わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
カウンセリングで次第に分かってきた
先日、心療内科のカウンセリングに行ってきました。

わいの病気は単なるうつ病として語れるものではなく、

パニック障害から二次的に発生した鬱、「パニック性不安うつ病」であることがわかりました。

その名の通りで、ある場面に直面すると(電車に乗ったりすると)、パニックになり、不安、恐怖を感じるようになります。

パニック発作により不安が長く続くとうつ病になります。

病状、今の鬱は「おまけ」みたいなものなど、自分の体が分かってきてちょっと楽になりました。

さらに、脳で起こっている現象も説明してもらっているので、精神の病気とはいえ、脳の働きがおかしくなっているわけで、この働きを正常に戻せばいいのかと思いました。

その脳の働きには、薬だけで治せる部分と自らの行動・考え方によって治る部分があります。

今は薬を飲みつつ自宅休養し、生活リズムを整えようとしてます。

夜寝られなかったり、昼間仮眠したりして、生活リズムが崩れ、体力も落ちてきているので、睡眠薬をもらって強制的に寝て、早く起きられるようにしました。

体力は、散歩したりして、なるべく多く身体を動かすようにして維持していこうと思います。

カウンセリングでは、苦手場面に直面したときの対応を考えていく方向にいってます。

実際に苦手場面にいくことになるんですが、それがまだちょっと恐いです。


診断では、あまり長く職場から離れると復帰が大変ということで、次のステップのことを言われました。

他のクリニックで職場復帰のプログラムがあるということなので、今年いっぱい休養後、来年から復帰に向けて動き出すことを考えている”ようです。”

ただ、パニック発作の治療と職場復帰の時期はまた別物なので、復帰できても治療は続きそうだなと思ってます。
| 10:43 | 健康 | comments(0) | trackbacks(1) | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 10:43 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waitaroaru.jugem.jp/trackback/736
わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」
| ネット専用商社 特選館 | 2008/09/11 11:48 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>