わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
FO 2011 SF 記録を止める男
French Open 2011

Name: Roland Garros
Category: Grand Slam
Place: Paris, France
Date: 22.05.2011-05.06.2011
Draw Size: S-128 D-64
Surface: Clay

Semifinal
[3] R Federer (SUI) d [2] N Djokovic (SRB) 76(5) 63 36 76(5)

STOPPED THE JOKER!!!

ロジャーのガッツポーズはたくさん見てきましたが、このような拳をつきあげた格好ははじめてみました。
もう大爆発ですね。
しかもこれ、勝利直後ではなく相手と握手を交わした後なのです。
これもまた初めてではないでしょうか。
それほどこの勝利が大きかったということが分かります。メディアやファンはこのゲームがどれほど大きなものであるのかは十分に分かってます。

FO優勝者のグーガ、クーリエ、ナブラチロワ、ピアース、そしてイバニセビッチも観戦に来てました。
それだけ注目されたこの一戦。
やはり記録を止めたのはロジャーでした。
ラファのクレー81連勝。そしてジョコビッチの42連勝。
このままラファのFO6勝をとめてもらいたいです。
GS各大会複数回優勝、GS優勝回数をだれにも追いつけないほど取ってほしいです。
それこそサンプラスが明言した18〜20回くらい。
ロジャーは自分で記録をつくり、相手の記録を阻む記録がらみの男ですね。
今回も9年連続GS決勝進出という記録があります。

正直今回のゲームを観るまでジョコビッチの隙のないテニスに「ロジャーがどこまでやれるか」という心理状態でした。
FOでの経験はロジャーの方があきらかに多く、今回のコンディションからロジャーが無敵と言っても過言ではないジョコビッチを倒せる要素はいくらでもあるはず。
しかし、メンタルの部分での差がわいを不安にさせていました。

ラファvsマレーの試合では強風があり、二人ともラリーでかなり苦労してました。
これがロジャーとジョコビッチにどのような影響が出るか色々考えてしまいましたが、結果、試合がはじまるころは風がおさまってました。

1st set(76(5))
RF B  K  BK K K
ND  BK KB  K K
tiebreak
RF  KKB K   KKB
ND K   K BKK

2nd set(63)
RF K KBK K K
ND  K   K K

3rd set(36)
RF    K K K
ND KBK K K K

4th set(76(5))
RF K K K K  BK
ND  K K K KB  K
tiebreak
RF KB  K BKK  K
ND   KB K   KK

1stセット、1stゲームはラリー中に客席から声が入った影響でブレイクに成功。
現地では相当大きな声だったようで、多くのお客さんが立ってその方向を見てました。
それこそ事件が起こったかのような反応でした。
ロジャーもチェンジエンドでベンチに戻ったとき水を飲みながらチラッと見てましたね。
不可抗力からのブレイクということで、ロジャーも自分でとったポイントではなく、棚から牡丹餅のようなブレイクだったので、リズムが少し悪かったようです。
続くサービスゲームを15-40からぽろっと落としてしまいました。
まぁ、二人からしたらここからがスタートといった感じでしょう。
今日のロジャーはじっくりラリーをするスタイルでした。いつもなら早い展開で攻め続けるスタイルでしたが、この日はジョコビッチのディフェンス、カウンターを考えてかセンターとコーナーを深く突くミスの少ないラリーを選択してました。
ジョコビッチの表情がこれまでの自信のあるものとは違って見えました。
3rdゲーム、0-40.これまでミスが少なく相手を圧倒していたプレイが影を潜めました。
いつもなら優位にたてるショットもロジャーが切り返し、サーブもリターンされているところを感じ、プレッシャーがかかっていたんだと思います。
40-40×5、BPもありましたが逆転キープされました。ジョコビッチはサービスがよくなったので、ブレイク成功率はあまり気にしてません。
4thゲームは一気に早い展開にもっていきLoveゲームキープ。
5thゲームのリターンでも30-40とBPをとっていたので、ロジャー優位かと思いきや先にブレイクしたのはジョコビッチ。
6thゲームを15-40からブレイクされてしまいました。
7thゲーム、フォアのDL、クロスのアングルであっというまに0-40。15-40からフォアで押し込みブレイクバックに成功。
ここからロジャーコールがすごかったですね。ロジャーがパリの人たちに愛されてるのがほんとによく分かりました。
10thゲーム、15-40のBP(=セットポイント)をとりましたが、ここはとってほしかったですね。
5-6、ロジャーのサービスにプレッシャーがかかるゲームとなりましたが、0-15からフォアのDLが炸裂して15-15「C'mon!」と気合を入れました。
ここからエース×2で一気にGP。崩れずにキープできタイブレイクへ。
1-1からロジャーが短いボールをアプローチ。これが逆をついたはずがジョコビッチの正面へ。一瞬ドキッとしましたが、アングルのパスをなんとか追いつきこのボレーが深くなりスマッシュでキープ。
落としてもおかしくない展開だっただけにロジャーも「Yes!」と吠えました。
次をminiブレイクし、このままいけるかとおもいましたが、4-2のサービスでジョコビッチのフォアがクロスへ突き刺さり、miniブレイクバックを許しました。
4-3.リターンに入るとき、息を一つ吐きリラックスしようとするロジャーが映りました。
このようなロジャーを見るのは記憶になかっただけに、緊張感が一気に高まりました。
このポイントは取れませんでしたが、サービスをキープし6-5、セットポイントを迎えたリターンでスライスを使い、リズムを変えminiブレイク&均衡した1stセットを「もぎとりました。」

2ndセット。
1stゲームのサービスで30-40とピンチを迎えますが、エースで乗り切りキープ。
2-1、4thゲーム。ジョコビッチがこれまで見せてなかったバックのドロップショットを失敗しました。
ラリーで勝負しても打ち勝てない雰囲気を感じ取っていたのか、07年USOのときのようなドロップショットがふっと出てきたように感じました。
ここから40-40まで盛り返されたので、このドロップショットでリズムを崩したようには見えませんでしたが、フォアのDLで40-A、スライスのリターンでブレイクに成功。
結果的にドロップショットからブレイクされたといわれてもしょうがないです。
その後のリターンゲームもジョコビッチをゆさぶり、BPをいくつもとる優位な展開へ。
一方サービスもゆるぎなく着実にキープ。
SFSでは30-0で「C'mon!」と気合が入り、このままいくかと思われましたが、ラリーで推されて30-40と盛り返されてしまいました。
しかし、今大会はここからが違います。サービスポイントで一気にセットポイントをとり「Yeah!」、ラリーで二度も苦しいディフェンスを強いられるもこれを制して2セットアップ。
この試合を勝ったことで、2セットアップした試合は勝利する(175試合)記録を打ち立てました。

3rdセット。
とられるとしたら序盤にブレイクされてそのままキープといった感じになるんじゃないかなと思ってました。
残念ながらそれが的中・・・。
2ndゲーム、ドロップショットをミスし、15-30.DFで15-40.集中力が落ちたのか暗くなってきたのを気にするしぐさ。
アプローチ&ボレーで30-40と戻すもブレイクされてしまいました。
これまでゆるぎないサービスゲームだっただけにちょっとショック。
しかし、ロジャーは冷静でした。ニューボールの一つ手前のゲームに入るので(24ゲームが終了)ラケットチェンジ。
いつからか、ロジャーのビニールにはRFロゴがつきましたね。
最初は青帯に「ROGERFEDERER.COM」の白字が入ってたんですが、いつのまにかRFロゴになりましたね。

3rd、5thゲームとブレイクバックを試みましたが40-40からBPをとることができませんでした。
サービスゲームでは4thゲームで0-30と先攻され、30-30からアプローチにでたボールがジョコビッチのいる側に入ってしまい、正面にアタックされたパス(?)を処理しきれずBPを握られてしまいました。
ここから先攻されてからサービスで盛り返すポイントが減ってきました。
このセットは落としましたが、サービスゲームは後半リズムを取り戻したので次のセットにつながります。

4thセット。
1stゲームをLoveゲームキープし、今度はいいスタートが切れました。
4thゲームでミスが出始めましたが、リターンゲームなのであまり気になりませんでした。それにセット序盤ですし。
サービスも5th、7thゲームとLoveゲームキープしてるので安心してました。
しかし、徐々にジョコビッチのショットに押されるようになってきたので、ピンチがくるのは予想できました。
7thゲームでも40-0からラリーでジョコビッチのフォアのアングルに押し込まれてました。ここはDLに切り替えられたところをうまくバックのDLパスで乗り切れました。
ガッツポーズのあとに人差し指をたててました。ノッテマス(^^)

しかし、4-4.大事な9thゲームを0-30と先行されピンチ。
バックのスライスでうまくかわしてミスを誘い出し15-30「C'mon!」
ここからワイドのサービス、2ndサービスのエースでゲームポイントを取りますが、ここからが長かった・・・。
4つのエガリテから5つのGPがありましたがブレイクされてしまいました。
ドロップショットのミスとDFでBPを迎えるもラリーで差し込まれたりフォアでミスがでたりとなかなかキープできませんでした。
ジョコビッチのミスにも助けられましたが、ふんばりきれませんでした。
ジョコビッチのSFS。
ファイナルセットかと思われたそのゲームで一気に攻め立て0-40。
30-40からフォアのDLが綺麗にきまり、見事にブレイクバック成功。鮮やかでした。
「Yeees!」

5-5、11thゲームのサービスではブレイクバック後、30-40、40-Aと再びブレイクされそうなピンチ。
簡単にキープできる展開がなくなってきました。
サービスポイントで逆転キープ。
チェンジエンドの際、ウェアを変えてました。ここで気分がリフレッシュできたことでしょう。

12thゲームのリターンでもロジャーは攻め、40-40.ジョコビッチにリズムをつかませないようにしてました。

そして、運命のタイブレイク。
先にminiブレイクしたのはロジャー。フォアのクロスが鋭く決まりました。
しかし、サービスに戻った2-1でジョコビッチがやっと届いたボールがネット際に落ち、バックハンドの処理がロングに。miniブレイクバックを許しました。
ロジャーが主審に何かつぶやき、主審がお客さんにフラッシュをやめてくださいと。サーブのときかバックハンドのときか目に入ったんでしょうか。
3-2のリターンではバックのドロップショットをミス。空を見上げてました。
タイブレイクに入ったとき、時刻は21:30と話がありました。そうとう暗くなってたんでボールも見難くなってたのかもしれません。
次のポイントをminiブレイクし、ここからサービスポイント×2とすばらしいキープで6-3のMP。
お客さんが立ち上がって拍手してました。
ジョコビッチがこれをものともせずキープし、6-5.
サービスエースで決めてくれと思った矢先、センターへ。スピードはなかったものの、相手の読みをはずす綺麗な回転のかかったエースでした。

勝利直後、ロジャーはファミリーボックスを見て満足げに人差し指を立て、それからうなずいてから吠えました。
冒頭のガッツポーズもそうですが、こんなにいくつも感情を表に出すロジャーは始めてみました。
あとは優勝して泣くだけですね(^^v

客席からは「Roger!Roger!Roger!Roger!Roger!」
これにはもう感動です。
ビランデルがインタビューしているわきから実況と解説者の声が邪魔でしょうがありませんでした。。。
まぁ、フランス語だったのでよくわかりませんけど。でも、ロジャーの声が聞きたかったのです。

今大会は日差しが強く暑いかと思いきや、試合後にRFジャケットを着る姿をよく見ます。
雨は降らないけど、風がつよかったりと結構寒いのかもしれませんね。
それにしてもロジャー。とてもうれしそう。
歯がたたなくなったジョコビッチに勝てたこと、連勝を止めたこと、決勝にいけたこと。
ファンとしてはこれだけでうれしいんですが、ロジャーのこの表情を見るとうれしさが何倍も膨らみます。

「こういった試合為に人生をかけて練習してきたんだ」
最高です。

いつも思ってたんですが、おでこの日焼け位置とバンダナの幅から、つける位置が結構上だってことが分かります。
その上から髪の毛が出てるわけで。おでこあたりの生え際の髪は外に出てないんでしょうかね。
なんて久々にグッズ以外のマニアックな話でした( ̄▽ ̄;

練習動画を発見。
着ていたTeeを見るとおそらく相手はベックでしょう。


プレスカンファレンス。
| 14:08 | GS FO 2011 | comments(4) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 14:08 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








いつもフェデラーの話楽しく読ませていただいてます。ありがとうございます。

ところでわいさんはもうRFベストはご購入されましたか?ブログにまだ話がないので書いて見ますが、実はpdtとtennisnutsですでに一部のウィンブルドンギアが売られていました。ワイさんだったらすでに購入済かも知れませんが…^^;一応nutsのほうはまだベストのsサイズが残っております。私はmサイズなので、pdtで買いましたが…イギリス限定かもしれませんので…まあ、去年のカーディガンにはいたらないと思いますが一応コレクションとして買いました。参考になったらいいかなと…(もし購入済みでしたらごめんなさい)
posted by パクラー | 2011/06/06 4:07 PM |
>パクラーさん
WBモデルはまだ買ってません。
FOモデルすらまだです(^^;
日本展開されてるRFブランドは売れ残りがあるため、安くなってから購入する予定です。
ただ、RFベストはジャケット同様日本展開されないでしょうね。
TWにアップデートされてから購入を考えます。

記事にはロジャーが実際着用しているところを見てから比較検討して載せる予定です。
posted by wai | 2011/06/07 9:59 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2011/09/18 4:51 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2013/02/22 7:34 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>