わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Madrid 2011 SF
Mutua Madrid Open 2011

Category: ATP World Tour Masters 1000
Place: Madrid, Spain
Date: 01.05.2011-08.05.2011
Draw Size: S-56 D-24
Surface: Clay
Prize Money: € 2,835,000

Semi final
[1] R Nadal (ESP) d [3] R Federer (SUI) 57 61 63


試合前に亡くなったプロゴルファーのバレステロスさんへ黙祷。
ラファが喪章をつけていますが、ピンでとめておらずシールっぽいものなので、試合中ぽろぽろとれてしまいます。
チェンジエンドの際、毎回貼り付けてるけどそれってどうなのと思いながら見てました。
すぐとれるのは予想できたし、喪章がとれるってなんか故人に失礼に思えました。
インプレイでとれてたんじゃないかなぁ。それってLetになるんじゃなかったっけ?

1st set(75)
RN BK K K   K
RF   K K KBK KB

2nd set(16)
RN BKBK KB
RF     K

3rd set(36)
RN K KBK K K
RF  K   K K

1stセット、いきなりスタートでこけたときはマイアミのような試合になるんじゃないかと心配しましたが、4thゲームではラファのサーブに慣れ、返球できるようになってきました。
まぁ、あれだけバック側に打たれれば慣れるよね(^^;
それからフォア、バックともショットが切れてきました。
8thゲームでブレイクするあたりからラリーでロジャーが優勢に。
ラファの早い返球もハードヒットでDLへ展開、クロスへ深く返すミスのない強いロジャー。
5-5、11thゲームで0-40から逆転キープすると、次のゲームを30-30からロジャーならではのバックハンドパスがきまりBP。
ボディサーブをうまく返球したあと、フォアのDLがエースとなり1stセット先取。
出だしから考えてここまでうまくいくとは思いませんでした。
良いラリーが多く、久々に見ごたえのある試合。
BP wonもRN : RF = 1/5 : 2/5 と僅差であることがわかります。ロジャーの1stサーブが45%なので、これがあがれば2ndはもっと楽にとれるんじゃないかと思いました。

2ndセットは1stサーブが入っていてもその後のラリーでポイントを失い、ミスジャッジでまさかのブレイクダウンスタート。
ミスジャッジといったのはグラフィックで再現したボール跡がラインにかかっていたため。
ロジャーはラーヤニさんに「こっちの跡だろ」というも当然受け入れられず。
チェンジエンドでベンチに戻っても「君はあそこ見てないだろ」と怒りがおさまらず。

2ndゲーム、BPをつかむもブレイクできず。このセット、実は毎回ラファのサービスゲームでBPを握ってました。
ここまで抗議するのは09USO決勝のとき以来かと。たしかに重要なゲームで重要なポイントだけど、若干受身だったことがミスジャッジにつながったんじゃないかなと思いました。
あれだけ抗議したんだから、すっかり気分を入れ替えたかと思ったんですが、意気消沈したかのようにBPを握ってもアグレッシブにいかず、サービスゲームもなかなかリズムにのれない。
唯一キープした5thゲームもWブレイクされふっきれたかのように淡々とサービスを打ち、さくさくポイントを重ねて40-15、このままキープと思われましたが、40-40×3までもつれました。
こんな展開でも「Oh. It's Beautiful...」とため息交じりな実況がほっとさせてくれました。
こんなコメント、ロジャーのプレイじゃないとなかなか聞けないなと(わいは音声を英語にして見てます)。
このセットから1stサーブの確率をあげてましたが、なかなかキープできませんでした。

ファイナルセット。ラファは1st, 3rd, 5thとLoveゲームキープ。
ロジャーも持ち直してサービスのリズムをとりもどしましたが、1stセットほどのショット、粘りがなくなりました。
ミスが多くなると厳しくなりますね。4thゲームでふんばりきれず、あっさりブレイクされると底力も見られませんでした。
9thゲーム、ようやく攻め始め30-40とブレイクバックのチャンスがきましたが、とりきれず、ゲームセット。

2ndセットの出だしのミスジャッジがあきらかに流れを変えてしまいました。
BP won RN : RF = 5/12 : 2/11
BPの数に差はなかったけど、取りきるかどうかに差がありました。
今日のロジャーなら勝てると思ったのに、非常に残念です。

試合後のインタビュー。
1stセットとファイナルセットは接戦で、良いショットがよく出てた。
2ndセットはダブルブレイクされて云々。
でも、良い大会で満足って感じ。表情からがっくりきてるようには思えないけど、ポイントが減算されるのでファンとしては残念。

最後にプラクティス動画。
軽く打って足突っ立ってるけど、一瞬でためを作ってるので、ちゃんと体重のってるんですよね。
一瞬のためとインパクト時にのみ力を入れて打ってるのがわかります。

それにしても最近このポケットつきのTeeをよく見ますねぇ。
そしてちょっとデカパンのやつも見るようになりますw
| 20:07 | MS Madrid 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 20:07 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>