わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
09Wimby QF 帰ってきた強いロジャー
Wimbledon 2009
Wimbledon,London,Great Britain

Quarter final
[2] R Federer (SUI) d [22] I Karlovic (CRO) 63 75 76(3)



ロジャーとカルロビッチの背は約20cmの差があります。
わいとロジャーが並ぶとこんな感じになるんだろうなぁ。
ちなみにAIGでわいの隣にカルロビッチが立ったんですが、わいの頭は彼のみぞおちくらいでした。
ヒッティングに丁度良い高さ。ぱこーんとラケットではたかれたりして・・・( ̄□ ̄;

今日のファミリーボックスには4Rにも来ていたアメリカ人歌手のギャビンがいましたね。去年は奥さんのグウェン・ステファニと一緒に観戦してました。グウェンはあのとき身重だったのですでに第二子が誕生したことで今回は来てない模様です。
また、ご両親も観戦してました。お父さんのロバートさんはほんとおだやかそうな表情で癒されます。毎回赤のRFキャップを被って応援していますね。

1st set(63)
I K  K   K K
RF K KBK K K

2nd set(75)
I K K K K K K
RF  K K K K KBK

3rd set(76(3))
I K K K K K K K
RF  K K K K K K
Tiebreak
I K K  K    K
RF  KK BKKB K



この試合はロジャーのリターンゲームでの集中力と予測にかかっていると思いました。
タイブレークに入った場合、どちらに転ぶかわからないけど、プレッシャーを跳ね返せるメンタルをかんがみると若干ロジャーに分があると思って見てました。

1stセット、ロジャーは4Rよりもさらに集中力を高め、サービスは回転、プレイスメント重視の速さを抑えたサーブでキープしていきました。後で振り返ると試合全体を通して速いサーブは3回くらいしか出してなかったんじゃないですかね。これもカルロビッチのリーチのある腕からのカウンター(特にフォア)を避けるためだとみました。
センターコートは日が差すと、画面手前側からサービスするとまぶしいようです。
4thゲーム、カルロビッチはこれに対応できなかったのか、ミスが続き、且つロジャーの絶妙な面作りでリターンエースに。アドコートからバックのダウンザラインがリターンエースになったショットはロジャーならではスイングでしたね。15-40とBPを握とこのチャンスを一度で決め、「C'mon!」と吠えるロジャー。早いゲームで吠えるのは珍しいです。それだけカルロビッチのサービスをブレイクするのは難しいと考えていたのでしょう。
8thゲーム、再びまぶしいエンドでのサービスで、1stポイントをとられると、カルロビッチはサングラスをかけました。サングラスをかけてプレイするのはティプシィ(ティプサレビッチ)、クレメント、鈴木貴男くらいなのでもっとかけてプレイしてもおかしくないのになぁと思いました。かけない理由は曇ったり汗がつくと視界をさえぎられるくらいかなぁ(昔、眼鏡かけてやってたときはこんなことで困ってました。)テニス用というかスポーツ用のサングラスってそのへんのデメリットを解消してそうだけどな。

2ndセット、6thゲーム、ラリーがあまり見られない展開でロジャーは強打をするようになってきました。長いラリー(5回以上のショット)は試合を通して1回しかなかったんじゃないですかね。それだけサービスだけorリターン後のショットでポイントが決まっていく試合でした。カルロビッチのサーブ&ボレー、ロジャーのサービス&フォアハンドエース、リターンエースで進んでいきまいた。
ロジャーのリターンは相手コートに返れば、前に出てきたカルロビッチの足元にボールをコントロールしてました。これがほんとにすごい。試合前練習していたと聞いていて、それが実践で、しかもカルロビッチのサービス相手にできるロジャーはほんと技術力随一だと示してくれました。そして、ボレーを打たれても落ち着いて見事なパスを抜く。バックのバスがほんとにすごかった。回転量が半端なく、カルロビッチのボレーミスを誘いました。
すると、ブレイクできる最後の11thゲーム、リターンエースで15-40とBPを握ると1stセット同様この1チャンスをみごとブレイク。すさまじい集中力をみせてくれました。

3rdセット、2セットアップから、カルロビッチのメンタル、フィジカルから逆転はないだろうと踏んでましたが、ここまでトップシードを倒してきてるので、安心はできませんでした。現にカルロビッチはUEでポロッとポイントを落とすことがありましたが、硬くキープしていました。
6thゲーム、ロジャーのサービスでDFから40-40のピンチがきましたが、ここからサービス力で押し切りACEでキープ。それ以外はLoveゲームキープで危なげないサービスゲーム。しかし対するカルロビッチのサービスゲームも破れずそのままタイブレイクへ。
予想された展開でしたが、タイブレイクは一方的でしたね。とにかく集中力が一度も落ちることがなくそのままどんどんゾーンに入っていった感じでカルロビッチが前に出てきてもこの日調子の良いパッシングで2miniブレイクアップ。そして7-3でゲームセット。

最近ロジャーはリストバンドだけでなくバンダナも観客にプレゼントしてますねぇ。あれ、汗で重くなってるから結構飛ぶんですよねw

しかし、この日のロジャーはものすごい集中力でした。それがよく分かるのが4RのUEの数:8つより少ない7つ。3Rから段々レベルが上がってきている感じです。SFは今日と同じくらいの集中力、またはこれ以上の集中力を出せるか注目したいです。

それにしても今日は去年シンシィで負けてる相手だけに足元すくわれないかなと若干心配してましたが、サービスゲームがとにかく安定していることと、リターンを必ず足元に沈めているところを見ていて安心しました。
GSでは調子を持続できるロジャー。集中力が高く、全く隙を見せないプレイ。そしてなによりフットワークが軽い。強いロジャーが帰ってきました。次も期待できます。

プレスインタビューです。
http://www.wimbledon.org/en_GB/news/interviews/2009-07-01/200907011246450438468.html
Q. Are you sick of look at that guy's serves?

ROGER FEDERER: I don't play him every week, so it's okay. Otherwise, if all the guys would be serving like that, that would be tough.

Q. Is he the most boring player to play against? It's serving and walking from right to left, left to right.

ROGER FEDERER: Look, everybody plays different, you know. Like I said before the match, I enjoy the match playing Ivo. It's not fair to call him boring. He's got a phenomenal serve. The way he backs it up with his volleys, it's quite something. I think it's exciting actually to go see him play.

Sure it's not easy to return it, but it's thrilling because at some stage it's gonna get close, you know, and that's why I was very happy the way I was able to play against him today. I thought it was an excellent match. I'm relieved I'm through.

Q. Before the tournament started, you said you wouldn't start thinking, it wouldn't creep into your mind, about Pete's record until maybe the semifinals. Now you're here. What are your thoughts about Pete's slam record and your opportunity here at Wimbledon this year?

ROGER FEDERER: Well, first of all, I'm happy the way I'm playing, which is always most important, is to focus on my own game.

So from that standpoint, obviously everything is good. I just won, you know, my quarters, so obviously my mind has not started wondering yet. I think tomorrow, you know, I'll prepare for a tough weekend ahead of me, you know, heavily.

Against Tommy I have to play, you know, a good match from the start. And as we saw in Paris, it was brutal. Yeah, it's gonna be tough. But, you know, I'm happy to be back into another semifinals. 21st in a row. It's amazing. Means the world to me. Let's see what happens now.

Q. And your thoughts on the significance of that slam record or major record?

ROGER FEDERER: Sure. I mean, we all know it. It would be writing in the history books of tennis, so...

It's not there yet. Still far away. Many points, many serves, many forehands. We'll see.

Q. Ivo said that as much as you're better than the rest on all surfaces, on grass you become impossible. What adds the difference on the grass?

ROGER FEDERER: Look, I don't know. Maybe I like to play short points, you know. I don't mind playing one‑, two‑shot rallies. I also don't mind longer rallies. I think especially on grass, all my strength, you know, becomes even better. I become so much more dangerous.

Maybe I move better than many players on grass, as well. Obviously, I have a lot of experience, as well. I think grass is a surface you can't maybe learn to play on so much and you don't get an opportunity that often, and that's why I think it's maybe one of the reasons why it's so hard to beat me.

Q. No one touched Karlovic's serve during the grass court season. Today he hit some big bombs at you and you're just reflexing back winners. Do you see the ball better than most other players do?

ROGER FEDERER: Well, I don't know. I mean, I still got 23 aces, you know. Many of them, you know, which he missed probably would have been an ace, too, if he wouldn't have missed. I don't know if I have anything special from that standpoint.

But where I'm definitely good is like when it really matters, and you get maybe only a couple chances a match, you know. During a match, I'm there, and I know I will believe in it. The opponent knows it, too. I'm trying to create, to make it as difficult as possible for my opponent, especially if he's a big server like Karlovic today.

Then you got to pick the right side sometimes as well. But I think this is where I might have the edge over some other players.

Q. You're understandably a private man, but you're approaching this wonderful week in tennis history. At the same time, you're going through an experience of becoming a parent. Can you share a little bit of how you're juggling those and dealing with those.

ROGER FEDERER: Well, I mean, I kind of went through it in Paris already. You know, going through semifinals, finals days, Mirka being pregnant, you know, it feels good, you know, because she's completely relaxed. That helps me in a big way, to not be distracted a whole lot.

But she's been very supportive, you know. I expected her to be a bit more nervous maybe or, you know, not feeling maybe so well. But she's been really terrific, you know, and that's made it easy for me anyway to concentrate on tennis.

We're just gonna try to, you know, push through this weekend, you know, and then after that she can completely relax, even though she is already. There's still obviously the pressure with all the big matches, and especially towards the final weekend.

But, yeah, I'm very happy the way things are right now. It's gonna be exciting, I'm sure, the rest now.

Q. You played Haas on clay, and maybe clay is not your favorite surface.

ROGER FEDERER: I'm a clay court specialist, if you haven't realized yet (smiling).

Q. May is not the favorite surface of Haas either. Do you think on grass he's even more dangerous than on clay? What do you think?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, I guess talking about him, I mean, he's definitely played much more tennis on hard courts than on any other surface just because he kind of grew up a lot in the States. He played a lot of tournaments over there. It's definitely been his best surface, you know, for most of his career.

But then again, you know, I think you see more and more guys who can play well on grass can also play well on clay. They're dangerous on all surfaces. If you're a good player, you're good everywhere normally.

And he's talented. He's always been one of the best ball strikers in the game. I think he's really gotten his game together again after some tough injuries. I actually played him before he got his surgery in Paris, and then I went on to play the Shanghai Masters, I think 2002 it was.

So he's had a rough few years, you know, behind him. But it's so nice to see him back. We're very friendly. We're good friends. You know, I hope we can live up to the expectations and repeat a good match like we had in Paris.

Q. 21 semifinals is certainly a testament to your excellence, but it also means you show up at every major. Can you talk about your durability a little bit. Why do you think you're so durable when other players seem to break down at some point?

ROGER FEDERER: Well, I mean, I think it's obviously not easy to, you know, play so consistent in all those four majors. But then again, you know, I have many goals outside of the majors: trying to win tournaments, staying healthy, you know, picking up confidence, winning matches and everything.

So it's not only the majors, you know, that count for me in my life. But it's nice, of course, to win on sort of the biggest stages. I can play my best tennis and stay in the tournament for a long time. Same as when it comes to the Masters Cup, as well. I've been very consistent there, as well.

It's fun, you know, playing the biggest matches. Especially I like playing best‑of‑five‑set matches. And maybe this is where, you know, I'm best at, you know, because everything comes out. Not only your mental strengths, but physical, tactical skills. Tactical skills, you know there needs a lot happening, you know, that I lose a match over best‑of‑five sets, you know.

There's many good guys out there I know it can break down in a second against. That's why I'm always very happy when I'm moving forward in the draw.

Q. Is there any chance in the world that you'll be involved in coaching after your career?

ROGER FEDERER: It's not the plan right now.

Q. Can it be taught?

ROGER FEDERER: I mean, I think I would have some good advice, but I'm not really thinking about it right now.

Q. Looking at the list of the final eight players, you, Roddick, Hewitt, Ferrero, all from your generation. Are you happy or surprised that your generation is playing great in this tournament? Do you feel a bit of not lonely anymore with all the young guns around?

ROGER FEDERER: To be quite honest, I'm very happy that so many guys have made it through, you know, to the second week, to the quarterfinal stages. Obviously we'll have Andy or Lleyton going through, you know.

Then also Ferrero. I'm very happy he's come a long way again, because sometimes he gets forgotten next to all the hype in Spain with Rafa, you know.

But it's fun, you know, to see also Tommy around after injury. You know, I like a good mix, 'cause it's not always just the young guys and me. You know, I mean, sure it's cool once in a while, but I still like to play the guys also who I used to play when I came up and who were my main rivals for many years.

So it's good to see. It seems like it's really exciting. I mean, we are also seeing some good matches right now.

Q. What is your sense of appreciation for the Williams sisters' dominance on the other side of the draw?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, it's been quite incredible what Venus has been able to do here at Wimbledon also, winning five times, just being so consistent for so many years.

Serena obviously having won, you know, the career Grand Slam already since a long time has always been one of the biggest contenders for any major, you know, in the last few years. I like to watch them because they're very powerful.

Q. What do you appreciate most when you do watch them?

ROGER FEDERER: Just that it seems when they're playing well that there's not much of a chance for the other guys ‑‑ girls.

Q. When you've been playing a guy like Haas for as long as you have, do you find yourself having to change strategies, and do you find the other veteran players changing strategies against you?

ROGER FEDERER: I didn't get the beginning.

Q. When you're playing a guy like Haas or Juan Carlos or Hewitt or any of the guys who you've been playing for a long time, do you find that the strategies they use against you or you against them have changed over the years?

ROGER FEDERER: Well, I mean, we all evolve as players, so obviously there's always a little bit of a change from both sides, you know. I mean, if you look at how I played Lleyton when I was younger, I used to come into the net, you know, a lot, chip and charge him, try to serve and volley him, you know, not make the rallies last.

But once I got better I wasn't scared to enter into the rallies. And then all of a sudden you have many and different opportunities, you know, in your own game, playing offense, playing defense, which before you only played offense and no defense really.

It was exciting to play like that. I think it's helped me a lot over the years, if I look back, that I played serve and volley here, almost first and second serve against Pete in 2001, and today I hardly ever play it anymore.

But it's definitely helped me to learn an offensive game. Then, I mean, but I think after a certain amount of years you have a very solid base, and then you start working on the little details, and the details come out in key moments of the match. I think this is where every player tries to make, you know, a big push in their own game.

Q. Of all your accomplishments, how important is it to you, the 21 straight semifinals?

ROGER FEDERER: It means a lot to me. Just being so consistent for so long and reaching it again, it's amazing. It's hard to believe I achieved it, because looking back it's not just I'm looking back on a few weeks or a month or a year or so, it's really way back now.

And even before that, I was in finals, I won a major before that as well. I just had it interrupted by Guga there, I guess. But it's been quite a streak I'm on, and I'm happy it's still alive.

Q. Against Tommy at the French, what do you think it was that carried you through that match most of all?

ROGER FEDERER: Belief, I guess. Very simple. Because I was playing well, you know, the first two sets, but he was ahead. So it was maybe hard to accept, you know, for some. For me, especially.

But I stayed calm and I knew that if the match was going to swing around that it was going to be really difficult for him. It's exactly what happened.

But new match, new tournament. We'll see what happens.

WOWOWサイトに邦訳が載ってました。
http://www.wowow.co.jp/tennis/interview_09.html
Q:あの選手(イボ・カルロビッチ)のサーブを見ると気分が悪くなるんじゃない?

毎週プレーするわけじゃないから平気だよ。でもすべての選手があんなサーブを打てるとしたら、相当きついよね。

Q:対戦するのが退屈な相手だったりする?サーブをして右から左、左から右に歩くだけになってしまう感じがするけど。

みんな違うプレーをするんだ。試合の前に言ったように、イボとプレーするのを楽しんでいる。彼を退屈と呼ぶのはフェアじゃない。彼は素晴らしいサーブをもっている。その破壊力で崩してボレーで決めるスタイルは、なかなか対処するのが難しい。実際彼がプレーするのを見るのは面白いと思う。
あのサーブをリターンするのは厳しいけど、今日の試合はスリリングだったよ。試合の途中では競っていたし、今日は彼を相手にああいうプレーができて勝てた。準決勝に勝ち進めてほっとしているし、満足している。とても良い試合だったと思う。

Q:大会が始まる前、あなたは「準決勝まではピート(・サンプラス)の記録(四大大会優勝回数14回でフェデラーと並んで歴代1位タイ)については考えないようにするし、それが心に浮かんでくることもないだろう」と言っていたけど、その準決勝までたどり着いた。ピートの四大大会優勝記録について、そして今年ここウィンブルドンでのチャンスについて、今はどう思っている?

そうだね、まずはじめに自分の今のプレーに満足しているよ。いつだってそれが最も重要なことだ。そうあることで、自分自身の試合に集中できるからね。
その点からすると、ここまで明らかにすべてがうまくいっている。僕は勝った。準々決勝に臨んでも、僕はまだ何も疑ってすらいないんだ。明日、この先のタフな週末に向けて、ちゃんと準備をしようと思っている。
(準決勝であたる)トミー(・ハース)に対しては、スタートから良いプレーをしなければいけない。パリ(の全仏4回戦での対戦)で見たように、本当に厳しい戦いになる。今回も難しい試合になるだろうね。でも僕はまた準決勝にいけてうれしいよ。(グランドスラムでは)連続21回目だろう。素晴らしいことだね。僕にはかけがえのないものだよ。次の試合ではどうなるのか、楽しみにしているよ。

Q:四大大会の優勝記録などの重要性についてはどう思う?

もちろん、その重要性を僕たち選手は十分に認識しているよ。テニスの歴史に自分の名前を刻むことになるんだから…。
でもまだその話をするところではないよ、まだまだ先のことだ。まだまだたくさんのポイントを戦って、たくさんサーブを打って、たくさんのフォアを打ち込む必要がある。でも、そのうちすべてが明らかになるんだろうけど。

Q:イボは「芝ではないサーフェスでもフェデラーはほかの選手よりはるかにうまくプレーするけど、ここの芝で彼を倒すのはほぼ不可能だ」と言っていたけど、芝でのプレーは何か違いがある?

自分ではどうかよくわからないな。でも、僕は手数をかけずにポイントを取れるようにプレーしているよね。それでも1つか2つのラリーも、それよりももっと長いラリーになってもかまわないけど。芝では自分のストロングポイントがさらに優位性を増してくるように思う。対戦相手にとってみれば、芝の上の僕はいつもよりずっと危険な存在になっている。
たぶん、僕はほかの選手よりも芝の上での動きが良いんだと思う。もちろん、芝でのプレーの経験もたくさん積んできた。芝のコートはそこでプレーする方法をあまり学べないサーフィスだと思うし、その機会もあまり多くない。たぶんそういうことが、芝のコートで僕を破るのがかなり難しくなっている理由だと思う。

Q:芝のシーズンでは、誰もカルロビッチのサーブに触ることができる人はいないし、今日も彼はあなたにまるで爆弾のようなビッグサーブを打ち込んできたわけだけど、それでもあなたはリラックスしてリターンして、エースを取っているように見えた。彼のサーブでも他の選手よりよくボールが見えているみたいだけど?

それはどうかわからない。でも僕からも23本のエースを取った。彼がエースを取れなかったポイントも、そのほとんどがミスをしなかったらエースだったものだ。僕が何か特別なものを持っているかなんてわからないよ。
でも僕が絶対的に勝っているところは、1試合に2、3度しか巡ってこないようなチャンスが巡ってきたときのプレーだろう。試合中、そんなチャンスが巡ってくると信じているし、そういう機会が必ずあることがわかっている。もちろん対戦相手もそれをわかっているんだけど、相手にチャンスが巡ってきたようなときには、そのポイントを簡単に取られないようにプレーするんだ。特に相手が今日のカルロビッチのようなビッグサーブを武器にする選手であればなおさらだね。
そういうときには、正しいプレーを選択しなければいけない。その点で僕がほかの選手よりも勝っている点かもしれない。

Q:あなたにもプライベートライフがあるのは理解しているけれど、今あなたはテニスの歴史の中でもかなり重要な意味をもつ週に突入しようとしている。しかもそれと同時にあなたは親になるという経験をしようとしている。そういう状況をあなたがどう対処しているか教えてくれないかな?

パリですでに話したと思うけど…。準決勝に進み、そして決勝の日も、(妻の)ミルカは妊娠している、それはいい気分だよ、彼女も完全にリラックスしている。そのことが僕の大きな支えになっている、いろいろなことに気を回さなくても大丈夫なんだ。
それは彼女がとても協力的でいてくれるおかげだよ。もう少しナーバスになるだろうし、そんなに気分がよくないだろうと思っていた。でも彼女はとても素晴らしい状態でいてくれる、そのおかげで僕はテニスに集中できているんだ。
ただ僕たちはこの週末を乗り切ろうとしている。そうすればその後は彼女は完全にリラックスできるからね。たとえ彼女がすでにそうであるとしても。明らかに大きな試合に関するプレッシャーはある。そして特に決勝の週末にかけては。
でも今物事の成り行きにとても満足している。残りはとても面白いことになるよ、絶対。

Q:あなたはハースとクレーでプレーし(て勝利し)たよね。クレーはあなたのお気に入りのサーフェスではなかったと思うけど。

僕はクレーコートのスペシャリストだよ、もしかしてまだ気づいていなかったかな(笑)。

Q:5月のその対戦は、ハースも得意としていないサーフェスだったけど、芝の上ではクレーよりも危険な存在になると思う?

そうだね、彼はアメリカで選手としてのキャリアを作ってきているから、ほかのサーフェスよりもハードコートでプレーしてきた数のほうが多いだろう。彼はそこでたくさんの大会に出てきたし、彼のキャリアの中でもハードコートが一番得意なサーフェスであることは間違いないだろう。
でも見ていてわかるだろうけど、多くの選手がクレーと同じくらい、芝でもうまくプレーできるようになっている。彼らはどんなサーフェスでも危険だ。良い選手だったら、どんなコートでも良い選手なはずだよ。
彼は才能がある選手だ。どの大会でも強力なショットを武器にするベストな選手の一人だ。本当に大変な怪我を克服して、自分のテニスを取り戻してきていると思う。僕は彼が手術する前に試合をしているし、それからマスターズシリーズでもプレーした、2002年だったと思う。
手術の後、彼は数年間、不調な時期を過ごしていた。でも彼が戻ってきたのはとても素晴らしいことだ。僕らはとても仲が良い友人同士だ。僕らが期待に応えて、パリでのような良い試合を再びできることを願っている。

Q:21回連続での四大大会準決勝進出は、あなたの素晴らしさの証だと思うけど、もう一方では、あなたがそのすべての四大大会に出場していることの証でもあるよね。この継続性、持続性について聞きたいんだけど、なぜほかの選手がどこかで故障しているのに、あなたはそんなに継続してトップレベルでプレーすることができているのだと思う?

そうだね、確かに四大大会すべてで続けてトップレベルのプレーをすることは、そんなに簡単じゃないことは確かだね。それに四大大会のほかにも、たくさんの目標に向かってプレーしているんだ。たくさんのトーナメントで勝つこと、健康な状態を保ち続けること、自信をつけること、試合に勝つこと、これらすべてだ。
だから自分のテニス人生において、四大大会だけが重要なものというわけではないんだ。もちろん最も注目を浴びる大会で勝つことは素晴らしいことだ。自分の最高のテニスをして、長くトーナメントにい続けられるんだからね。それはマスターズカップでも同じだ。その点で僕はずっと一貫してやってきていると思うよ。
大きな試合でプレーするのは楽しいね。特に5セットマッチでプレーするのは好きだ、たぶんこれは自分が一番得意な形なんだ。というのも5セットマッチになると、選手がもっているもののすべてが現れてくるからね。自分の精神的な強さだけでなく、身体的な要素、戦略的なスキルなんかがね。特に戦略面は、5セットマッチの試合に負ける原因になることがかなりある。
たくさんの良い選手が出場していて、あっという間に負けてしまうことだってありうるんだ。だから僕はドローを勝ち進んでいくたびに、とてもうれしくなるよ。

Q:自分のキャリアを終えた後、コーチとしてテニスに関わっていくのかな?

今のところそういう計画はしていないね。

Q:なぜそうなのか教えてもらえる?

僕のキャリアからすると、確かにコーチとしてよいアドバイスをすることができるだろうけど、でも今はあまりそういうことを考えてはいないってことだよ。

Q:ベスト8に勝ち残った選手を見ると、あなた、ロディック、ヒューイット、フェレロと、あなたと同じ世代の選手が多く残っている。自分たちの世代がこの大会でよくプレーしていることをうれしく思う?それともそのことに驚いている?それから若い選手に包囲されるよりも、今回みたいな状況にいるほうが、あまり孤独感を感じずにいられるだろうか?

正直言って、同世代の選手の多くが2週目の準々決勝まで残っていることはとても喜ばしい出来事だ。アンディ(・ロディック)とレイトン(・ヒューイット)は、(準々決勝で対戦するので)どちらかが準決勝まで勝ちあがって来るしね。
それから(フアン カルロス・)フェレロだ。彼がまたこの長い道のりをここまで来れてうれしい。ラファ(エル・ナダル)の影に隠れて、スペインのファンたちに忘れられかけそうになっていたからね。
でもトミー(・ハース)が怪我のあとまたここにいるのを見るのもうれしいよ。とにかく若い選手と僕だけということではなく、ほどよくいろいろな世代の選手が出揃っていることは良いことだ。時に僕と挑戦する若手という状況であってもよいと思うけど、以前から戦ってきた長年のライバルと言われる選手たちとプレーすることが好きなんだ。とても面白くなってきたね。とてもよい試合を展開しているでしょう。

Q:ウイリアムズ姉妹が女子シングルスのドローを支配していることは賞賛に値する?

ビーナスがここウィンブルドンでやってきたことは、とても信じられないことだね。5回優勝し、しかもその間、一貫してコンスタントなレベルで戦い続けているんだから。
セレナも勝ち続けているよね、四大大会のキャリアでいうと、すでに長いこと彼女はいつも優勝候補の一人に必ず挙げられる。僕は彼女たちのプレーを見るのが好きだ、とてもパワフルなプレーをするからね。

Q:あなたが彼女たちのプレーを見て、もっとも素晴らしいと思うことは何だろう?

彼女たちがうまくプレーしているとき、相手の選手にはほとんどチャンスがないように見えることだろうね。

Q:あなたはハースのような選手と戦う場合、何か戦略を変えなければいけないと感じる?それから、そのほかのベテラン選手があなたと対戦するときには戦略を変えてきていると思う?

質問のはじめの部分がわからなかった。

Q:ハースやフアン カルロスやヒューイットのように、あなたが長く対戦してきた選手と対戦する際に、この何年かで彼らのゲームプランを変えてきているだろうか?またあなたも彼らとの対戦でゲームプランを変えていたりするのだろうか?

誰もが選手として進化を遂げていってるとおもうんだ、だから対戦するとどちらからも少しずつ変化が生じていると思うよ。僕が若いころにレイトンを相手に戦っているのを見れば、よくネットに出てプレーしていたり、チップショットで攻めたり、サーブ&ボレーで攻めたりしていたのがわかると思うよ。そんなにラリーを続かせることはなかったんだ。
でも僕のプレーが向上していくと、長いラリーに持ち込むことを恐れなくなった。それで、突然たくさんのいろいろなチャンスが生まれてくるようになったんだ、攻撃一辺倒だった自分の試合に攻守のバランスを見出して、そこからチャンスが作れるようになったんだ。
そういうプレーをするのは面白いし、何年もの間にそれは僕の役に立ってきた。過去を振り返ると、ここでも2001年のピートとの対戦では、ファーストサーブでもセカンドサーブでもサーブ&ボレーをやっていたんだけど、今はもうめったにそういうプレーはしないだろう。
でもそういうプレーをしていたことは、攻めのテニスの試合を学ぶのに役立った。でもある程度、選手として年数を重ねていくと、とてもしっかりとした基盤ができあがってきて、もう少し細かい点にも取り組むようになるんだ。そういう点が試合の重要な瞬間に現れてくる。それはどんな選手でも相手よりも一歩でも上回ろうとする、とても大事なところで出て来るんだ。

Q:あなたの達成した記録の中で、21回連続での四大大会準決勝進出はどれくらい重要なこと?

いろいろな意味があるよね。長いことコンスタントにプレーし続け、そこにたどり着く、それはすごいことだよ。自分がそれを達成したとは信じられない気分だ。ここまでの道のりを振り返ることは、数週間や数ヶ月や一年という単位ではない、もうずっと前のことまで振り返ることになるんだ。
そしてこの記録がスタートする前にも、僕は決勝に進出していたし、タイトルも獲得していたんだ。ただ僕はGuga(グスタボ・クエルテン)に敗れたんだと思う(注:2004年全仏3回戦で敗戦している)。でもかなり長期にわたって出場を果たしているし、この記録がまだ続いていることがうれしいよ。

Q:全仏でのトミーとの対戦で勝利をつかむ原動力となったものは何だったと思う?

自信だと思う。とても単純。僕はうまくプレーしていた。確かに最初の1、2セットは彼がリードしていた。たぶんそんな状況を受け入れられないこともあるだろう。僕にとってもそうだった。それでも僕は冷静なままでいられた。そして試合の流れがそこで揺れ動いていけば、彼にはとても難しい試合になるだろうと思っていたし、それがまさに起こったんだ。でも次の彼との対戦はまた新たな大会の新たな試合だ。どんなことになるか楽しみにしていてほしいよ。
そうそう、最近柳氏の解説に順応してきましたw
本能で解説する、プレイに対して瞬発的に声をあげるので一観戦者としてのコメントとして聞いていると平気になってきました。
視聴者にこう思われる解説はどうかと思うけど、まぁ、対応方法によっては楽しめるということで。
それよりも久保田アナの声が生理的に受け付けないのが問題だ( ̄□ ̄|||
| 22:13 | GS WB 2009 | comments(3) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 22:13 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








波乱があるとしたらこの相手かなと思っていました。
リターンを返しさえすれば、あとはほぼ問題ないんですけど
そこまでが・・・なんですよね^^;
久保田さんってもともと声のキーが高いので、視聴者によっては好みが分かれそう。
島村さんの落ち着いた、いかにもNHK出身らしい実況が懐かしいです。
posted by じぇらーるふぃりっぷ | 2009/07/05 7:04 AM |
強いRogerが帰ってきた・・・。

あの、ドキドキハラハラの連続だったFOは何だったのかと思うようなWimbledonでの勝ち上がりぶりですよね。

どの試合も1st gameの立ち上がりから気迫が伝わってくるようですもん。

今晩はとうとう決勝ですね。
早く始まって欲しいような欲しくないような、不思議な気持ちです。

Andy Rも、GS titleはこれが最後のチャンスかも、くらいの意気込みで挑んできそうだから、ドキドキします。

でもRogerなら間違いない、と信じています(^^)。
posted by kc | 2009/07/05 3:30 PM |
>じぇれらーるふぃりっぷさん
島村さん良かったですねぇ。
また復帰とかないんですかね。。。
ゴルフの解説とかすごく落ち着いて聞けるので、そこから引っ張ってくるってできないんですかね。

>kcさん
SFまでロジャーはほんとに隙の無い戦いぶりでした。
決勝も隙があるわけではなく、SFまでの戦いに比べ、若干集中力が落ちた時間帯があっただけ。
GS15勝にふさわしい戦いでした。
posted by わい | 2009/07/08 7:57 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>