わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Stockholm 2010 QF 同郷対決
If Stockholm Open 2010

Category:
ATP World Tour 250
Place: Stockholm, Sweden
Date: 18.10.2010-24.10.2010
Draw Size: S-28 D-16
Surface: Indoor Hard
Prize Money: € 531,000

Quarterfinal
[1] R Federer (SUI) d [5] [WC] S Wawrinka (SUI) 26 63 62

夜中の3:30以降の試合だったんですが、そのまま仮眠をとらずにテレビやほかの事をやってました。
食事を取った後に眠気がきて、ソダーリングが負けた3:00ごろに目が覚めましたが、そのまま寝てしまい、次に起きたのが26の1セットダウン、2ndセット2-2のときでした。
さすがに仕事の疲れがどっと出たようで、そのまま寝ることに。
今大会はそんなに調子が良いほうではなかったので、スタンに負けるかもしれないと思いましたが、ロジャーならスタンのハードヒットからペースをつかんで逆転できるだろうと思ってました。

朝起きてアップされたYouTubeで確認。

       前足が伸びて後ろ足を曲げるときもあるんですね。

1stset(26)
RF   K   K
SW BK KBK K

2ndset(63)
RF   KBK KBK
SW BK   K

3rdset(62)
RF  K KBKBK
SW K K

1stセットは出だしが昔のようなスローペースでした。
そこにスタンの強烈なショットが決まってブレイクダウンでのスタート。
ロジャーはあまり集中してないようなミスが多かったです。
そこにスタンがロジャーの2ndをうまくたたいてポイント先攻してました。
1-3の4thゲームではDFで2ブレイクダウン。
1stサーブが入らず、サービスゲームでリズムがつかめてませんでしたね。
続く5thゲームで40-A×2のBPを握りましたが、リターンが甘く攻めに転ずることができませんでした。
スタンのSFSでTweener(クラッチショット)を見せますが、これも入らず。
乗ってるときはこういうショットがことごとく入るロジャー。
1stセットはそのままいかれてしまいました。

この画像でわかったんですが、やっぱり薄いグリップをチョイスしていることもあるとわかりました。
これは2ブレイクダウンしたゲーム40-40で短めのボールをダウンザラインに打ち込んでアウトになったシーンです。

1セットダウンしたものの後半にはスタンのUEが出始めたので、プレッシャーをうまく与えることができたら流れを引き寄せることができそうな予感はありました。
しかし、2ndセットの出だしもブレイクダウンからスタート。
この時点でAceの数が、RF4 : SW2。
実はスタンのサービスエースの方が少なく、データ上ではサービスで押し切られている感じはありませんでした。
リターンでポイントが取れてないのはロジャーのUEが多いことがわかります。
今日は簡単そうなボレーをよくネットにかけてました。
スタンのパスがラファのような急激に落ちるボールではないので、足が動いてないせいだと思いました。
3rdゲーム。ミルカのシーン。寝てるように見えますが、、、携帯をいじっていると思いたいw

ひとつサービスをキープすると、ここから少しずつスタンのハードヒットに切り返せるようになってきた印象があります。
0-30から30-40までいってそこからブレイク。
サービスにリズムがでてきました。
3-3のロジャーのサービス。40-30でのチャレンジがIN判定、そしてもつれたラリーからバックのダウンザラインパスが決まりキープ。
そして次をブレイク。
このゲームはスタンのドライブボレーがアウトしたところから、長いラリーを制して15-40へ。
スタンも粘りを見せますが40-Aからブレイクに成功。
フォアサイドに振り回されたボールをきっちりクロスコートの深いところへ切り返せるようになり、ディフェンスからオフェンスにいつのまにか逆転するシーンがこのころから目立ってきました。
SFSはロジャーらしくLoveゲームでキープ

ファイナルセット。
1stゲームでここまでのUEが表示されました。RF23 : SW16 やはりロジャーの方が多い。
しかし、2ndゲームをバックのダウンザラインでエースをとるようになり、ようやくショットに安定感が出てきました。
リターンゲームでも有効な展開が見つかってきました。特にフォアの逆クロスからの展開が目立ってよかったです。
そうかと思えば4thゲームで見せたフォアのダウンザラインへのスライスショットから飛びつきのバックボレーで決めてしまう。
ロジャーの相手を揺さぶるプレイが出てきました。
5thゲーム。
ディフェンスからオフェンスへ。そしてフォアの逆クロスからのポイント奪取でブレイクに成功。
ロジャーに先にブレイクされたため、スタンが苦しんでいるのがわかります。
15-30と先攻できてもポイントがとれず、ついにラケットを破壊。
7thゲームでもバックのドロップショットで揺さぶりポイントへ。Wブレイクに成功。
しかし、この日のロジャーはすんなりいきませんでしたね。
SFMでUEが重なり15-40.
そこから集中してポイント連取&ゲームセット。
いまいち集中力にかけた試合でした。なんとか勝ってよかったです。

part 1
http://www.youtube.com/watch?v=4YyFlKFE7LY

part 2
http://www.youtube.com/watch?v=_ER9yeyFBuI

part 3
http://www.youtube.com/watch?v=ZfyYu2_RWbI

part 4
http://www.youtube.com/watch?v=GwGzrsDtPZs

part 5
http://www.youtube.com/watch?v=XkYW3A1vlkk

part 6
http://www.youtube.com/watch?v=TFQOl48bbRk

part 7
http://www.youtube.com/watch?v=tMsFyVWYH28

part 8
http://www.youtube.com/watch?v=ydlRucpR_sg

part 9
http://www.youtube.com/watch?v=qq3MnRaP52U

ロジャーの初GS獲得時のコーチではりスタンの現コーチであるルングドレンがよく映されてました。
なんだか、コーチというより母国に来てくれた二人を見守ってるように見えました。
| 23:23 | ATP Stockholm 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 23:23 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>