わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Madrid 2011 R3
Mutua Madrid Open 2011

Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Madrid, Spain
Date: 01.05.2011-08.05.2011
Draw Size: S-56 D-24
Surface: Clay
Prize Money: € 2,835,000

3rd round
[3] R Federer (SUI) d X Malisse (BEL) 64 63

今日のバンダナとリストバンドはConcordでした。
同じ色にしないことが2大会続けてあるのはここんとこなかっただけに珍しいですね。
そして、サーブ時に肘と肩の角度が90度ではないんですね。
肩の筋肉があるから痛めないのかなぁ。

初戦より早い時間、さらにサマータイムを頭に入れてなかったため、試合開始30分たってしまったあとから観戦。
ゲームは1stセット1ですでにブレイクアップした後の4-1。
しかし、見始めたらブレバされ4-2に。。。
見始めたとたんマリッセのプレイに押されてしまったのかと感じました。
なにせ彼は強打のインパクトが半端ないですからね。それにサービスも良い。

1st set(64)
RF KBK K   KB
XM    K KBK

2nd set(63)
RF K K KBK K
XM  K K   K

初戦から見ていると、ロジャーは一つショットを増やしたんではないかと思いました。
それはフォア側足元に来たボールをハーフスイング気味に救い上げてクロスへもっていくショット。
弾道が高めで、バウンド後に球足が長くなり、速さはないが、ラリーの中に相手を崩すポイントとして使えるように見えました。
ロジャーのプレイはたとえクレーであっても展開の早さが特徴的で、高い弾道が来てもハーフバウンドで処理して相手に時間を与えないショットが多い。
クレーはイレギュラーが多く、難しいプレイになりますが、それをなんなくやってのけてます。
前回のモンテカルロと今回ではそれに加え、相手が強打で押してきた場合、落ち着いてゆるくても相手コートに返して自分の時間を作るようにしてました。

それにしてもロジャーのバックハンドを見ると、肩甲骨・肩(周りの筋肉)の柔らかさを感じます。
ワンハンドバックで高い弾道にスピンをかけるとなると、やはりここまで身体をそらさないと押されてしまうんでしょうね。


デルポの棄権によりラファが楽々QFへ。
好調デルポのフォアハンドが炸裂してラファと競る姿が見たかったのに。。。残念。
ジョコビッチはもう放置です。
好きなだけやっとくれw
| 21:38 | MS Madrid 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 21:38 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>