わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
09Wimby 3R
Wimbledon 2009
Wimbledon, London, Great Britain

3rd Round
[2] R Federer (SUI) d [27] P Kohlschreiber (GER) 63 62 67(5) 61



この日はソックスのウォッシュもゴールドでした。これも07年以来ですね。
このソックスは販売されないんでしょうかねぇ。
それにしても脇から見えるくらい大きい背筋はすごいですね。腹筋に目がいきがちですが(^^;

1st set(63)
PK     BK K
RF KBKB  K K

2nd set(62)
PK   K   K
RF BK KBK K

3rd set(67(5))
PK   K K KBK K
RF BK K K   K K
Tiebreak
PK K BKK  K B K
RF  K   KK B K

4th set(61)
PK    K
RF KBK KBK

この日のWOWOWは愛ちゃんの試合を優先したため、LiveStreamingで観戦。

1stセット、タフな相手には重要となる1stゲーム出だしのサービスゲーム、ACE×2を含みLoveゲームキープ。いつもながら良い立ち上がりでした。
するとすぐさま2ndゲームをブレイク。4thゲームもこの流れでコールシュライバーのエンジンがかかる前にブレイクに成功。しかし、次のゲームからコールシュライバーのいつものストローク力が出だし、押される形でブレイクバックされてしまいました。コールシュライバーが執拗にドロップショットをはなち、ロジャーが返せないシーンが印象に残ってます。タイミングとタッチが絶妙だったんでしょうね。
6thゲームのリターンでもBPをつかみましたが、キープされて1ブレイクアップのまま7thゲームのサービスへ。0-30と嫌な雰囲気になりましたが挽回してキープ。
締めの9thゲームでは流れを止めるACEをたたきLoveゲームキープ&1stセット先取。

2ndセット、1stゲーム、コールシュライバー立ち上がりのサービスゲーム。オンラインのボールがアウトと判定され、苛立ちからかおもわず「Charenge!」と叫ぶロジャー。これが成功。苛立ちがありながらもReplay the pointを集中して取ると、あまり見られないドロップボレーで変化をつけ、ブレイクに成功。このセットの流れも序盤からロジャーの流れに。
4thゲームのサービスゲームでは、この試合初のDFと1stサーブが入らず力んだ感じになり40-40までもつれましたが、ここからリラックスして1stサーブを入れるようにし、キープ。タオルで顔を拭いて気分を切り替えるタイミングが絶妙でしたね。

最近ロジャーがタオルを要求するタイミングに注目してます。特に長いラリーの後やBPがとれず40-40になったときなどに要求してます。ゲーム内のメンタルコントロールの参考になります。
5thゲームのBPではコールシュライバーがスリップしてブレイクに成功。2ブレイクアップ。つきがありました。
しかし、このコンディションはロジャーにもあるわけで、7thゲーム同じサイドで、40-A二回目のBPでこんどはロジャーがスリップしてしまいました。

おもわず声が出たのでヒヤッとしましたが、一つ屈伸をしてリターンポジションについたので大丈夫そうでした。しかし、その後のポイントはとれませんでした。
スリップ後のロジャーはあまり無理してポイントを取りにいかないように見えます。
まぁ、2ブレイクアップですのでその辺を考慮して次のServing for the setで決めれば良いとすぐ切り替えたんでしょうね。コールシュライバーのミスのないストロークにも対応できるようになり、リターンもほぼ全て返せるようになったので流れは完全にロジャーのものになってましたし。
締めの8thゲームは競ったラリーからバックのスライスロブが決まり、落ち着いてました。サービスもいぜん好調でACE×2でLoveゲームキープ&2セットアップ。良い形でこのセットも取れました。

3rdセット、このセットも1stゲームをブレイクし、2ndセットまでの流れで一気にいける感じがしました。
しかし、さすがシード選手ともいうべきでしょうか。このままでは終わらせてくれませんでした。
4thゲーム、30-40でこの日初めてのBPを握られるとそこから長いサービスゲームを強いられるようになりました。
40-40,A-40,40-40,40-A,40-40,A-40,40-40,A-40,40-40,A-40,40-40,A-40
二度のBPを逃れ、5度のGPでようやくキープできました。
ここから流れが少しずつ変わり始めました。
7thゲーム、コールシュライバーがLoveゲームでキープすると、8thゲームでは15-40とBPをにぎられピンチ。踏ん張れるかと思ったら、コールシュライバーのショットがネットインして不運な形でブレイクバックされてしまいました。
スコア的にも流れ的にも均衡、否、若干コールシュライバー側に傾き始めたのかもしれません。ラリーでもロジャーのダウンザラインの強打がひろわれるようになり、5-6で迎えたロジャーのサービスゲームでも30-40のBPとピンチがありました。このゲームはSaveできましたが、タイブレイクでは流れを引き戻せずminiブレイクバックするも取られてしまいました。

4thセットに入る前、ロジャーはバスルームブレイクとウェアを着替え、気分一新。
これが良かったのか、2ndゲームでDFから一気に攻め立ててブレイクに成功。
続く3rdゲームでは40-AとBPを握られるもACEで挽回してキープ。
6thゲームでもDFからラッシュをかけ、アプローチ&ボレーをからめ3度目のBPで2ブレイクアップ。
Serving for the Matchでは0-30から15-40とピンチになりましたが、この日一番のフォアの逆クロスをラインぎりぎりに決め、逆転してキープ&ゲームセット。

ラリーにつきあった感じから流れが傾きタイブレイクをとられましたが、結局5セットのゲームをうまくのりこなしたロジャーに軍配があがりました。バスルームブレイクの使い方も良かったですね。
ストレートセットのまま勝ち上がるより、タイブレイクやセットダウンなど長い試合、競った試合を途中で経験しておいた方が逆にメンタル的に充実すると思うので、この先タフな相手とのゲームを考えると良かったんではないかと思いました。

プレスインタビューです。
http://www.wimbledon.org/en_GB/news/interviews/2009-06-26/200906261246023590468.html
Q. What is the verdict on that today?

ROGER FEDERER: I thought it was a good match. I thought it was my best match of the tournament so far. I thought the rhythm was very high. We played a lot of tough points. I really thought, you know, from my side it was an excellent match.

Of course, you know, you also need the opponent to come up also with the goods to make it an exciting match, and I thought it was. Sure, I would have loved to win in straight, but he came back strong.

Maybe my serve let go just a little bit. But he started to pick side a lot as well and, you know, took the right decisions at the right time and deserved the third set in the end.

I was happy how I reacted. Thought I didn't panic. Was an excellent match in the end.


Q. Good for you terms of the tournament to have had more of a test?

ROGER FEDERER: Sure. I mean, why not? I mean, I thought I already played very well the first two matches. It doesn't really bother me how I come through. At the end of the day, it's important to come through and feel good when I walk off the court.


Q. Where were you and what were your immediate thoughts when you heard the news that Michael Jackson had died?

ROGER FEDERER: I was at the house late last night. Obviously, you know, I love his music. It wasn't clear, you know, what had happened, you know. So I waited for sort of to see what's gonna happen and the confirmation.

Sure, a very sad moment I think in the music world. You know, he touched many people. Same for me. But I'll obviously still listen to his music for many more years to come.


Q. What do you consider the aspect that you appreciate the most of his performances?

ROGER FEDERER: Well, I remember, I don't know, back maybe in '88 or '89, he came to Basel. I was outside of the stadium, because there was such excitement that he would come. I was still very young. I think I went there with my sister, and we just listened from the outside, you know.

Yeah, always listened to his music. And, yeah, it's sad. You know, it really is.


Q. A lot of people are inevitably already speculating, looking at the draw, a possible Federer/Murray final. I presume you feel that's fairly premature at this stage, would you?

ROGER FEDERER: Yeah, I think so. Yes.


Q. In a few weeks, Nelson Mandela is going to be honored in our country. Could you comment about your thoughts on him and your meeting him?

ROGER FEDERER: Well, unfortunately I've never met Nelson Mandela. Yeah, I don't know if I'm sad about it, but that's still definitely one of the dreams for me, you know, to have maybe a ‑‑ maybe getting to meet him.

But the thing is, it's hard to go down to Australia [sic] right now with the schedule being so full. But if I would go, I mean, of course I would try. Of course, only if he would like to.

You know, he's had an incredible life and he's been very inspirational to many people. He's definitely, you know, one of the peoples I would love to meet in my life.


Q. What do you think his legacy is?

ROGER FEDERER: I mean, I don't know. I mean, look, I mean, he's much older than I am, so I only know him sort of the end, you know, of his life. You know, it's the beginning of mine.

But I always looked up to him as a great man and very inspirational, that's for sure.


Q. Before playing the Wimbledon final, you will replay the Roland Garros final next round. What is your feel being playing Soderling once more? Can he be more dangerous on grass than clay?

ROGER FEDERER: Yeah, if you asked me before Paris, I would say he's definitely more dangerous on grass than on clay, but then you saw all those great matches he played in Paris and you're worried, too.

So he's definitely proven his point that he's a good all‑around player. I haven't actually thought about the match at all yet, you know. Too occupied with different things right now.

But I think it's going to be interesting to see, you know, how he's going to enter that match after coping with such a long tournament in Paris and see how fresh he still is. But I've played him here in the past, and I've played him on grass a few times now.

I've had success against him, but I know the danger because he hits extremely hard. Yeah, definitely got to be ready for that match.


Q. Your wife is pregnant obviously. Would you be happy if she gave birth in England? Would you be happy to have a son or daughter born in England?

ROGER FEDERER: I'm happy if the baby's healthy. That's most important right now.


Q. You broke Agassi's record today. 47th win.

ROGER FEDERER: Here?


Q. Yes.

ROGER FEDERER: Okay.


Q. Does that mean anything at all?

ROGER FEDERER: I didn't know about it.


Q. Just another record?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, it's not one I was dreaming about as a boy really (smiling). But it's nice to get. You know, I guess it's ‑‑ if you probably asked him, he probably wouldn't even know himself. So let's leave it at that.


Q. Fabrice Santoro has played his last singles match here. Are there any shots in his armory that you would have liked to have had or you'd like to acquire? It seemed when you played him you actually had quite a lot of fun. What was it like playing against him?

ROGER FEDERER: Uhm, yeah, he's definitely one of the players I like to watch most. I mean, he's so different to the rest. You know, was happy enough to play him a few times, and we've always had good matches. You know, he also beat me twice.

I think he's a great test for youngsters coming up, because it doesn't matter how great you are, he'll find a weakness in your game. Even though maybe there's not many there, he'll still make it really difficult for you to play well and to beat him.

That's the beauty of tennis. I think everybody has a chance. Doesn't matter if you're tall or, you know, smaller, it doesn't matter. And it's sad he's going out of the game, but he's had an incredible sort of 20 years of his tennis life.

I get along very well with him, so it's obviously sad seeing him going out of Wimbledon. But he's still got some tournaments left. Who knows, maybe we'll play each other down the road.


Q. That Santoro forehand, do you ever practice that?

ROGER FEDERER: I think all the players did it already once, but I can actually do it not bad. But he reads the game very well and he's got incredible touch. Many players, I think, would love to have that.


Q. Because of the unique day off here on Sunday, is there more of a sense here than anywhere when you get to the second Monday it's almost the start of a new tournament?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, I guess a little bit because I think it's the only Grand Slam that both sections of the draw play the same day. I think Monday, Wednesday and Friday, whereas maybe the other Grand Slams it's still overlapping. So I think, yeah, it seems like it's, you know, down to business in the second week.

I mean, sure, it's nice to start off, you know, with the second week. But this is where it gets really interesting for me, you know, as a top player.


Q. When you enter a match against Soderling with such a lopsided record in the past between the two of you, does that enter your mind at all either as a confidence boost, thinking he never has beaten you on any surface anywhere, or is there part of you that thinks maybe at some point he's got to win against me?

ROGER FEDERER: I mean, there's a bit of both. I mean, obviously you always figure there's only so many times you beat a player. But then at the same time, you get ready for every match, you know, in the best possible way.

I try not to underestimate because I respect all the players in a big way. And he's definitely one of those guys you come out and you might play well, but it still isn't enough, you know.

It's like today, for instance. Kohlschreiber, he hung in there even though I was playing great. That's what I expect with Soderling, as well. He's got a huge game. Now he's also got the taste of beating the top players. That only makes him more dangerous.

But I still think most important is, or what stands out to me, is that I've beat him so many times that it gives me an incredible amount of confidence, knowing that if I do play my game well, I should be fine.

But you never know. That's why I have to be very careful.

WOWOWサイトに和訳がありました。こちらも引用します。
http://www.wowow.co.jp/tennis/interview_05.html
Q:今日の試合を評価すると?

いい試合だった、ここまでの試合で、最高のできだったと思う。プレーのリズムがとても良かった。タフなポイントがかかった戦いが続いて、それをきっちりものにできていたから、僕にとっては素晴らしい試合だった。
エキサイティングな試合が成立するためには、当然相手も良いプレーをすることが必要なわけだけど、この試合はまさにそうだったと思うよ。3-0のストレートで勝ちたかったのは事実だけど、彼は力強く盛り返してきた。
もしかしたら僕のサーブは少し甘くなっていたかもしれないけど、彼が両サイドを頻繁につくようになってきて、適切な判断でもってプレーしていた。第3セットを取るに値するプレーをしていたってことだよ。
それでも、4セット目には僕が再度プレーを上げることができた。パニックに陥ることもなかったからね。それで最終的には最高の試合となったわけだよ。

Q:厳しい試練が、トーナメントを勝ち抜いていくために必要だったってこと?

そうだね。そうあってもいいはずだ。最初の2試合でも、とてもうまくプレーできていたと思っている。それでもどんな形で先に進もうと構わないわけだ。先に勝ち進んでコートを後にすることが重要なわけで、それで一日を終えることができればとてもいい気分でいられるからね。

Q:(この日)マイケル・ジャクソンが死んだと聞いたとき、あなたはどこにいて、どう思った?

僕は夜遅くに自分の家にいた。もちろん僕は彼の音楽が好きだった。何が起こったのかは明らかになっていなかったから、少し待って、どうなるか、そしてどんな発表があるか待っていたんだ。
もちろんこれは音楽界にとって、悲しい出来事だと思う。彼の音楽はたくさんの人々の心に響いていたからね。それは僕にとっても同じだ。これからも彼の曲を聴き続けるよ。

Q:彼のパフォーマンスのどんなところが気に入ってる?

うーん、僕が覚えているのは、恐らく88年か89年だと思うけど、彼がバーゼルに来たときのことだ。彼が来ることにすごい盛り上がっていたんだけど、僕はスタジアムの外にいたんだ。僕はまだとても若かったんだ。家族と連れ立ってそこに行って、会場の外で聞いていたんだ。
僕はいつも彼の音楽を聴いていた。とても悲しく思っているよ。本当にね。

Q:ここまでのドローを見て、フェデラー対(アンディ・)マレーの決勝を予想している人がたくさんいるけど、たぶんまだそのことを話すのには早すぎると思っているだろうけど、どうかな?

うん、そう(まだそのことを話すのは早すぎると)思うよ。

Q:数週間後に、ネルソン・マンデラがこの国で表彰されるが、彼のことをどう思っているか、また彼に会ったときのことを聞かせて。

残念ながら、僕はネルソン・マンデラに会ったことはないよ。まだ会えていないことを悲しく思うかは別として、彼に会うことは、僕の夢のひとつであることは確実だよ。
しかし、今すぐにオーストラリアに行くことは難しいよ、スケジュールが詰まっているしね。でも行けるなら、行ってみたい。彼がそれを望んでくれるかによるけど。
彼は信じられない人生を送っているし、多くの人にとても影響力を与えている人物だ。僕が会ってみたい人の一人であることは間違いないね。

Q:彼の功績は何だと思う?

彼は僕よりもだいぶ年上だし、僕は彼の人生の後半分のことしか知らない。言うなればそれが僕の人生の始まりなわけだからね。
でも彼は常に偉大な人物だと思っているし、尊敬しているし、とてもインスピレーションを与えられているよ。

Q:ウィンブルドンで決勝にたどり着く前に、4回戦では全仏オープン決勝と同じ対戦が控えている。(ロビン・)ソダーリングともう一度対戦することをどう思う?彼はクレーより、芝の上のほうが危険な存在だろうか?

うーん、もしそれをパリのトーナメントの前に聞かれていたら、クレーより芝の方が危険だと答えていただろうけど、その後彼がパリで戦ってきた素晴らしい試合を見てきただろう。
彼は自分がオールラウンドプレーヤーだということを確実に証明してみせたんだ。
僕はまだ実際にこの後の対戦のことを考えていないからね。今はほかのことで頭がいっぱいだからね。でも面白い試合になると思うし、彼が全仏で2週間にわたるトーナメントを戦い抜いたことにどう対処するか、そして、今どれくらいフレッシュな状態でいられているかとか、いろいろな側面で興味深いと思うよ。彼とは前ににここで対戦したことがあるし、これまでに芝の上で何回か対戦してきている。
これまでの彼との対戦には勝利してこれたけど、力強いショットで攻撃的にやってくる彼の危険さは理解している。
次の試合への準備は整ってきているよ。

Q:あなたの奥さんは妊娠中だけど、もしイギリスで出産できたら嬉しい?

赤ちゃんが健康だったら、それだけで大きな喜びだよ。それが今一番重要なことだ。

Q:あなたはアガシの記録を今日破った。47勝でね。

ここで?

Q:そう。

OK。

Q:あなたにとってどんな意味があるだろう?

そのことを知らなかったよ。

Q:ただもうひとつ記録が加わったということ?

うーん。子供のころから夢見ていたものではないよ(笑)。だけど素晴らしいことだね。でも、もし彼に聞いても知らないと言うと思うよ。だからこれはそれだけで良いんじゃないかな。

Q:ファブリス・サントーロはここで最後となるシングルスの試合を戦ったわけだけど、彼のショットで、自分も手に入れたいと思うものとか、習得したいと思うものはある?彼と対戦するときは、結構楽しんでいるように思えるけど、彼との対戦はどのようなものだった?

そうだね、彼はプレーを見ていて楽しめる選手の1人だよ、ほかの選手とはぜんぜん違うからね。僕は彼と何回か対戦できたことは喜びだし、僕たちの試合はどれも良い試合だったと思う。彼には2回やられているしね。
彼はこれから成長してくる若い選手にとって、良い模範だろうね。相手がいくら強大でも、彼は相手のゲームの弱点を見つけてくるからね。それに弱点があまり見つからなかったとしても、彼は競った試合になるようにうまく良くプレーして、簡単には勝たせないようにしてくるんだ。
それがテニスの美しさなんだ。誰にでもチャンスがある。自分が背が高かろうが、低かろうが関係ないんだ。そして彼が一線から退いてしまうのは悲しいことだ。しかし彼は驚異的な選手生活を20年間送ってきた。
僕は彼ととてもいい関係を築いてきたから、彼がウィンブルドンを去ることを本当に悲しく思っている。でもまだ彼にはいくつかのトーナメントが残っている。もしかしたらこの先で、我々が戦うことがあるかもしれないよ。

Q:サントーロのフォアハンドだけど、あれを練習することはある?

すべての選手が一度はやってみていると思うよ。僕は結構上手くできるんだ。でもそれだけじゃなくて、彼はゲームをとても良く読む目、頭をもっているし、絶妙なタッチでボールをコントロールすることができる。多くの選手が、そういうところをものにしたいと思っているだろう。

Q:ウィンブルドンはミドルサンデーのオフがあるけど、ここでは他では味わえないような、2回目の月曜が新たなトーナメントのような感覚がある?

うん、そんな感じはするね。ここは両方のドローのセクションが同日にプレーする、唯一のグランドスラムでもある。月曜、水曜、金曜には、他のグランドスラムではまだ重なっているからね。だから2週目にはプレーに集中することが必要となる。
もちろん2週目に突入できることは素晴らしいことさ。だけど僕にとっては、そこからが面白くなってくるところなんだ。トッププレーヤーとしてね。

Q:対戦成績で言うとソダーリングを圧倒してるけど、4回戦で対戦するにあたって、彼があなたを一度も、どんなサーフェスでも倒したことがないということは、大きな自信になる?それともいつかは彼が自分に勝つと思っている?

両方の思いが少しずつあるよ。もちろんある選手を圧倒し続けるのには、ある程度限界があることはわかるよ。同時に、どんな試合にでも準備はできるし、それを出来るだけベストの形で行う。
すべての選手をリスペクトをしているから、どんな相手だって過小評価することはないね。彼はこれまでの戦績でいうと、うまくプレーして勝つことができる相手かもしれないけど、それだけでは十分ではないこともわかっている。今日だって同じようなものだ。コールシュライバーは、僕がすばらしいプレーしていたのに、食いついてきていた。僕はソダーリングとの対戦でもそういうことがあるだろうと思っている。今の彼は、トッププレーヤーを倒すことに味を占めている。そのメンタリティーは彼の存在、彼との対戦をさらに危険なものにしているんだ。
それでも、僕にとってのよりどころとなるもっとも重要なことは、彼を何回も倒してきているってことだ。そこから生まれる大きな自信が、自分がうまくプレーすれば問題ないだろうと、思わせてくれるんだ。
といっても、結果がどうなるかはわからない。だからこそ僕は、とても注意が必要なんだ。
| 17:30 | GS WB 2009 | comments(2) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 17:30 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








わいさん、こんばんわ。

>ロジャーのタオルの使い方
第3セット、ブレイクバックされた直後のロジャー。タオルで顔を拭くのに、タオルがうまくひろがらず、不機嫌そうに、タオルを振りはらい、それから拭いていたのがとてもおかしかったです。

>ロジャーの背筋
 サーブのかなめですものね。ところで、臀部も大きくなってませんか。06年頃と比べると、だいぶん、体重も増えてますよね。頬のそげかたも違うし。
 キーファーに1セットとられたWimbyは、何年でしたかしら。キーファーがセットを彼から奪える唯一の天敵のように言われていた懐かしい時代です。あの試合中、カメラがロジャーの全身を完全に背後から撮った一瞬、彼の体が案外きゃしゃなラインを描いていることに驚いたのですが。
 キーファーに追いつめられて対峙していたロジャーは、小刻みなステップでぐんぐんネットに詰めて行ったのですが、その姿もどこかフェミナンでしたよ。もちろん、スタンドはロジャーが詰め寄るのにあわせて、いったいどうなるのかと声をあげて反応。今のWimbyはおとなしくなったような気がするのですが。
posted by ふじっこ | 2009/06/28 10:43 PM |
タオルをばさばささせたのは芝生がついてたからだと思ってました。

キーファに苦しんだのは06年AOだった記憶が・・・。
posted by わい | 2009/07/08 7:48 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>