わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Wimby 2011 2nd week
Wimbledon 2011

Category: Grand Slam
Place: Wimbledon, Great Britain
Date: 20.06.2011-03.07.2011
Draw Size: S-128 D-64
Surface: Grass
Prize Money: £ TBD
Total Financial Commitment: £ 6,631,000

2nd week
この週も日ごとに記事をかける余裕がなく、まとめてアップ。
そのうち4th roundはコート1のため、WOWOW放送がなく、結果を知った後動画で確認。
やはり6度優勝していてもNo.3だと常にセンターコートとはいかないですね。。。
非常に悔しい。
やっと戻ったセンターコートではまさかの2セットアップからの逆転負け。
次の日も仕事あったので、4thセットをブレイクされたところで寝ました。
朝起きてがっくりきましたね。今まで2セットアップから負けたところを見たことがなかっただけに。
当然のようにメディア(というかWOWOWの中)ではこのことがネタにされるんだろうなと思いながら、会社へ。
この後決勝までやっぱり言われちゃってました。ロジャーの試合じゃないのに。
非常に悔しい。

今年はジョコビッチが自力でNo.1をとり、そして初Wimbyの優勝に新鮮な感じを受け、不思議とすっきりしました。
08年あたりのハンブルグSFではNo.2をかけてラファと死闘を演じ、かなわなかっただけに、今回のNo.1は格別だったことでしょう。

ロジャーは、今年もQF止まりでしたが、ポイントをディフェンドできたわけだし、No.2のラファとの差も縮まってきました。
シンシィ、上海、USO、最終戦とこれからも守るべきポイントが多いですが、攻めのテニスで去年以上のポイントを獲得していってほしい。

4th round
[3] R Federer (SUI) d [18] M Youzhny (RUS) 67(5) 63 63 63

1st set(67(5))
MY  K K K K K K
RF K K K K K K
tiebreak
MY  K    KKBBK B
RF K KBKK     B

2nd set(63)
MY K K   K
RF  K KBK KB

3rd set(63)
MY      KBK
RF KBKBK   K

4th set(63)
MY   K K K
RF BK K K KB

ユーズニーは安定したストロークとバックのダウンザラインが武器だと思ってます。
今回も長いストローク戦があり、ロジャーが崩そうとしてましたが、ユーズニーの粘りでポイントを取られているケースがいくつかありました。
1stセットのタイブレイクは先にminiブレイクをしたもののポロッとWminiブレイクを許して落としてしまいました。
少し嫌な雰囲気になってましたが、サービスゲームで不安な要素はなかったので、2ndセット2-2からLoveゲームでブレイクすると流れが一気に変わりましたね。
極めつけは3rdセット、ブレイクアップして3-0の4thゲーム、15-40のポイントでのtweenerロブ。ラファはよくロブをあげますが、ロジャーのロブははじめて見ました。

ネットにつめていたユーズニーが見えてロブを選択したんでしょうか。
ユーズニーもまさかのロブにハイボレーをミスしてしまいました。
しかし、WOWOWで流していたのは、1stゲーム、0-40からおいつき再び40-AのBPピンチで見せたバックハンドのダウンザラインでした。
たしかにこのショットが一つのターニングポイントだったのかも。
2ndゲームでも40-Aのポイントでバックのダウンザラインが決まり「C'mon!」
DFでブレイクに成功。ワンハンドバックのダウンザラインって芸術点高いですね。
4-0からユーズニーがキープすると持ち前の粘りが再びでてきて、SFSを30-40から落としてしまいました。
4thセットでは1stゲームをLoveゲームブレイク。2ndゲームはさくっとキープできませんでしたが、その後は3ポイント以上とられませんでした。
2-4、7thゲームでは30-40からブレイクできませんでしたが、3-5、9thゲーム、15-40、40-Aからブレイク&ゲームセット。

Quarterfinal
[12] J Tsonga (FRA) d [3] R Federer (SUI) 36 67(3) 64 64 64

1st set(63)
JT    K K K
RF KBK K K K

2nd set(76(3))
JT K K K K K K
RF  K K K K K K
tiebreak
JT      B KK
RF BKKBB K  K

3rd set(46)
JT  KBK K K K
RF K   K K K

4th set(46)
JT  KBK K K K
RF K   K K K

5th set(46)
JT BK K K K K
RF   K K K K

1stセット、2ndセットともに余裕が見られました。
華麗なショットでツォンガを追い込んでました。
2ndセットからツォンガのサービスゲームがよくなり、タイブレイクに入りましたが、最初のポイントでボレーをふかし、そこから7-3と圧倒して2セットアップ。
3rdセット、1stゲームをLoveゲームでキープし、勝負ありと思われた3rdゲームで40-40、40-Aからブレイクを許し、これを守りきられてしまいました。
4-5、ツォンガのSFSで3度の40-40、2度のセットポイントを防ぎましたが、3度目でとられてしまいました。
結局、1stセットのブレイクからまったくBPがありませんでした。
こんなにも押さえ込まれるロジャーは珍しい。
スタッツでBP won 1/1ってのがなんともさびしいです。

4thセットも1stゲームはLoveゲームキープして良いスタートが切れましたが、2ndゲームでブレイクダウン。
このセットもこのブレイクを守りきられてしまいました。
ツォンガがゾーンに入ると怖いのは重々知ってましたが、ロジャーなら崩せると思ってました。
しかし、今回はトリッキーなワンハンドバックが時折見られ、リズムが少し狂わされたポイントもあり、やりづらかったんじゃないかなと思いました。
ファイナルセットは1stゲームで15-40からブレイクされ、出だしに失敗し、負けてしまいました。
落としたセット、全て序盤でのブレイクダウン。かなり厳しいゲームでした。
| 19:23 | GS WB 2011 | comments(0) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 19:23 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>