わいたろうの趣味を探す旅


還暦まで続くような趣味を探しています。
現在は、現役テニス界のLegendといわれているRoger Federerのツアー記録を主に記してます。
本ブログは情報提供するためのものではなく、あくまで趣味の備忘録として書き綴っているため、問い合わせ対応は基本的に行ってません。 *admin *RSS1.0 *Atom0.3

Weekly Waitaro
| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | NEWS & BLOGS | SPONSORS | MASTERS | GRANDSLAM | | OFFICIAL WEBSITE | LINK | RECOMMEND | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
09Wimby SF 7年連続決勝進出!
Wimbledon 2009
Wimbledon,London,Great Britain

Semi final
[2] R Federer (SUI) d [24] T Haas (GER) 76(3) 75 63

ハースのこれまでの戦いを見て、今日は接戦ながらも3-1くらいで勝てるだろうと踏んで、録画してエヴァ見てました(^^;
しかし、エヴァは今見てもはまりますね。登場人物は「エヴァー」と発音していたことに今頃気づきました。
DVD-BOX欲しくなった。



「あちゃ〜やっちゃったね〜」っていうシーンですw
しかし、この後のポイントは大きく崩れず集中してましたね。

1st set(76(3))
TH K K K K K K
RF  K K K K K K
Tiebreak
TH K  K  B
RF  KK BK BBK

2nd set(75)
TH  K K K K K
RF K K K K K KB

3rd set(63)
TH  K K K
RF K K K KBK



試合全体を通して、というかこれまでの試合でロジャーのサービスゲームはまったくゆるぎないものですね。
とくにこの日は40-40になったのも1度くらいしかなかったんじゃないですかね。Loveゲームor40-15でキープしてたので全く心配しなかったです。

1stセットこそ落とすかなと思いましたが、タイブレイクは結局2miniブレイクアップで先取。お互い1miniブレイクしたあとの4-3で、リターンエースで再びminiブレイクアップ、これで1stセットはいただきましたね。

2ndセット、ドロップショットはうまく決まりませんでしたが、バックのスライスロブは絶妙でしたね。SFのカルロビッチ戦では同じフォームからネット際足元に落とすボールを何度も繰り出していたので、ハースもタイミングをはずされて読みきれなかったようにみえました。
このセットは10thゲームで30-40と両者含めてこの日初めてのBP。ここで取れば一気に流れが傾きそうと思いましたが、40-40,A-40,40-40,A-40でキープ。FOから好調のハース、サービスでロジャーを抑えました。このセットもタイブレイクかなと思わせた12thゲーム。再び30-40とBPを握る。これはとれませんでしたが、ここからロジャーの粘り強いラリーが始まりました。40-40,40-Aと二度目のBPでブレイクに成功。圧巻だったのはフォアに振られた際、打点に身体をあわせるときのフットワーク。アド側からデュース側に最初は大股で走り、ボールが身体に近くなった瞬間、”ザザザッ”と音が聞こえるくらい足を刻みボールと身体の位置をあわせ、フォアで強打。今日一番ですごいと思ったロジャーのプレイでした。

3rdセット、ロジャーの集中力は全く切れないまま突き進んでました。対してハースは吠え始め、ロジャーのペースに苛立ちを見せるようになりました。こうなるとロジャーの勝ちは見えました。
5thゲーム、ロジャーがフォアのドロップショットで前におびき出した後、ハースがこれをネット際に返すと手を大きく上げて壁をつくりました。どんなことをしてでもポイントをとるという悪あがきにも見えましたね。しかし、ロジャーはこれに狂わされたのかロブをミス。二人ともしばらくその場に止まってしまいましたね。これには二人とも思わず笑ってました。珍しいシーンでしたね。40-30になりましたが、その後は即集中してこのゲームもキープできました。
すると8thゲーム。15-40とBPをつかむとここからロジャーの力押しが始まり、30-40,40-40,A-40,40-40,40-A,40-40,40-A,40-40,40-Aと5回目でブレイクに成功。Serving for the Matchではロジャーの好調を示すジャンピングスマッシュで決まりました。
このジャンピングスマッシュ。サンプラスのそれとは違い、フォームがとてもキレイなんですよね。ジャンプしてもバランスが崩れず、体幹がしっかりしていることがわかります。
記憶では'04ヒューストン、'07AO、'07USO、'08AOにもやっていると思います。

UEは15個とハースの調子を考えるととても少ない。それとサービスのポイント獲得率が1st:89%、2nd:81%と半端なく良いです。
次はロディック。マレーだとちょっと不安がありましたが、ロディックなら大丈夫だと思います。'04決勝のような流れになると厳しいですけど。。。
勝ち負けよりもなんといっても久々のニューボールズ対決。とても良い気分です。やっぱりこの世代が活躍しないとね。

プレスインタビューです。
http://www.wimbledon.org/en_GB/news/interviews/2009-07-03/200907031246619127437.html
Q. You looked extremely smooth and fluent today. Everything coming with ease. How do you feel yourself? Did you enjoy the match? Did you feel any nerves or tension?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, they're never easy, those big matches. But normally you always play better if your opponent's playing good, too. I thought Tommy, you know, was on a great run. I couldn't even get close to breaking him for almost two sets.

Sure, that makes it maybe a bit worried, but it's something that happens quite frequently on grass. It actually also is what happened to me in Paris, you know, where I wasn't able to break him for, you know, I think over also one and a half sets. Because I think I was up a break in the second.

I was really happy the way I played today. You know, I came up with some good stuff when I had to. Tough match, because Tommy was playing well.

Q. This is your record seventh Wimbledon final and your record twentieth Grand Slam final. If you win the Championship, you'll go back to No. 1 in the world. Which of those numbers means most to you, or do any of them mean anything to you other than winning?

ROGER FEDERER: Yeah, I mean, look, I'm very proud of all the records I've achieved, because I never thought I would be, you know, that successful as a kid. You know, I would have been happy winning a couple tournaments and maybe collecting Wimbledon, you know, sort of achieving the dream scenario, you know.

But not really all those records. But it's quite staggering now, you know, having reached again I think it's my sixth straight Grand Slam final I've achieved, as well. Having so many things going for me now again, opportunity again on Sunday, it's fantastic.

Quite amazing to be back in the Wimbledon final already because it seems like now all of a sudden everything happened very quickly.

Q. All sports have incredible records, marks. What does the history book mean to you?

ROGER FEDERER: I mean, I think more today than, you know, it used to be. You don't know all the records when you haven't been there. I mean, you know who won Wimbledon a ton of times, who's been No. 1 in the world for a certain amount of weeks, you know, who's won X amount of titles. Those are the big stats you might know if you're interested.

But then there are so many other records out there that people don't know except if you reach them yourself or if somebody reaches it. It's nice that they talk about them, because it gives me even more of an incentive to do well, you know, for myself.

I love playing against the younger generation, trying to beat those and then the next generation again and playing for the history books, but especially also playing for myself. There's a big incentive. I really enjoy that part of the game right now.

Q. Certainly the record for Grand Slam victories in singles is the most important record in our game. Could you comment on that particular record.

ROGER FEDERER: It's part of it, I think. It's a combination of many things. I think it would be wrong just to look at Grand Slam play. I think that's unfair to the other tournaments. It's unfair to the Masters Cup, which is an amazing tournament. I've also been able to win that one four times. For some reason, people don't really talk about it that much, which is a pity.

Then, of course, you know, the amount of titles you win, how consistent you've been, how you've been able to dominate, I think it all comes together.

But it's true that over best‑of‑five‑set matches and over two weeks, it is a true test. And that's why I think that a Grand Slam is definitely a part of that.

Q. We had a few interesting moments in that match. Do you remember the point when both of you came to the net and you tried to make the pass? Tommy just waved his hand. Did that affect you?

ROGER FEDERER: Not really. I don't know where I looked, but I didn't really look at the ball because I thought he might touch the net. The next thing I know ‑‑ or I was not surprised he got to it, but I was sort of happy he got to it so I could make a lob.

The next thing I know, it goes way out. But it was a funny moment, you know.

Q. Obviously not knowing which of the Andys you're going to face, we'll ask you about both of them. When it comes to Roddick, what do you remember most about your finals against him? How does his play now compare with then?

ROGER FEDERER: Well, I've played him 20 times, so I've had plenty of time, you know, to study his game, to understand his game. He's always played me also quite differently every single time I've played him. In the beginning of his career, I remember back in 2003, he was sometimes standing way back, you know, on the return. But then I played him one year, I mean, not on grass, but let's say in 2004, he chipped and charged a lot, you know, came to the net a lot. I've also played him when he's serve and volleyed first and second serve almost.

I've had many different looks against Roddick. I enjoy how he leaves everything out on the court. I can only marvel at how incredible his serve is. I like playing against him, not only just because of the record.

Q. You made the point previously that although Andy Murray has a good record against you, you've actually beaten him when it counts most.

ROGER FEDERER: What do you want me to say?

Q. The form you're in at the moment, you must feel you have a great chance if you should play him again on Sunday.

ROGER FEDERER: Absolutely. I mean, I think it doesn't matter who is in the other finals. If it would have been Rafa or Roddick or Murray or anybody, I think it's all to play for, you know, for any player.

I don't know how much, you know, like a record, like my great record I have against Roddick, would come into play. I'm not sure. It starts from zero. It's the same thing with Murray's record, which he has a good one against me, but then he's never been in a Wimbledon final before. It's my seventh straight.

At the end of the day, you have to let the racquet do the talking. I'm happy where my game's at right now. I'm so excited that I have a day off so I can kind of really get ready for the finals, because it's a big one, you know.

I know what's on the line. I hope I can play another good match.

Q. Will there be more nerves for you, because it could be 15 if you win it?

ROGER FEDERER: Right now I don't think so, because it helped me a lot going through, trying to achieve the fifth straight Wimbledon, equaling Borg's record. For some reason that meant the world to me. I was like in a bubble for two weeks, just trying to achieve it.

So this time around I think I'm much more relaxed. Maybe it's also because of Paris. But I really think that experience, trying to go for my fifth Wimbledon was a really big one, you know. That's why I might be actually a bit more relaxed this year.

Q. You mean bigger than achieving Roland Garros?

ROGER FEDERER: What do you mean?

Q. You were more nervous about the fifth?

ROGER FEDERER: Same. Quite similar. I mean, points are played differently on grass and on clay, so obviously there's a different tension out there. But both were huge.

Q. Mentally?

ROGER FEDERER: Mentally both were very difficult.

Q. Have you been texting with your buddy, Pete? Is he coming? What's the report?

ROGER FEDERER: Not the last week. Not that I've heard.

Q. If you do meet Andy Murray on Sunday, it would be strange, because most of the crowd will actually want Andy to win because he's a Brit. How will you deal with that, or doesn't it bother you?

ROGER FEDERER: It's a wonderful challenge, you know. I think at the end of the day people in this country are very fair. They understand the game. You applaud good shots. It doesn't matter who they come from.

I've had some, you know, good and tough matches over all the years in all different countries and continents. You know, I've played Andy Roddick and Agassi at the US Open, you know, when I came out, and played Pete here. They didn't particularly support Pete that much. They just like hoped for a good match. That's what I'm hoping to see as well on Sunday.

I'm not in any way frightened of the thought that they would support Andy in a crazy way. I mean, he deserves it. He comes from this island. It's going to be interesting. I'm gonna look forward to see who is gonna win.

Q. What do you think Pete Sampras' legacy is? What did you admire the most in his game?

ROGER FEDERER: I think his success here at Wimbledon, you know, being able to win it seven times. It's amazing. You know, winning it three times, coming back, winning it four times, going for five, it's quite something.

And, you know, he finished off with the US Open victory. It was very special against his biggest rival Agassi. I think that's what I'll remember most of him. But especially his fluid game. I guess the best serve we've seen in tennis history, even though today we also have some good ones.

But it's just the way he used it and the way he backed it up. And, you know, what a smooth mover he was, as well, which he never really got credit for. There's many things that Pete did incredibly well.

Q. What has been your approach to all the talk about whether you are indeed the greatest of all time? How would you describe what your approach has been? How much do you listen to it? What do you think about it?

ROGER FEDERER: I mean, sure, I like listening about it. It means I'm doing something right, you know. But then again, you know, let me finish my career, and then we'll see what happens at the end.

I always have had the most respect for all the generations in tennis. Technology has changed so much. You know, even tournaments have changed. US Open used to be on clay and on grass, and now it's on hard court. So it's hard to judge the whole thing. And I think that's what's also unique about our sport.

I just try to have the best possible career I can and look back with obviously incredible memories.

Q. Have you enjoyed these discussions, hearing about it?

ROGER FEDERER: Rather yes (smiling).
WOWOWサイトに邦訳がのってたので引用します。
http://www.wowow.co.jp/tennis/interview_11.html
Q:今日は滑らかに流れるようなプレーで、すべてがうまくいっていたように見えたけど、自分ではどう思う?今日の試合は楽しめただろうか?それからナーバスになったり、緊張したりってことはあった?

いや、こういう大事な試合で、簡単な試合なんてないよ。でも対戦相手が良いプレーをしていると、それに応じて自分のプレーも上がってくるものだ。トミーは、今日とても良いプレーをしていただろう。2セット目までは、ほとんどブレークするチャンスもないくらいだった。
確かに、そんな展開で多少難しいところはあったけど、芝での試合では良くあることだ。実際、この前の全仏で彼と対戦したときにも同じようなことがあった、やっぱり彼のサーブをなかなかブレークすることができなかった。2セット目にようやくブレークするまでの間、1セット半続けて戦っているみたいだった。
今日の自分のプレーにも本当に満足しているよ。大事なところでプレッシャーをかけることができていたし。でも本当に厳しい試合だった、トミーも良いプレーをしていたからね。

Q:これであなたにとって、ウィンブルドンでは7回目、四大大会通算では20回目の決勝進出となった。決勝に勝ってチャンピオンになれれば、再び世界ランク1位に返り咲くことになる。これだけの記録はあなたにとっても大きな意味がある?それとも勝利こそに意味がある?

僕が達成してきたすべての記録を誇りに思っているよ、子どもの頃にはこんなに成功できるなんて思ってもいなかったからね。ウィンブルドンのトロフィーをひとつ掲げるだけで、夢が実現すると感じていたくらいだったし。
でも僕がこれだけの記録を達成できるとは思っていなかった。今になってみると信じられないような記録だけど、6大会連続で四大大会の決勝に進出したことになるはずだよね。それだけのことが僕に起こっている中で、新たな記録に挑戦できるチャンスを迎えられるなんて、とても素晴らしいことだよ。
またウィンブルドンの決勝に戻ってくることができてとてもうれしい、突然、物事がすごく早く進んでいるようにも感じているからね。

Q:どんなスポーツにもものすごい記録があるけれど、そういう歴史に名を刻むことはどんな意味があるだろう?

僕は以前よりも記録を意識するようになったと思う。そんな記録が達成できそうなところに来るまでは、そんな記録に気づいてすらいなかったんだ。ウィンブルドンで何度も優勝したり、相当長い期間にわたって世界ランク1位の座に座っていたり、ものすごい数のタイトルを勝ち取ったりするまではね。そういった記録は、興味があればわかることなんだ。
でも自分で成し遂げるか、誰かが達成するまで気づかれないような記録もたくさんあるんだ。でもそんな記録のことが話題に上がるのは良いことだと思う、そのおかげで僕にとっても良い刺激になっているからね。
僕は若い世代の選手たちと戦うことを好んでいる。彼らを倒してやろうと思ってプレーしているし、そのさらに下の世代も倒して、歴史に名を残すのにふさわしい選手だってことを見せたいんだ。そんな戦いが控えているってことは、すごく大きな刺激になるよ。今はテニスのそういう部分を楽しんでいるんだ。

Q:おそらく四大大会のシングルスでの優勝記録は、テニスというスポーツにおいてもっとも重要な記録だと思うんだけど、そんな特別な記録について何かコメントしてくれない?

特別な記録ではあるけれど、数ある記録の中のひとつだとも思うよ。いろんなことを総合して成し得るものだろう。四大大会でのプレーだけに注目するってのは、あまり正しいことではないと思うんだ。マスターズカップをはじめとするそのほかの重要なトーナメントに対して失礼だと思う。僕はマスターズカップも4回勝っている。マスターズカップのことがあまり話題にならないのは何らかの理由があるとは思うけど、それは残念なことだよ。
たくさんのタイトルを勝ち取っているけれど、そのことだけではなく、どれだけ継続的に結果を残せているかとか、どれだけトーナメントを支配することができているかとか、そんなことも同時に考えているんだ。
確かに2週間にわたって5セットマッチを戦うのは、選手の本当の強さを測る絶好の大会だと思うけど、四大大会の記録だって、数ある記録のうちのひとつだって思っているよ。

Q:今日の試合ではいくつか面白い瞬間があったけど、2人ともネットに出ていたときにあなたがパッシングショットを決めようとしていたポイントを覚えている?トミーが両手を挙げて振り回していたけど、あの影響があった?

いいや、それほど影響はなかったよ。どこを見ていたかよくわからないけど、ボールをちゃんと見ていなかったね。彼がネットに触れそうだなって思っていたんだ。ネットに出て追いついたことに驚きはなかったし、そのおかげでロブが打てると思ったんだ。
その次に起こったのは、僕のボールがアウトしたっていうことだ。でもなんだか面白い瞬間だったね。

Q:どちらのアンディと決勝で顔を合わせるかはわからないので、2人のことを聞きたい。まずロディックについてだけど、彼と戦った決勝戦で一番記憶に残っていることは何だろう?またその頃と比べて、今の彼のプレーはどうかな?

そうだね、彼とは20回も対戦しているから、彼のプレーを研究して理解するのに十分すぎるほどの時間があったわけだ。彼は僕と対戦するときには毎回戦い方を変えてくるんだ。彼のキャリアがまだ浅い頃、2003年のことだと思うけど、一歩下がってリターンするときがあったんだ。それから1年間プレーして、芝の上だけに限らないけど、2004年になるとチップショットや攻撃的なプレーをたくさん仕掛けてくるようになった、ネットに出る回数も多くなっていった、ファーストサーブだろうとセカンドサーブだろうと、ほとんどサーブ・アンド・ボレーを仕掛けてきていた。
僕もロディックとの対戦で、いろいろな経験を重ねてきた。僕は彼がもっているものすべてをぶつけてかかってくるのを楽しんでいるとも言えるかもしれないね。でも彼は信じられないくらいものすごいサーブをもっている。対戦成績が上回っているからとかじゃなくて、純粋に彼と対戦するのが好きだね。

Q:アンディ・マレーは、対戦成績ではあなたを上回っているけれど、あなたは重要な局面で必ず彼を倒している。

僕に何て言わせたいの?

Q:今の状態を見ると、日曜日がマレーとの対戦になっても十分なチャンスがあるに違いないと感じているんじゃないかな。

もちろん、そう感じているよ。誰が決勝に勝ちあがってくるかは、あまり問題じゃないんだ。ラファ(エル・ナダル)か、ロディックか、マレーか、それともほかの誰かであっても、すべての選手にとって決勝戦は本当に戦う価値のある一戦なんだ。
ロディックを対戦成績で大きくリードしているからって、それが次の対戦にどれくらい影響を与えるかなんてわからないよ。どのゲームもゼロからスタートするわけだし。同様にマレーが僕を対戦成績で上回っているけれど、彼はウィンブルドンの決勝は初めての体験になるでしょ?僕は7回連続で決勝までたどり着いているんだ。
そのことはいつかキャリアを終える日が来てラケットを置くことになったら、話したいと思う。そして今この瞬間は、自分のプレーレベルに、とても満足している。一日休めるから、ウィンブルドンの決勝に向けて、しっかりと準備して臨みたい、とっても重要な一戦だからね。
その向こうに何があるかわかっているんだ。また良い試合ができることを願っているよ。

Q:四大大会15勝目をかけた試合になるけど、そのことでさらにナーバスになるだろうか?

今はそうは思っていない、むしろそのことがここまで勝ち抜いてきた原動力にもなっているし、去年は5度連続での優勝を達成してボルグの記録に並びたいと強く思っていたしね。去年はそれを達成するためだけに、二週間すごしていたようなものだった。
だから今回はかなりリラックスした状態で臨める、全仏があったたからだろうね。でもとにかく5度のウィンブルドン制覇に挑むという経験は、かなりすごいことだよね。だから今年は、本当にリラックスした状態でいられていると思うんだ。

Q:5度目のウィンブルドン制覇に挑むのは、全仏で勝つことよりも重要っていうこと?

どういう意味だろう?

Q:5度目への挑戦に臨むほうがナーバスになる?

ほとんど同じ、よく似た状態だと思うよ。クレーか芝かでプレーもかなり違ってくるし、その分、違った緊張感があるんだ。でもどちらもかなりの緊張感があるよ。

Q:精神的なもの?

どちらも精神的にとても厳しいよ。

Q:日曜日にアンディ(・マレー)と対戦することになったら、観客はきっとイギリス人であるアンディの応援に回るだろうね。あなただったら、そんな状況にはどう対処するだろう?

そんな状況で戦うのは、素晴らしいチャレンジだろうね。最終日になると、この国の人々はとてもフェアな状態で迎えてくれる。テニスのことをよく理解してくれていて、よいショットを打てば拍手を送ってくれる。それがどちらの選手のショットであろうと関係ないんだ。
僕はこれまでのキャリアにおいて、いろいろな国でたくさんの厳しい戦いをくぐり抜けてきたんだ。アンディ・ロディックやアガシと全米オープンで対戦したこともあるし、ピート(・サンプラス)とここで戦ったこともある。でもみんな良い試合になることを望んでくれている。今度の日曜日もそんな風になればうれしいよね。
観客がアンディを熱狂的にサポートすることになったとしても、僕がひるむこともないだろう。アンディはそれに値する選手だと思う。この国の選手だしね。面白い試合になると思うよ、どっちが勝つか楽しみにしているよ。

Q:ピート・サンプラスの残した記録はどう思う?彼のテニスでもっとも敬意を表しているところは何だろう?

彼がウィンブルドンで成し遂げた7度の優勝は、とても素晴らしいことだと思う。3度優勝した後に、再び返り咲いて4度勝って、さらにもう1度勝てそうなところまで到達しているんだ。
それに彼は全米で優勝して引退している、しかも彼の最大のライバルだったアガシを破っての優勝だ。そのことが一番鮮明に記憶に残っている。それに彼の流れるようなプレーも特別なものだったね。テニスの歴史を通じて、もっとも美しいサーブを打つ選手だったと思う。
でもそれも彼のプレーを支える一部に過ぎないんだ。あまり評価されていないけど彼は動きもスムーズだった。ピートのプレーの素晴らしいところは本当にたくさんあるよ。

Q:あなたが史上最高の選手かどうかが話題になることが多くなってきたけど、それにはどういう対応をしているんだろう?それからそんな話題をどれくらい耳にするだろう?

そういう話題が耳に入ってくるのは喜ばしいことだよ。僕が素晴らしいキャリアを積んでいっていることの証だと思うんだ。でも実際どうなのかは、やっぱりキャリアを終えたときにわかることだろうね。
僕はいつだってすべての時代の選手たちをリスペクトしているんだ。技術の進歩はものすごいものがあるし、トーナメント自体も変わっていっている。全米オープンはクレーだったこともあるし、芝だったこともあるけど、今はハードコートだ。だから時代を超えた判断を下すことは難しいと思う。そこが僕たちがプレーしているテニスっていうスポーツ独特なところだと思う。
できる限り最高のキャリアを重ねられるように努力して、いつか素晴らしい思い出として振り返りってみたいと思っている。

Q:今日の会見は、記録のことばっかり話してもらったけど、会話を楽しんでもらえたかな?

たぶんyesかな(笑)。
| 19:07 | GS WB 2009 | comments(2) | - | posted by わいたろう |
スポンサーサイト
| 19:07 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








いよいよ決勝ですね。
Wimbledon 6勝目、GS titles15勝目の、新しい伝説が生まれることを信じています。
そして、ATP rankingのNo.1奪回。
Go!Roger!
posted by kc | 2009/07/05 9:44 PM |
みごと奪回できましたね。
mono、背中の怪我によって奪われたNo.1の座でしたが、1年かかりませんでした。
しかし、ナダルとはまだ僅差。油断できないですね。
posted by わい | 2009/07/08 8:00 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>