わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
FO 2011 R4 またしてもスタンとQF
French Open 2011

Name: Roland Garros
Category: Grand Slam
Place: Paris, France
Date: 22.05.2011-05.06.2011
Draw Size: S-128 D-64
Surface: Clay

4th round
[3] R Federer (SUI) d [14] S Wawrinka (SUI) 63 62 75

コイントスのときにお互い笑顔が見られました。
ロジャー、良い表情でしたね。
こういうときってどんなこと話してるんだろうと毎回気になります。

去年に引き続きまたまたQFでスタンと。
ツォンガとの死闘で2セットダウンからカムバックしたスタン。
セットを落としてないロジャーとフルセット後のスタン。
フィジカル的にロジャーが有利であることは間違いないですが、タフなゲームを切り抜けた自信がスタンにはあります。
去年は2ndセットでタイブレイクにもつれ、セットポイントまで取られました。
瀬戸際でロジャーがペースをかえてスタンのリズムを狂わせたあたりから一方的になった記憶があります。

1st set(63)
SW  K   K K
RF K KBK K K

2nd set(62)
SW K     K
RF  KBKBK K

3rd set(75)
SW KBK K   K
RF    K KBK KBK

1ポイント目からハードヒットしてはたきまくってました。
スタンとの対戦はいつもこんなスタートな気がします。とにかくばっかんばっかん打ってスタンの自慢のショットを押さえ込もう、自信をなくさせようとする意図が感じられました。
そして、ハードヒットの感覚に慣れさせた後、大事なポイントでゆるい球、スライスで弾ませない球を交ぜてリズムを狂わせる戦略だろうと思いました。
スタンはやはりバックを狙ってきましたが、ロジャーはミスなくハードヒットで処理できてました。
今大会、バックにしろフォアにしろ「おや?」というミスがありません。
たまにボレーも含めミスがポロポロっと出る時間帯がありますが、それが続かないので相手につけ入る隙を与えてません。
おそらくR1のフェリロペ戦で良い集中でスタートがきれたため、トーナメントの勝ちあがりによるリズムがよくなってるんだと思います。

バンダナのスウォッシュ。本来Team Redですが、汗でぬれると黒く見えますね。
汗で色が変わるって、そうとうな発汗量なんでしょうね。

1stセット、ブレイクした4thゲームでは、フォアのDLでエースで「ぜほ・きゃんた:0-15」、DFで「ぜほ・とーんと:0-30」、ハードヒット+ゆるいボール+アングルショットで「ぜほ・きゃほんた:0-40」ここからLoveゲームでブレイク「じゅ・ふぇでれ」
今日の主審はフランスのセドリック・ムーリエさんなのでコールが綺麗だし滑らかでした。
ブレイク後の大事なサービスでは、スタンに押し込まれながらバックのスライスでDLへパスし、ライン上にコントロールするロジャーならではのショットが見られました。
この試合は、このようなミラクルショットがこの後2回もでました。
よほどフィーリングがよかったんでしょう。ファンはとても有意義なポイントを見ることができましたね。
1stセット終盤にエラーが増えて、ラリーも多くなってきましたが、サービスゲームで先攻されながらもきっちりポイントをとってキープできてました。

2ndセット。1stセット終盤のリズムを考えると、少し競ってくるかなと思いきや、まさかのWブレイクアップの一方的な展開に。
バックを狙われてもスピンをかけて深く返しているので、スタンのショットが短くなると一気に回り込んで叩き込んでました。
ブレイクした3rdゲームでは、この日二度目の魅せるショットが出ました。
ラリーでスタンに振られていましたが、短くなったボールをドロップに見せかけてフラットで深く処理しました。
スライスショットに見えましたが、スローで見たときはフラットで押し込んでました。
なかなか見られない展開、ショットだけに驚きました。
続くサービスゲームでもスタンの鋭角なリターンを手首だけでコントロールし、フォアのクロスがエースに。立て続けにミラクルショットが見られました。
5thゲームでは、ディフェンスが活き、30-40からWブレイクに成功。ディフェンスでポイントがとれるのはフットワークが良い証拠。
ほんとによく足が動いていました。
圧巻だったのは、SFSで30-0、スタンが開き直った感じで回り込んではたいたリターンをフォアハンドで切り返すという反応+コントロールしたショット。
たしか、同じようなシーンを09USO QFのロビン戦でも見たような気がします。たしかナイトセッションだったかと。

このリストすごいよね(^^;

3rdセット。セット間でスザンヌ・ランランへカメラが切り替わりしばらくライストで観戦。
フォニーニvsモンタネス戦がファイナルに入り、フォニーニがメディカル・タイムアウトをとって・・・とかやってたらどーなるかWOWOW側が気になったようで、そのままフィリップ・シャトリエに切り替わらず。。。
その間ロジャーはというとDFで0-30、サービスポイントで15-30としますが15-40とこの日はじめてBPを握られてました。
ここでWOWOWが戻しましたが、このBPに実況がこれまでの一方的な展開に退屈していたのか、やたらとうれしそうな声で叫んでましたね。
30-40からブレイクされてしまいました。
スタンキープ後、ロジャーもキープし、サービスリズムを取り戻したので、ロジャーの集中が落ちたわけではなさそうなので心配しませんでした。
1-4、6thゲームをLoveゲームキープ。完全にリズムを戻したロジャー。
7thゲームのリターンでプレッシャーをかけてきました。
バックハンドでリターンエースをとり15-30とリードすると、この日はじめてのガッツポーズが出ました。
30-30から回り込みフォアで押し込んで30-40.このBPもリターンで優位に立ち、ブレイクバックに成功。
今日もサービスゲームが好調なので、タイブレイクでも問題なかろうと思ってました。
しかし、ロジャーは5-5からとりにきましたね。40-30のGPから40-40、40-AとBPを握ったときはラリーで声を出してました。
二度目の40-Aでブレイクに成功。最後はフォアのスライスでディフェンスしたボールをスタンがネットにかけてしまいました。
ロジャーの強固なディフェンスとフォアの攻撃力にプレッシャーを感じていたのがよくわかったシーンでした。

それにしても怖いくらいな絶好調ぶり。
満足満足。
これで28大会連続Best8。ジョコビッチの連勝に騒がれてる中、ロジャーはひそかにコナーズのを抜き歴代No.1の記録樹立です( ̄ー+ ̄)ニヤリ

ライストで試合後様子を観ていたら、サインを書いてました。
ノートとでかいボールに。
サインと「paris 2011」と。
展示に使うんでしょうか?

最近気づいたんですが、BLXのエンドキャップが市販版と違いますね。
市販晩はゴールドだったはず。ロジャーのは全部黒っぽいですね。
まさか[K]6.1 tourのじゃないですよね。[K]のときは旧モデルのエンドキャップだったし。。。
今回のが[K]のPJ(ペイントジョブ)だったら1世代ごとに新調してるってこと?
グリップのカスタムでエンドキャップが変わっていると信じたい。
[K]を使ってたときのエンドキャップについてはこちらを参照→JPモデルだけなじぇ?

試合後、Eurosportに出演したロジャー。
このときは襟をたててませんね。襟が短いので立てたほうがよさそうなポロです。
今年はこのモデルのポロをよく着てますね。
たしかラファも着てたはず。わいとしてはGSポロの方が好きなんですが。。。
| 21:48 | GS FO 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 21:48 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>