わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Madrid 2011 QF
Mutua Madrid Open 2011

Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Madrid, Spain
Date: 01.05.2011-08.05.2011
Draw Size: S-56 D-24
Surface: Clay
Prize Money: € 2,835,000

Quarter final
[3] R Federer (SUI) d [5] R Soderling (SWE) 76(2) 64


1st set(76(2))
RF K K K K K K
RS  K K K K K K

tiebreak
RF KBB KB KK
RS    B  K

2nd set(64)
RF  K K K KBK
RS K K K K

1stセットは2nd, 4th, 8thゲームとロビンがLoveゲームでキープ。
5-4の時点でサービスゲームが平均3'35" : 1':37" とロジャーの方が長く、苦しんでるように感じましたが、実はこのセット一度もBPをとられてないのです。
逆にスムーズにキープしていたロビンが6thゲームあたりからロジャーのドロップショットに揺さぶられ始め、風が出てきた影響か(マイクで拾えるくらいの強い風でした)、1stサーブの確率が落ち始めました。
ロジャーのリターンが返るようになると10thゲームで40-15からDF、スマッシュミスで40-40。ここからもつれてBP×2を握ります。
ロジャーのドロップショットが効果的で、完全にロビンが追いついていたボールもフレームショットをしたりと試合の流れが変わりました。
だんだんロジャーのペースにはまり、タイブレイクも一方的なスコアで先取。
7thゲームのリターンに入る直前にあわててラケットチェンジしたロジャー。
集中力が落ちて忘れてたのかと思ってましたが、どうやらそうではなかったようですね。
駆け足でベンチに行ってささっとラケットをとりだしたマナーはすばらしい。
お客さんも拍手していてとても良いシーンでした。

左足に注目。クレー独特の足さばき。
内側でエッジをたててブレーキをかけてます。これ、なかなかできないんですよねぇ。。。

セット間、ロジャーはベンチに座るとタオルを腰に巻いてました。
こんなシーン始めてみたかも。たしかに風があって寒そうだったけど、肩でなく腰にあてるのははじめて。
腰を冷やさないようにってことなんだろうな。

2ndセット、ロビンは1st, 3rd, 5th, 9thゲームと毎回サービスゲームでDFを出してました。
風の影響なのかロジャーのプレッシャーなのか。おそらく二つともでしょうね。
1stセット後半から打ち続けていたバックのドロップショットで前後に揺さぶられ始めてからリズムが狂ったロビン。
05年あたりにスライスなのかドロップなのか、「スライスショットを短く放ったバウンドしないショット」というのが一番しっくりくるドロップショット。
これがこのセットも効果あり。
しかし、2-3のサービスゲームで0-30から15-40とピンチに。
フォアハンドクロスのエースで「C'mon!」と久々に出た雄たけび。30-40。
ライン際に落ちたボールに抗議するロビン。マーフィーさん、最近見る試合見る試合、どこでも選手とやりあってますね。いや〜な雰囲気になってしまいます。。。
このゲームは深いリターンもうまく処理して逆転キープに成功。
5-4の9thゲーム。
DFで30-30となり、ディフェンス時のバックのスライスがネットインとなり3rdゲーム以来のBP。
3rdゲームから出してなかったドロップショットをここで出し、バックボレーで処理してブレイク成功。
最後はLoveゲームキープ&ゲームセット。
完全にロジャーの試合でした。緊迫感あり、ロジャーらしさあり、満足いく試合でした。
BP wonはなんとRF 1/6 : 0/2
ロジャーがまったく与えてなかったということが判明。今のロジャーなら1/6回で成功というのはあまり考えないことにしてます。

この画像だとシューズの色がGridironに着色されてるのがよくわかります。

試合終了直後のオンコートインタビュー。
風が強かったのがよくわかります。
二分割された画面にハイライトが流れるのが良いですね。
やはりブレイクしたゲームのあのネット際のロブがロジャーらしくて最高です。

そして、ATP側へのオフィシャルインタビュー。
いつも思うんですがこれって記者がたくさんいるいわゆる一般のプレスインタビューとは別撮りですよね。
プレスインタビュー後にあらためて答えてるんでしょうか。
いやぁ〜大変ですね。同じ質問もあるだろうに。コメントも遣いまわすこともどうかと思うし。
どこかで見たGS(WimbyかFO)のスペシャル番組で試合終了後のプレスインタビューを6thセットとナレーションしていた(1試合におけるプレイヤー最後の仕事)のがよくわかります。
GridironのRFキャップを被ってる姿を始めてみました。 RFキャップ、RFジャケットともにGridironの組み合わせってしまってていいですねぇ〜♪
| 17:10 | MS Madrid 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 17:10 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>