんですが、デュースコートでのサーブがユルゲンのバックを狙っていたのか、それともプレッシャーをかけているのか、ユルゲンがかなりワイドの位置で構えるようになりました。
それを見たときロジャーはどこにサーブするのか毎回注目してました。
ほとんどユルゲンがいるワイドへ打ってましたね。
たとえ返されてもオープンコートへフォアの逆クロスでエースをとってました。
なるほど、空いてるセンターへ狙わなくてもポイントはとれるのかと思った瞬間でした。
3-3、7thゲーム。30-40このセットはじめてのBPをつかみましたが、ユルゲンのサーブが復活し、ブレイクできず。
このままタイブレイクへ。

タイブレイクは先にminiブレイクしたものの二つともサービスを落としてしまう荒れた展開。
フレームショットに感じたロジャーのダウンザラインパスが決まり、miniブレイクの数が並び、2-2。
そこから安定した展開になり、ロジャーはサービス2本でらくらくキープ。
4-4.ユルゲンがアプローチ&ボレーをミス。これがMPにつながり、どっちに転がるかわからなかったタイブレイクを制し、勝利しました。

スタッツを見てびっくり。
Ace:18(@0@!
これはもうすごすぎ。このサービスでタイブレイクとったようなものですからね。
納得の数字です。

| 20:44 | MS Paris 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Paris 2010 R3 ラデクに対する恐怖心がなくなった
BNP Paribas Masters 2010

Name: BNP Paribas Masters
Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Paris, France
Date: 07.11.2010-14.11.2010
Draw Size: S-48 D-24
Surface: Hard
Prize Money: € 2,227,500

3rd round
[1] R Federer (SUI) d R Stepanek (CZE) 64 63

パープルのバンダナは終わるころには汗で真っ黒。

ラデク(楽天オープンで見てからステパネクからラデクと呼ぶようになりましたw)には今でも08ローマでたたかれてしまった記憶が出てきます。
強烈なサーブとネットプレイで早い段階でポイントをとってしまう動きは、06AIGのタカオにも似たものを思わせます。
08USOでも結構タフな展開だっただけに、ランキングに差があるけれど油断できない相手です。
ラデク封じにはまずしっかりリターンすること。そしてネットに出られる前に自分がネットに出てポイントを取る事。
ネットに出られたときは落ち着いて精度の高いパスを行う。
・・・なんて書いたら誰が相手でもやるべきことだと思った( ̄▽ ̄;

しかし、負けたローマではラデクがよすぎてロジャーの調子がいまいちだったからというのがある。
R2を見る限りロジャーの調子は良い。ラデクがスーパーじゃなければ大丈夫。

1st set(64)
RF K K K K KB
RS  K K K K

2nd set(63)
RF KBK K K K
RS    K K K

1stセット、サーブがほんとに調子良い。
1stゲームでいきなり3つもサービスエース。
しかし、3rdゲームで30-40、40-AとBPを握られました。ラデクのリターンが深く入りピンチに。
ここからサービスエースでなんとかキープ。落ち着いてました。
ラデクがさっそくネットプレイをしかけてきましたが、ロジャーのバック側へ執拗にボレーするも二発目でロジャーがパスを決める。
なんだか、07USOで対A-Rodにやったパターンに似ていました。まずボレーさせてそこから仕留める。カッコいい。
しかしファーストボレーをさせる球が甘いと逆にやられるわけで。そうさせないのがロジャーって感じがします。回転量半端ないんだろうな。

そしてこのランニングパス。

3-2、ロジャーのリターンゲーム、0-15でのポイントでした。
ダウンザラインへ巻き込む形で放ったボールはラインの外側にかかるスーパーショット。
こんなの一度はやってみたいですね。フットワークとバランスが必要です。
この時間帯からラデクがロジャーのフォアに食い込まれてまともにショットできないポイントが増えてきました。
長いラリーも制し、安定したサービスゲームで5-4。
10thゲーム、バックハンドのパスで0-15、DFで15-30、ここから15-40、30-40。
この二回目のBP、ラデクのネットプレイのプレッシャーを跳ね飛ばすフォアハンドのショートクロスのパスが決まりブレイク&1セットアップ。
「C'mon!!!」

2ndセット、1stゲーム、ロジャーは1stセットをとると2ndセット序盤で相手を揺さぶるプレイを出す傾向があります。
今回はバックのスライスを思いっきり切ってダウンザラインへ。
これがライン上に乗ってさらに切れ、ラデクが返せないショットに。
2ndゲーム、ロジャーのリターンゲーム、ネットに出たラデクに見事なバックのロブで抜き、30-40とブレイクのチャンス。
果敢にネットに出るラデクにロジャーは足元にきっちりコントロールし、40-A。
アドコートのワイドに逃げるサーブをバックで飛びつきこれがリターンエースになり早速ブレイクに成功。
ブレイク後の3rdゲーム、40-40まで粘られますが、サービスで切り抜け3-0.
4-1、6thゲームのリターンで、フォアボレーの際、踏み込んだ左足をひねってしまいました。
見る限り少し滑ったように見えました。
一瞬止まった後すぐ次の動きに入っていたので、さほど痛みはないと思います。
ポイント後、屈伸してました。腰にも少し衝撃があったんでしょうか。

ここまでショートポイントでテンポ良くゲームが進んでいただけに、このあとが気になりましたが、この後のサービスゲームはすべてLoveゲームキープだったので、安心しました。

ラデクのサービスは簡単にブレイクできそうな雰囲気はなかったけれど、少しずつロジャーが良いプレイをしてプレッシャーをかけていたのが積み重なってブレイクにつながったように感じました。
サービスが良いのでリターンに集中できますね。
ラデクに対する恐怖心が少しずつなくなってきました。油断はできませんがね。
| 19:09 | MS Paris 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
Paris 2010 R2 初戦からビッグネーム
BNP Paribas Masters 2010

Name: BNP Paribas Masters
Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Paris, France
Date: 07.11.2010-14.11.2010
Draw Size: S-48 D-24
Surface: Hard
Prize Money: € 2,227,500

2nd round
[1] R Federer (SUI) d R Gasquet (FRA) 64 64

フォアハンドの時に襟が立つこの瞬間がかっこいいんです。

初戦は地元のガスケと対戦することになりました。
徐々にランキングを上げてるガスケ。しかし、まだ下位なので早いラウンドで上位選手とあたり、なかなか優勝圏内に入って来れません。
だからといって譲れませんw

ロジャーの試合は現地時間の19:30以降。日本時間の3:30以降ということで朝起きてiPhoneアプリでスタッツを確認しました。
(下図はどこかでUPされてたライストの画像を拝借。iPhoneアプリはもっと詳細にデータがあって助かります)

1st serve の確率が低いですが、2ndサーブのポイント獲得率が高く、ガスケにBPを取られてないことからサービスゲームはいいリズムだったことがわかります。
UEはそんなに多くないけれど、BP won が2/5、ガスケのサービスポイント獲得率が悪くないのでガスケも調子が良く好ゲームだったのかなと思いました。

1st set(64)
RF  KBK K K K
RG K   K K K

2nd set(64)
RF BK K K K K
RG   K K K K

で、会社から帰ってこの数字を参考にYouTubeをチェック。
ロジャーは連戦の疲れもありながら、相変わらずサーブがよかったです。
1stセットのサービスゲームはなんと3つしかポイントを与えなかったですね。
いづれも40-15どまり。すばらしい。
初戦の1stゲームから集中してポイントを取っていこうという姿勢が見られました。
1stゲームのリターンで40-40までもっていき、ガスケに簡単に取らせず、続くサービスゲームではLoveゲームキープ。
早々と相手にサーブをさせる雰囲気に。
ガスケのサービスはよかったですが、ロジャーがそれ以上にいいプレイをして30-40からブレイクに成功。
その後のリターンゲームはあまり無理せずサービスゲームだけに集中していたように思えました。
それだけサービスに自信があったんだと思います。

この段階でも左手がこの位置。身体が開かずよく残ってます。

2ndセットはさっそく0-40とチャンス。ドロップショットを多様して揺さぶりいったんは40-40まで盛り返されましたが、チャレンジが成功して40-Aからブレイクに成功。
そして3rdゲーム。二人のプレイがこのゲームだけに集約されたといっても過言ではありません。
回転量の多いショットの打ち合い。ロジャーがバックハンドでダウンザラインにリターンを決めるとガスケがセンスの良さを思わせるアングルボレーを魅せる。
二人の動き、ショットはアートです。
見ていてとても面白かったです。ガスケのバックハンドの強烈なダウンザラインがとっても魅力的でした。
やっぱりワンハンドバックの打ち合いはかっこよかった。

full match
walk on : http://www.youtube.com/watch?v=FbxXI8DCcDg
1/6 : http://www.youtube.com/watch?v=tnEmr6Y9pEE
2/6 : http://www.youtube.com/watch?v=54iWpSM4rsI
3/6 : http://www.youtube.com/watch?v=FyocdY-QrsA
4/6 : http://www.youtube.com/watch?v=KhEro4Vt-6k
5/6 : http://www.youtube.com/watch?v=qFDe2-pK450
6/6 : http://www.youtube.com/watch?v=v6qLMMw5Uvc&feature=mfu_in_order&list=UL

プレスカンファレンス
今シーズンのではなくRF基金の赤いキャップなんですね。
| 21:49 | MS Paris 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
| 1/1 |