わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ATP Finals 2010 Final 優勝!
Barclays ATP World Tour Finals 2010

Category:
1500
Place: London, England
Date: 21.11.2010-28.11.2010
Draw Size: S-8 D-8
Surface: Indoor Hard
Prize Money: £ 2,227,500

Final
[2] R Federer (SUI) d [1] R Nadal (ESP) 63 36 61

ラファを破っての優勝は格別!
トーナメントを通して最後まで崩れないロジャーなんてほんと久しぶりです。
ラファのフットワークやミスの少なさが最高潮時のものでないにしろ、それはロジャーのプレイがそうさせてるのもあるわけで。
ロジャーはこの試合、一度もプレイが落ちることがなかったです。
ラファ優勢というような試合展開がほとんど見られませんでした。
見事な集中力!
強すぎました!

1st set(63)
RN  K K K
RF K K K KBK

ショットが確実。威力抜群なロジャーのフォア。
バックハンドからの展開も見事でした。いつものようにラファがバックに集めても上手く処理、というか逆に攻めてました。
8thゲームは、30-0からDFで30-15、バックハンドがきまって30-30。40-30になりポイント先行できない状態から一気に3ポイント連取でブレイクできました。
ここ数年のロジャーなら0-30など2ポイント以上開いた場合にアタックしてた記憶があります。
しかし、この試合は結局ブレイクしたゲームはすべて逆転でブレイクに成功しました。
3/3の100%!

2nd set(36)
RN K KBK K K
RF  K   K K

2ndセット、どこかでパフォーマンスが落ちるかと思ったら、まったく落ちませんでした。
ただ、1stサービスが入らなくなり、そこからポイントを落とすことが増えました。
スタッツでは41%
ブレイクされた4thゲームでは、ラファのリターンエースで15-30とされ、勢いでとられてしまった感じでした。
ドキッとしたのが、続くリターンゲーム。
40-30でラファのショットがネットインしたのを取りに行った際スリップ。
派手なこけ方をしたので、足をやってしまったのかと思いました。
スローが出ましたが、足はほんとに滑っただけでひねっておらず、握っていたラケットはそのまま手をコートに突くと手首を傷めるのを避けたのかさっと放してました。
コートチェンジでベンチに戻る際、悔しかったのか右手を思いっきり振り払ってました。

3rd set(61)
RN  K
RF K KBKBK

もうこのセットは4thゲームでラリーで粘って40-15からBPを握って一気に攻めてブレイクアップすると、そのままラファの勢いをとめましたね。
まさかのブレッドスティックで勝つなんて思いませんでした。
表彰式後、ロッカーに戻ったロジャーをギャビンとミルカが待ってました。
ミルカの抱擁はほんとに感動しました。


大会前にロジャーのロッカールーム(dressing room)をSky Sportsが特集してました。
04ヒューストンより狭いですね。

GSで去年のポイントをディフェンドできませんでしたが、マスターズで着々と重ねていきました。
ランキングはあまりきにしてませんが、ここまで勝ってくれるとやはりラファとの差がどうなってるのか気になります。
1
Rafael Nadal
12450
2
Roger Federer
9145
3
Novak Djokovic
6035
4
Andy Murray
5760
5
Robin Soderling
5580
6
Tomas Berdych
3955
7
David Ferrer
3735
8
Andy Roddick
3665
9
Fernando Verdasco
3240
10
Mikhail Youzhny
2920
やはりGS三大会優勝の差は大きいですね。
ラファは来年このポイントをディフェンドするのが大変ですね。
ロジャーはそれを毎年やってたのを考えるとやっぱりすごい。他の選手が上がってくるとそれまでのロジャーの成績が引き立って見えます。
さて、来年のロジャーは。
春先のマスターズ、FO、Wimbyで少しでも上をいけばいいだけ。
この大会でフォアハンドの復活に加え、バックハンドの攻撃力、展開力を示したロジャー。
来年が楽しみ〜♪
| 17:47 | ATP Finals 2010 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 17:47 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>